FC2ブログ
 
    歳時記 
            saison de karo

                                        でお越しください  遠山陽子

           IMG_3700.jpg
         

         この名前は、

                   「生家の父が

                   の当りたるかな  虚子

                   にちなんでつけてくれた名前・・・。」

                                                遠山陽子  『遠音』 あとがき

                 tooyama1 (2)

                                             kuroba1.jpg

                   ともに俳句の申し子、遠山さん。  個人誌『』は、本年41号を迎えました。  新作を。

                           眼鏡かけ百歳のが見ゆ
                                    眼鏡は魔法の眼鏡!でした。  

                       IMG_3746.jpg

                                       礼服やうまく泣けずに見る 
                              どうしようもなくけてしまう時もありますけれど。

                                                sazanka2457 (2)
       バターhaskap 
 
                          皆既月食根を絡めあふ
                               これは女ののことか・・。

                                   IMG_0357 (2)

                                          さまよひてをりの貌の中
                            遠山さんが見せてくれる薔薇と言葉の

                                            kuroba1 (2)
                礼服と山茶花、皆既月食と寒牡丹、〈さまよひて〉と白薔薇。 

                     音楽的な必然を感じさせるなしらべ。
                  
           IMG_3704 (2)
                             
                     の弦のように慄え、韻く心を持ち続けたいとの思いがあった。

                                                           遠山陽子 『弦響』 あとがき

                                 wakaba1.png    

                  『』『』など、遠山さんの句集には音楽的なタイトルが多いのですね。 

          句が持つ〈〉を聞き逃さぬようにしたいです。 遠山さんはに師事。三橋研究でも知られます。
     
               今号には、わたしの大好きな三橋句の鑑賞が掲載されていました。

                   をあげては来りけり   敏雄

           〈この世の友〉と意識的に言うことは、〈かの世の友〉を当然っているということである。

               「、しばらく」と手を挙げて近づいてくる友。  その時敏雄は、

                 既に彼の世に居るはずの友が親しげに近づいてくる幻影を、

                    現実の彼にねて見ているのである。       陽子

                                           ! 深い。  カロ
 

                                IMG_1979.jpg

                     に文豪妾宅の花   陽子 『弦』
                                 むめは

                 newyear_c93 (2)

            浮世はぼんのう地獄で苦しい辛いことのみ多く、

                     にんげんの知恵にては計らいにくく、

                              知らず知らずを重ねるものゆえ・・・。

                                                     円地文子  『


            onnna2.jpg
                                                           鏑木清方  「築地明石町」

                   の句は、円地文子の名作『』をベースに詠まれたもの。

       『女坂』のヒロインは、明治初期、警察官僚を夫に持つ賢婦人。 

               句に詠まれたような不幸にもえ、名士の妻としての人生のを登り続けます。

                   晩年を迎えたヒロインの心をよぎるのは・・・。

                     tooyama2 (2)


                わたしのきたすべては空しい甲斐のないものだったのだろうか。

                い中を手探ってゆくようにおぼつかない。そうして、探ってゆく手に触れるのは、

                色のない冷たいものばかり。 いつ果てるともないが続いている。

                、そのてには必ずトンネルを抜けたあとのような明るい世界が待っている。

                絶望してはいけない。 らなければ、登り続けなければ、

                して坂の上へは出られないのだ。
                                                      『女坂』
 
            111111.jpg

            
                  豊かなお生れのさんにも、葛藤や曲折の月日がありました。

                    遠山さんの句は、辛苦や不運をするどく客観する姿勢からまれてきます。

                      そのうえで、いとけないもの、非力な存在にはやさしい目が。

               54928665_163x291 (2)
                             子鯨がまずを吹くは来ぬ   陽子 『弦』
                                      「」が楽しく軽やか。   
                                                                            
                          河馬の仔が生れめるの星
                             を滲ませるのは、赤ちゃんを得たお母さんの

                                                              233-free-character (2)syou
                                           wakaba1.png

                 DSCF0379-thumbnail2.jpg

              既刊句集からも、の句の数々を。

                                       さして見てをれば来たりけり
                           やわらかで、どこかしい春です。

                                         下村観山 春雨 (2)
                                                                   下村観山 春雨

              の中に溶け頃のの海
                           たぶん飴?とつい自分の好みが。

                   逋ス鬲夲シ狙convert_20151222032813

               はあけぼの縮緬じやこを
                         もごはんにひとつまみ。

                                    tooyama5 (2)
                                                                ちりめんじゃこのお酢の物
        148.jpg
                
                 151-thumb-140x140-214小さい (3)
                     151-thumb-140x140-214小さい (3)

                        咲く駅ももなくなつて   
                                            さくらだけはっています。       
                            151-thumb-140x140-214小さい (3)
                                      151-thumb-140x140-214小さい (3)
                   nc41768 (3)
                                                151-thumb-140x140-214小さい (2)

              1toriaeru.jpg

                                      鳥帰るはとつくにててをり
                              なにもかもててゆく。

                慄へより受信中 
                         、お久しぶり。元気?  
                                               13775-300x300 (2)kore
                                  IMG_3701 (2)

               kuroba1.jpg  
                     でお越しください   遠山陽子

                           この世も黄泉も、たけなわ。   カロ
                                                          151-thumb-140x140-214小さい (3)
                
スポンサーサイト
from 徳田ひろ子 | URL | 2019/03/30 Sat 20:51 [EDIT]
平服か?どうかは決めていませんが、横浜句会に行きます。
港の見える丘からは何が見えるやら?

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS