歳時記
               saison dekaro 


                                折鶴をげし如く張る  大塚次郎


          かわばた7


                                                        かわばた8

              ・・・お茶席は、この路の奥でしょうか。

                    はあ。

                       のちりめんにの千羽鶴の風呂敷を持った令嬢は美しかった。

                    ここまではいて来たを千羽鶴の風呂敷に包みながら、

                       令嬢は菊治を先に通そうと、行儀よく立っていた。

            ・・・。 いいお嬢さんでしょう。

                       千羽鶴の風呂敷のですか?

                                

                                                        川端康成  『


                         折鶴ginsenotemo


                                         sim.jpg


                          川端康成著『』、主人公の男性とある女性の出会いの場。

                                はこのあと的な展開を見せますが、

                                        冒頭の茶会は、しいお茶のが漂う美しさ。


                                 鶴1 (2)


                                  さしあげてください。

                             

                        の風呂敷の令嬢が立って行った。

                           癖がなく素直な手前である。

                              ・・・令嬢のまわりにさい千羽鶴が立ち舞っていそうに思えた。

                                                           『』 

                                                    つる


                e0163202_19131838 (2)
                           加藤唐九郎作 志野茶碗  川端康成コレクション


                       川端康成はの美術品好きでした。   

                     この茶碗は彼が愛蔵したもの。 作品の中にもし、重要な役割を果たします。 

                          よおく見ると、手前に一羽のが飛んで・・・気のせい?!


                                            IMG_1575.jpg
                                                            志野茶碗アップ      
                    origamagic.jpg                       


                い釉薬のなかに、ほのかなが浮き出て、冷たくて温かいように艶な肌に、

                   菊治は手を出して触れてみた。

                       やわらかい、夢のようで、いい志野は僕らもきですね。

                                                               『千羽鶴』

                                お茶碗は完全にのこと・・・。   カロ


            かわばた2
                            ノーベル賞の賞状にも千羽鶴。


                 多彩なは、文豪き後も遺族や財団に守られて散逸を免れています。  


                             work_7.jpg
                                          黒田辰秋作漆蓋物。キャンディとか入れたい。


                                      かわばた5
                                         あどけない表情の埴輪。 川端先生は、真夜中にじいっと見て飽かなかったと・・・。


                      IMG_1571.jpg
                                                             川端先生御書斎                                 


                折鶴は紙に戻りてりけり  高橋修宏

                   紙にるとは、本当の自己を見つけることか、誰かを愛することか、それとも死のことか。


                              IMG_1584.jpg
                                                川端先生は草間彌生の小品もご所持。


                3b222454f0b7868eed027a3f8d1fe353.jpg
                                  

                 と鶴鳴く千代紙を買ひに  岸本由香
 
                       ころおん。い響き。 小さな品物で幸福になれるのは、の特権です!

                                  かわばた6
                                      シュルレアリスム画家古賀春江の水彩 川端コレクション
                             

               折鶴をひらけばの朧   澁谷道

             のおぼろ。 という早春の風情は、いちまいにまいと数えられるものでした。


                                         かわばた4


                       千羽鶴のに犯人の指紋  西生ゆかり

                         怖く、楽しく。 犯人はいまも!?


                photo_1.jpg
                                  川端先生晩年。 林忠彦撮影 石庭と一体となって、まるでオブジェ。


                                                 138615mg.jpg



                 かわばた1

                               国宝! 江戸後期の文人浦上玉堂作 『凍雲篩雪図』 川端財団蔵

                    戦後、さる旧家が手放したこの絵を、新聞社に借金して買ったとか、いっぱいのお宝。

                         深山幽谷に一羽のい鳥。 が止っているのかも・・・。


                            101476s.jpg


                                             teamtisraizumi2.jpg


                  201412251616295a8 (2)


              折鶴をげし如く張る  大塚次郎               

                     作家がの折鶴をひらくと、てしない氷原が。                                      

                                       鶴2

                               今年もなものを追いたい!ですね。    カロ

スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS