FC2ブログ
 
          歳時記
                   saison de karo 

                           
                                    の宇宙模型の吐息かな  折笠美秋   

                あじさいおりがさ2
       

                                (1934~90)は昭和を生きた俳人。

               新聞社に勤務、としての多忙な生活のなかから強い主張のある句作と俳論を展開しました。
             
                           ところが、全身麻痺をともなう難病にれます。

               夫人の手厚い看護のもと、呼吸、発声も困難になりながら、作句はけられました。


               あじさいおりがさ2これ - コピー


                                thumb5 (2)                                      
            
                  や夜は海から帰ってくる 
                               桃は
                                                 兆す天の一枚扉かな
                                                          桃は


                                          fc2blog_201709152245475ad.jpg
                                                                                 
                             死にごろとなりの木に桃登る     美秋
                                      桃は
                 

                     クレー (2)
                                             クレー                                                                                         

                の折笠作品は、都会的、実験的なものが多かったのですが、

                  病がくなってからは、むしろ苦しい心情を率直に吐露するかたちに移行してゆきます。

               殊に的に彼を支える妻を詠んだ句は、技巧も方法も越えて感動的。


                                            あじさいゆり

                   百合咲く頃逢いたるよ いまも百合の
               白いの中で、詠み手が思うのは白百合のような妻のこと。

 
                                                     あき (2)
                  あめ7

    
                           大雨をは来つ さらに豪雨ならむ
                       雨中を病床の夫の元へ一途にやってきた。はげしく美しく。

                                       かさ (2)
 

                                                      濡れて来し美しや稲光
                                                健康であったの恋歌のよう。

                あじさい 伊東深水
                                       ちょっぴりエロスも。 伊東深水

                                              あじさい前本利彦 胡蝶蘭 onwardcojp
                                                           前本利彦  onward

             抱きおこされて妻の蘭の花    美秋
                      看病の妻は香り高いにたとえられて。

                   の墓抱き起されしとき見たり  石田波郷
                                
                おなじフレーズ〈きおこされ〉が使われていますが、波郷のしさに比べ、

                     美秋句は、妻のい香りに満ちています。

                            ご夫婦の結びつきの強さ、さが思われますね。

                    、ほとんど自力で動けなくなってからも、美秋は言葉をい続けました。


                                         あじさい夜
 
                 yoimachi-300x273.jpg
                                  竹久夢二

                                          後悔あるまじと説くよ どこでいてきた
                                       こんな独白もは受け入れてくれる。
                  

                         海の最後はに止まりけり
                                 海も蝶も、そのだけが詠まれています。 

                              三岸好太郎 1934
                                                        三岸好太郎  
               
            白桃やするというむこと
                               境地は優しくかです。                                                         
              momo1_convert_20170722214315.jpg

                       と居て銀河がまで降りて来る
                の動きを妻が読み取った句はしいうつくしさ。
                             
                   
                                           の宇宙模型の吐息かな

                      あじさいおりがさ6
                                        

                           の句は、深刻な病状があきらかになり始めたころの作。 
    
                       われてゆく身体機能を自覚する作者にとって、

              のあじさいはのない命の証、宇宙と等価の存在だったのですね。


                                          IMG_0464 (2)


                あじさいおりがさ3 - コピー                              


                     venice-wallpaper-iphone-wallpaper-4.jpg
                           ヴェニス wallpaper
                                               

      イタリアの名匠ルキノ・ヴィスコンティの作品『ヴェニスにす』は、あじさいが的な映画でした。

          高名な作曲家アッシェンバッハは、夏に訪れたのホテルで、同宿の少年タジオにぼれ。

                       20世紀はじめの古いの中、

                  主人公は、少年にをかけることもできず、懊悩します。


                                             20120422venice03-320x180.jpg
                                                              ヴィスコンティ 『ヴェニスに死す』   
                     IMG_2469.jpg 
 
                                                        
                                   0de92944140663825693edd7471cd190 (2)
                                                          『ヴェニスに死す』 
                            
                         舞台となる古いホテルのには、

                            あじさいの花がようにけられていました。

              原作はの中編小説。 主人公は小説家となっています。

                            少年に翻弄される老芸術家。

       スクリーンの中、あじさいは、人生をわせ死をみちびく美と、その脆さの背景に、かに咲いていました。


           tumblr_mtffvhUuez1siop2ao2_1280.png
                                                    『ヴェニスに死す』

                            t02200296_0312042011921591317.jpg
            トーマス・マン(1875~1955) 『トニオ・クレーゲル』『魔の山』など、ヨーロッパ文芸の中興の祖といわれるえらい方。 
                          ナチズムとの闘い、亡命と、辛酸の人生でした。 苦悩が顕れていますね。

               

                                       20120328115848_00001_2.jpg
                                                              ダ・ヴィンチ 
           
                                タジオは彼に向ってかけた。

             微笑を受け取った作家は、何か宿命的なのようにそれを抱いて、急いでそこを立ち去った。

                          きみはそんなふうにしてはいけない。

                    いいかね、にだって、そんなふうに微笑してみせるものではないのだよ。

                                                         トーマス・マン 『ヴェニスに死す』   

                               
                                IMG_2571 (2) 
  

                   images2 (2)
                                    クレー


                                あじさいはっぱ
                                                 なかなかにたくましいあじさいの葉


                          でも、は、美しくだけの花ではありません。

                    日当たりにめぐまれない庭のにも、よく育って根をはります。

          れた後も花びらは散らずにのこり、いつまでもを保とうとします。

                          やさしく柔軟な色の反面、あじさいは強く花なのです。  

                                     
                             あじさいおりがさ4 - コピー
                             
              
                                 紫陽花は梅雨にじて無きか  相生垣瓜人
                            には悔いているのかも。
                
          紫陽花がな呼吸してをりぬ   千坂美津恵
                      あじさいには〈きれい〉という言葉がいますね。


                   blogminggooitoujakutyuu.jpg
                                               伊東若冲 紫陽花図


                                紫陽花やは何の色を咲く   正岡子規
                        あじさいの色はの色、どこまでも次の日を信じる色。

                 に似た花もあり  子規
                      長雨に色を変えて咲き継ぐあじさい。
                               俳人は病床から見ていました。

 
                                      ノルデ小
                                                                          ノルデ   
                                                   
                             あじさいおりがさ2 (2)

                                    の宇宙模型の吐息かな  折笠美秋  

                            長く咲いたもそろそろ花の終わりを迎えています。

                しおれかけたあじさいは青も紫も淡くにじみ、命を自らしんでいるよう。

                                 今年も過ごしにくい季節をってくれたあじさいに感謝。   カロ

 
                                               IMG_2568 (2)

                                      
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS