FC2ブログ
 
 tubame2 (3)oosyou さんこんにちは 
              Bonjour Monsieur. 


                     手に提げし土につく  正岡子規
        これk

                        手に提げし土につくうれしさよ

            1899年(明治32年)の作品です。  この句から、思い出すのは、あの、

              瓶にさすの花房みじかければたたみの上にとどかざりけり

         教科書にも出ていましたネ。 こちらは2年後、1901年(明治34年)作。 

                子規の死はもう翌年にっていました。

                    AS20170822003987_comm (3)
                 近年見つかった子規像。 画家中村不折の手になるもの。  

        201407131440077eckoresyou.jpg
                           
                     夕餉したため了りて仰向けに寝ながら、左の方を見れば、

        机の上にを活けたるいとよく水をあげて花は今を盛りの有様なり。

            にもうつくしきかなとひとりごちつつ、

             そぞろに物語の昔などしのばるるにつけて、あやしくも歌心なん催されける。 
                       
                  なみの花をし見れば紫の絵具取り出で写さんと思ふ

                瓶にさすの花ぶさ一ふさはかさねし書の上に垂れたり

                      正岡子規  1901年(明治34年) 。    

                物語の昔。 物語とは、物語の藤壺女御のことか。

            病臥の子規は、机や床の間に飾られたを、床からながめていることが多かったのですね。

                         IMG_2744.jpg
             
     IMG_3862 (3)
              
          木の末をて藤の下りけり  子規

                     こちらは1896年(明治29年)の作。 

      とは、外部からの力を受けて折れ曲がること。 幹を圧するように豊かな藤の花の量感。 
               
              子規は戸外にち、花房を見上げているとも受け取れます。            

               この前年、日清戦争に記者として従軍、の船上で喀血。

                  なんとか帰国、周囲の思いやりい看病もあって、恢復しますが、

                 行動的な彼の人生はきく転換してゆきます。

                     色絵藤花文茶壺syou
                                       野々村仁清 色絵藤花文茶壺


                   は17世紀半ば、京都で活躍した陶工。

           元禄文化に湧く京の町衆に好まれた美しい絵付けの完成者として知られています。

     もっとも著名な作品のひとつ、は、

                壺にかに活けられた藤が垂れさがっているよう。

       仁清と子規、をじっと見つめ、作品につくりあげようとした気持ちは同じですね。

       色絵藤花文茶壺 (2)syou
                                           茶壷の藤花アップ

        藤棚に垂れた藤の花は、花房をに揺らしています。    

                  59736.jpg   

                   手に提げし藤土につく

               子規は、もうあまり遠出できなくなくなることを自らしていました。

   庭先にでること、自分の足で立つことも、、やっておかねばならない大切なこと。

       手に持った藤の花がにとどく様子をみることは、 残された健康のしるしでした。

                      うれしさ、という素朴な言葉に、その充足感があふれていますね。

                              IMG_3852 (3)syou

                IMG_5226 (2)   
             
                 一方、室内の花瓶に活けられた藤は、の中でじっと動きません。

             瓶にさすの花房みじかければたたみの上にとどかざりけり

      どこかにあきらめを感じさせる〈〉。

                       静止した藤花。 悲しくも、澄み切った歌境です。 
                                            
          藤花図_右隻藤花図屏風」 (右隻) 円山応挙 安永5年 1776年 44歳 
                                        円山応挙 藤花図

    円山応挙は仁清よりも1世紀ほど後、日本絵画に本格的なをもたらした人です。

         応挙の藤はみごとに客観された藤。 すぐそこに咲いているみたい。

                    IMG_2085 (2)

                   木の末をて藤の下りけり   1896年

               手に提げし土につくうれしさよ  1899年

    瓶にさすの花房みじかければたたみの上にとどかざりけり  1901年

                 早く来た子規の晩年。  藤の花は年々され、

                         やがて明治の大きなとして歴史に咲くようなりました。 

                            18602329256syousyou.jpg
       
         、藤の句、短歌も。
    
                            開きしままの夜となりにけり  桂信子 
                               昼から夜へ、の時間が流れて。

                   藤房のゆる限りの雨ふくむ 橋本多佳子
             堪えているのは、もちろん
                                                                                                    やさしさの時にたしの花 栗原公子  
          やっぱり。  

                   IMG_2745 (4)

                 またすこし小寒くなりぬ  高浜虚子
                          藤にはどこかたい風情もありますね。

               雨あとの露しづくする庭のへに垂るるなみの花  藤沢古実
                             見ている人の思いもしています。

         IMG_5226 (3)
 
      手に提げし土につくうれしさよ  正岡子規
            はどこにもある。 庭に立つことにも、藤の花が土にふれることにも。

                            Wisteria_01.jpg                    
            tubame2 (3)oosyou   さん、ではまたね。  カロ 

                         tuyu.jpg
スポンサーサイト



ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS