saison de karo 49

遠霞ココアは舌に浸み渡る
   横光利一

かすみ3


春kokoa1

横光利一は甘党でした。

好物はお汁粉。

お医者さんにとめられてもやめられなかったとか。

おしるこ



腸に春滴るや粥の味 夏目漱石

春okayu4

夏目漱石は胃弱でした。好んで食べたのはアイスクリーム。

af0dd6905a4be3469fe7856fc7acffc1.jpg


飯になった時、奥さんはそばにすわっている下女を次へ立たせて、自分で給仕の役をつとめた。

これが表立たない客に対する先生の家のしきたりらしかった。

始めの一二回は私も窮屈を感じたが、度数の重なるにつけ、茶碗を奥さんの前へ出すのが、なんでもなくなった。

「お茶?ご飯?ずいぶんよく食べるのね。」

奥さんのほうでも思い切って遠慮のない事を言うことがあった。

「もうおしまい。あなた近ごろたいへん小食になったのね。」

「小食になったんじゃありません。暑いんで食われないんです。」

奥さんは下女を呼んで食卓を片づけさせたあとへ、改めてアイスクリームと水菓子を運ばせた。

「これは宅でこしらえたのよ。」

用のない奥さんには手製のアイスクリームを客にふるまうだけの余裕があると見えた。

私はそれを二杯かえてもらった。

                              夏目漱石 『こころ』




漱石のお友達、子規はずっと病気でしたが、食欲はとっても旺盛。

春揚げパン
子規のお気に入りはねじり揚げパン。


某日

曇時々照ル

朝飯 ヌク飯三椀 佃煮 梅干 

   牛乳五勺紅茶入 ネジパン形菓子パン一ツ(一ツ一銭)

午飯 イモ粥三椀 松魚ノサシミ 芋 梨一ツ 林檎一ツ 煎餅三枚

間食 枝豆 牛乳五勺紅茶入 ネジパン形菓子一ツ

夕飯 飯一椀半 鰻ノ蒲焼七串 酢牡蠣 キヤべツ 梨一ツ 林檎一切


                                正岡子規 『仰臥漫録』


病気のわりによく食べますネ。・・・・「松魚」はカツオです。



子規2

子規画 いちばん後ろは南瓜かしら・・・。

子規1

松山 子規堂内部

レトロな採光 良い感じ。




日本の春の名残や豆腐汁 正岡子規 

春豆腐汁1

汁もの良いですね。やっぱり朝夕寒い日もあるしね。・・・・カロ

春ココアケーキ

ココアむしケーキ  利一も漱石も子規も喜びそう。

    
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS