中村苑子遠望 饒舌の鸚鵡  その3 松下カロ

狂ひ泣きして熟練の鸚鵡をくびる 『水妖詞館』

鸚鵡は饒舌です。要らないことまでしゃべってしまう誰かにも似て・・・。


鸚鵡9



1994年刊の中村苑子の随筆集『俳句自在』の中に、次の文章を見つけました。
 
「ことばに対する彼の執着と貪婪さは類がなかった。さしずめ身近な餌食は私の俳句で、書きかけの私の作品の中から、気に入ったことばを見付けると、有無を言わさず強引にひっさらってゆく。・・中略・・口惜しいけれど諾わざるを得なかった私は、

 狂ひ泣きして熟練の鸚鵡をくびる

などと、仮想殺人の俳句を書いて胸のつかえをおろしていた。」
                         
( 『俳句自在』 中村苑子 角川書店 1994年1月 )

「彼」とは勿論高柳重信のことです。
高柳重信。多行表記の父親です。彼の存在と句は、その死後も、私たちに、「何故俳句を作るのか。」という問いを発し続けています。
中村苑子と高柳重信は、サルトルとボーヴォワールのような公私にわたるパートナーでした。
そうだったのか・・・・。

高柳重信ハンサムバージョン鸚鵡1

あんまり似てない?

「熟練の鸚鵡」は、眼鏡をかけ、煙草を咥えていたようです。「鸚鵡」とは「言葉盗人」を指し示す喩であったのです。
思いのほか直接的だった謎解き。熟練の鸚鵡が高柳重信であるのなら、他のアイテムにも個人が詠み込まれている可能性があるのではないでしょうか。この句は「俳句評論」ゆかりの俳人誰のこと、あの句は苑子と付き合いのあった女流俳人誰のことかもしれない、と妄想がふくらみはじめました。苑子のこの種の句には、以外に解りやすい背景があるのかもしれません。


鸚鵡10



若き蛇芦叢を往き誰か泣く     『水妖詞館』

蛇はだれか。大岡頌司か、元気な頃の折笠美秋か

放蕩の野や晩年の蝮売り

蝮売りはやはり高柳でしょうか。

鈍き詩人青梅あをきまま醸す

「青梅の詩人」は誰とも解りませんが、結構辛辣な批評が込められている印象です。

鸚鵡7


中村苑子と高柳重信の「言葉の共有」は、かなり頻繁なことであったと言います。一種の「遊び」とも見えますが、「被害者」は多くは苑子の方であったらしく、上記の引用文章には真剣な恨みが感じ取れます。
高柳の句集『蒙塵』の、

花火
はなやぎ
着飾り終へし
喪服の時間


喪の衣の裏はあけぼの噴きあげて    『水妖詞館』

また句集『遠耳父母』の

凧あげや
沖の沖より
父の声


声あげて沖へ沖へと火の雲雀    『水妖詞館』

中村苑子の雰囲気が濃厚です。しかし、盗って盗られては、お互いのこと。

身をそらす虹の
絶巓
処刑台  
   高柳重信 『蕗子』 1950年

身を反らしいづれは渉る虹の橋     『吟遊』 1993年

こちらは「発表前のことば」を攫ったわけではなく、既発表から取ってきた、「確信犯」のようです。

『吟遊』には、

人死んで枕残れる大西日
死にし人先へ先へと虹立つ野

身を反らしいづれは渉る虹の橋

の順番で、掲載されています。「大西日」は高柳が急死した時の句ですから、長年のフレーズの盗り合いも、「虹の橋を渉って」打ち止め、という万感のこもった「共有句」なのかもしれません。

狂ひ泣きして熟練の鸚鵡をくびる

高柳に多くを学んだ中村苑子は、また高柳にたくさんのものを与えていました。「与えさせられた」のかもしれません。彼女はその度に、狂い泣きしながら、口惜しさを口惜しさごと、したたかに句に写し取っていたのです。

饒舌な鸚鵡はそれを知っています。

鸚鵡8




スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS