FC2ブログ
 
       歳時記
             saison de karo 


                                 さに気づく雛かな  寺澤慶信

              ひな00                                                   

                                       ikimoto.jpg                                      

               紀の国屋と申したわたしの家は、親代々諸大名のお金御用を勤めておりました。

                    もわたしのではございますが、

             女雛のの瓔珞にも珊瑚がはいっておりますとか・・・。

                        なかなかにできておりました。

                                                       ひな1
                                      ひな02
                    201602220002281c8_convert_20170816204132 (2)


                            それさえ売ろうと申すのでございますから、

                    、十二代紀の国屋伊兵衛は、どのくらい手元が苦しかったか・・・。

                                                  芥川龍之介  『


                              ひな04                                                                      

          小説『』は、明治維新後、生活のためにられてゆく雛人形とれの物語。

               昔、女性の人生が現在よりもられたものであったころ、

                     雛人形は、をいくらか過ぎたらに仕舞うもの、言われていました。

              長く飾っておくことは良縁からざかることにつながるとされたのです。 !古いですネ。

          やかな人形を仕舞うことはしく、少女たちは、人形とのれを惜しむのですが、

                はいつのまにか過ぎ、少女と人形はします。

              それに引きかえ、 『』の別れは、もう手に取ることのできないの別離でした。


               ひな07
            
              を手放す日は近づいてまいりました。

                   いったん手放すとまった雛を手放さずにすもうとは思いません。

                     ただ、人手に渡す前に、もうよく見ておきたい。

                        が、生来一徹な父は、わたしにせがまれても、

                         一度手付をとったとなりゃあ、にあろうが人様のものだ。

                            人様のはいじるもんじゃない。

                               ねえ、お父さん、後生一生のおいだから。
            
                          

                      父はいきなりわたしをりつけました。

                                                                『

                      ひな06
                                                 ひな03 (2) - コピー

         そのも皆休んだのは十一時過ぎでございます。           

               雛はになれば、遠いところへ行ってしまう。

                 そう思えば、つぶった目のなかにも、自然とがたまってきます。

                  みんなの寝ているうちに、一人で出してみようか。

                        それとも、あのなかの一つだけ、何処か外へしてしまおうか。

                            それからどのくらいたちましたか、

                        眠りがさめてみますと、

                  薄暗い行燈をした土蔵に、か、

                     の起きているらしい物音がこえるのでございます。


                                                   pictame (2)
                                                                 pictame
                           DSC07672 (2)
                                        colors france.com                                                          

                      わたしの枕元には、寝巻のが一人、こちらへをむけながら、

                           座っているのでございます。 父の前には、の雛が、

                      お節句いらい見なかった雛が、べ立ててあるのです。

                                 縺イ縺ェ・農convert_20160222183351

                           tatibana_sakura (2)                      
                                       象牙のを構えた男雛、 冠の瓔珞をれた女雛、

                            右近の、左近の・・・・高坏を捧げた官女、

                                         さい蒔絵の鏡台や箪笥、貝殻尽くしの雛屏風・・・。

                                 縺イ縺ェ・廟convert_20160221221757
                                                             tatibana_sakura.jpg

                  ひな05

                           たとえにしても、別段しいとは思いません。

                      しかし、わたしはあのけにり雛を眺めている、年とった父を見かけました。

                            ・・・わたしとすこしも変わらない父を、

                           しい、そのくせな父を見たのでございますから。

                                                                    『』  
    
                                 20160222190946fd5 (2)


                  ヒロインのに気をとられ、、

                     わたしは長い間、のことば、「しく、おごそかな」に気がつきませんでした。

                        時世のに翻弄され、娘の雛人形さえ売り渡さねばならない父は、

                         れの、ひっそりと雛を飾ります。

                           『』は、少女と人形の別れであると共に、

                            男性が、自らの属したと別れる物語でもありました。
                                                                   カロ


               ひな003   
                                                   わたしのおばあちゃんのものです。

                       では・・・男性による雛の句を。  

                                           
                    手にうけてよりかるし雛あられ  久保田万太郎 
                                 よりかるい雛菓子は、多分愛する人がに乗せてくれたもの。
       
                                                 ひな1

                  
                       雛の軸少女と老女寝て   原裕
                             この句には長い時間がれていますね。 それともほんのか。
                                        
                                ひな08

              ひな01 - コピー


                            恐ろしきことをたくらみ真夜の雛   行方克巳                                  

             雛壇にしありにけり  長井寛

                                              馬場あき子さんの短歌を思い出します。
          五十代それぞれもしくくさみしく事くわだてよ    あき子 


                             ひな002
  
                                                                           
              来て開けてゐる雛の店   鈴木鷹夫
                                         魅力的な御店主!

                          ひな8 (2) 
                                ハーイ 鍵開けまーす
                    
                                                ひな001
                             

                 雛あらばあらばと思ひけり  正岡子規
                               夭折の大人と評され続ける子規。 えば妻も子もいないのですね。  


                                ひな9
                                                                
                                                         
         読んでみれば、男性の詠む雛も・・・。     カロ
                    

                                                             ひな03 (3) - コピー
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS