saison de karo 18

露の世は露の世ながらさりながら 小林一茶 


露の玉2


昔男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。芥川といふ川を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、
「かれはなにぞ。」となむ、男に問ひける。
ゆくさき多く、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥におし入れて、男、弓やなぐひを負ひて戸口に居り。はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、
鬼、はや一口に食ひてけり。
「あなや。」といひけれど、神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来し女もなし。足ずりをして泣けどもかひなし。

白玉かなにぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを


昔、ある男が、長く思い続けた女をついに盗み出した。抱きかかえて夜道をゆく途中、芥川の川辺にさしかかった。岸の草に置く露が、夜目にもきらきらと光るのを見て、外に出たこともなかった女は、めずらしそうに、
「あれは、なあに。」と問うのだった。

伊勢物語

道は遠く、夜は更けてゆくばかり。雷が鳴り、雨も降ってくる。そのあたりには鬼が出ることも知らず、人気のない蔵にゆきあたったのを幸い、女を中に隠して、男は弓を持ち、矢入れを背負って入り口を守った。
一刻も早く夜の明けるようにと念じながら・・・。ところが、蔵の中に潜んでいた鬼は、女を一口に喰ってしまった。女は、ただひと声、
「あ・・。」か細く声をあげたが、雷鳴にまぎれて、男の耳に届くことはなかった。
朝、女の姿はどこにもなかった。
男は泣き悲しみ、こう詠んだ。

あれはなに、とお前が聞いた時、露だよと答え、いっそ露のように一緒に消えてしまえばよかった・・・。

                 『伊勢物語』 カロ訳

スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS