FC2ブログ
    
            歳時記
                  saison de karo  

                                   る見えぬ海よりの来て   戸田春月
                               
           natu.jpg

                                              諏訪さん15こっち  
  
                    IMG_2792 (2)kore
                                                            
              にすぎようとしていた。 知子にはこの夏がたいそうかったような気がした。

                                                                      『り』  
                      natu4.jpg

                                          なつ3

       
                               どうなったっていいんだ。 ぼくはもうどんな立場だってする。 

                     あなたが時々ってくれるだけでいい、

            ほんとにそれしかまない。 あなたが苦しむのを見るのはいやだ。 

                            てないと言ってくれ!

                                             905Hammershoi.jpg
                                                                      ハンマースホイ             
                   夏の1                    
                              
                知子は慎吾に涼太のことがする瞬間を想像すると息が止まりそうに恐ろしかった。

            にかられた涼太が、何時、どんな形でふいに慎吾にすべてをぶちまけるかもしれないと思うと、

                涼太からも目が放せないような気がして、いっそうずるずるみにおちこんでいった。

                                                             『り』


                       IMG_2783.jpg

                   とは、現在の瀬戸内寂聴さんのこと。

                       愛らしいのおつむに、メリハリの良い声で、

                   多方面から意見をめられるオピニオンリーダーのような方。

                                                   20100729163856b58 (2)
             20100829-P1040240.jpg
                                      kurashiki-tabi
            
                 40年程前に出家、となられる前の名前は瀬戸内さんでした。

                   れ渡った瀬戸内海をそのままの筆名、実は御本名。 徳島のお生まれです。

                  俗世にいらした頃の瀬戸内さんは、奔放な恋とな創作で聞こえていました。

          当時は、ゆたかなと華やかな着物がトレードマーク、今のお姿からは想像もつきませんね。


                                  aeonsnews.jpg
                                                aeonsnews  とっても艶っぽい。
          setouti.png


               ベストセラーとなった『』、 大逆事件で処刑された女性菅野すがの伝記『』など、

                            斬新な著作は数え切れません。

          『』は、ご自身の燃えるような恋愛体験を描ききった私小説。

                 このころ、晴美さんは妻子ある小説家と近くも愛人関係にありました。

                    社会からはめられ、軌道に乗りかけていた小説も注文が来なくなります。

                      これだけでもれそうな状況なのに、

               さらに、晴美さんには年若い恋人が顕れます。 いやーですね~。

                           次はそのい恋人との一シーン。

                                                                                
                          momo (2)

                あのが食べたい。 知子の声に目をあげた涼太の顔に、がともったように明るさが浮いた。 

            をひるがえして売店の方へかけていった。 掌にあまるような瑞々しいを買ってきた涼太は、

                     知子に渡しながら、しばらく知子のを息をのむようにして押さえていた。

                             涼太の心のが、知子の掌から躯のにながれこんだ。

                                          momo3.jpg

                                4cd266090fc7f3b5b263b6245d9dc3d7.jpg

                  はたっぷりと重く、柔毛につつまれた肌は繊細なやわらかさだった。

                      むくと、あたりに甘い果汁のいがゆたかにただよった。

                 ノルデ 海と蒸気船
                                           ノルデ

                                                  美術館 草間弥生 (2)
                                                                  草間彌生                        
 
    果汁の音をたててな果肉へ歯をすべりこませながら、知子はかぼうようにたたずんでいる涼太を見上げた。

           ?  だまってうなずいて、 知子は自分が今、えた表情になっていると思った。  

                                                       『り』   

                 蛇2レヴィ=デュルメル
                            レヴィ・デュルメル  イヴ

                                  夏の花 帽子
                                                                            

          啜り覗けたる見られしや  石田波郷
                  桃を食べるって、とてもなこと。

                                  momo2.jpg
                                              づけのしてを啜りけり  諏訪洋子 
                                             果汁はやまず。   

                         美瀧口修造 デッサンする手
                                          瀧口修造                           
                      
                           白桃や弱音を吐かばからむ  山田みづえ
           〈寧からむ〉は。  桃の味と香りには、気をゆるませてくれるやさしさが。                                   
             
                                     のごとく肥えて可愛や  正岡子規 
                                   桃に目鼻。感じ?
 
                                                時事通信
                                                   瀬戸内晴美 髪もあります。 jiji-com 

                 なつ1
   
                                                  hanayonekabegami.jpg
                                                                hanayonekabegami

                        ジョゼット キスリング 山形1934 (2)
                                                  キスリング                                            

                                            夏がえさかっていた。

                                     あの人は慎とれて結婚してくれっていうのよ。

                        知子は、あんまり出たことばが、一瞬じぶんのものとも思えなかった。

                 真実を何ひとつ告げないこんなの方法もあったのか。 

          慎吾はな声でいった。  そんなこと、わかってるさ。  。  

                          当りまえじゃないか。 知子のことなら、でもわかってる。   
 
                                                          『り』

                              殻貝    

                                                                             
                   しあうことはつけあうことか、 男性たちの人生を狂わせ、家庭を壊し、悪女と呼ばれ、

               自らも大きなを負いながら、作家はひたすらの創作を続けました。

           あの可愛いくりくり頭とな笑顔は、愛憎の果てに、彼女がたどり着いた境地なのですね。

                夏も終盤、えさかる瀬戸内文学をひもとけば、

                          きっと猛烈な暑さがもどってきます!?  して読んで!
                                                                   カロ


              小IMG_2794
                                   出家後の版は寂聴さんのお名前に・・・。

                                                    夏4                

                                       に真向へば夏しや  岡本眸
                                  でも暑い!

                        なつ2

                   川水のりに添うて夏の  桂信子
                                  ってもきれいです。

                                                   夏の花 niwanokusacom小もっと
     
                                       る見えぬ海よりの来て   戸田春月

                      
                    長かった夏も終わりそう・・・。    カロ

               
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS