FC2ブログ
 
  の一冊
          livre de karo

                                        差し色につかふも西鶴忌  ふけとしこ
                  IMG_4289.jpg


                    陰暦日は西鶴忌。 ちょうど今頃。

                        西はたくさんの著作、膨大な句も遺した元禄を代表するです。

                 市井の人々のを闊達な筆で描写、 浮世草子は彼に始まります。

     京の裕福な町人の妻おさんと手代の茂右衛門の悲恋、「」の物語も西鶴の代表作。

              ならぬ恋は無残な結末となりますが、 愛に正直だったおさんは今も人気の高い

                                                 129222342576916314417_sc232191fpxobjiip1.jpg
                                                             喜多川歌麿  おさんの相

                 img_01.jpg

                         西鶴の後輩にあたる近松門左衛門も同じテーマの作品を書いています。

               こちらは「」。 近松作品はドラマチック、歌舞伎や浄瑠璃の当り演目となりました。

                    写真は近松バージョンの映画化、溝口健二の「近松物語」。 何と美しいでしょう。

                                
                                              IMG_2085 (4)

              さんの新句集『』は、言葉の差し色が効いた見事な句でいっぱいです。
                                IMG_4298.jpg

                                につかふ錆朱も西鶴忌  ふけとしこ
                  地味な着物にの紐。  おさんの衣装のようですね。

                                              IMG_4288 (2)
 
              20180828135910fd0.jpg
                                    
                                                桃の夜のといふ苦きもの
                                              がまんしている女性の姿か。 桃は甘く、く。


             梨を剝くむかしをほめられし
                             おさんの、そして、さんの額です。
                                                                 f0135024_19393525_convert_20160924142603.jpg
              IMG_4242 (2)
                                              鏑木清方  「夏の客」            
                   
                        予報より早く雨くる
                              すべてのことはすぎたり、すぎたり。

                                              IMG_0011 (2)

                                  7080-300x300.jpg

                 IMG_4290 (2)

                さんはお料理な方のようです。

                           に立っている時の句、食べ物の句がそれは魅力的!

                                                  風鈴や酢へつべく魚を切り
                                             風鈴の音に、酢の香がってきそう。

          ☆彡2小
               や生姜を針に刻みゐて  
                             切るそばから生姜は星になって・・。

                                 雨の字にが四つレモン切る  
                                       こちらはレモンのがみな雨つぶに。

                    remon12.jpg remon12.jpg remon12.jpg remon12.jpg

                                         soramame.jpg soramame.jpg soramame.jpg                                     
                     と木綿腐と男の
                             いちばん柔らかいのはか?    

                                        sannma.jpg                

              山近く暮らしを焦がしけり
                           山の景と焦げた秋刀魚。 どんなにしいでしょう。

                                     juon2.jpg
                 
             IMG_4277.jpg

                         めくやピエロが描き終へて 
                                      描かれた涙にほんとうの涙が

                                                                 pierodesu (2)
                           IMG_4287 (3)

                        箱庭の二人でもしさう
                                   箱庭の山、川をえて、二人はどこへ・・・。            

                                         みちゆき北野恒富kore
                                                             北野恒富  「道行」

           うれしや、 いにかへての人じゃもの・・・。  

                                           おさん  井原西鶴 『暦屋ものがたり おさん茂右衛門』 

                           IMG_2855 (2)

                  伽羅kore
                                           鏑木清方  「伽羅」                            

         aki (2)kore
              
                 いわし雲ほどは降りてこい 
                               いわし雲のひとひらは、ふけさんにとって、何よりも

                            の真中に拗ねてゐるひとり
                                              は少女か、それともオジイサンか。

              20111027135238364 (2)kore

                                       201101171647324e2 (2)

                    雪の日をたい羊い山羊    ふけとしこ

                              さん、ありがとうございます!     カロ

                                                    hitsuji_sheep_30837-300x300.jpg
スポンサーサイト



ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS