FC2ブログ

    歳時記
              saison de karo 


                        の細きを煮ればの止む  二宮夢駝 


                             IMG_1507_convert_20171226144822.jpg

                 なひかりの粒、たち。  2017年生まれです。

                                    今年の金柑はが多いかしら


                  IMG_1510 (2)

                      
       見たる年暮れ鍋のなかに金柑小さき煮てゐる  米川千嘉子


                                                hukuju_convert_20170624230613.jpg
 

                                      小さなのようなは、晩秋を代表する季語ですが、

                               カロにとっては、の可愛い風物。

                       毎年、月もおしつまってくると、

                さるが、プレゼントしてくださるからなのです。


                          IMG_1499 (2)
                                   鹿児島産とのこと


                            kinkan10 (2)
                                         金柑を煮るにみかんのハチミツを使う人、カロ。
                            

               金柑の煮の作り方。材料
                                
                    金柑・・・・・グラム

                         お砂糖・・・グラム

                           ハチミツ・・大匙

                                                    
                              kinkan5.jpg                                                                                                                                                   

                  金柑をう。

                  金柑の(ヘタ)をとる。 
  
                    ナイフでの直ぐ下をと切ります。

                    横に切れ目を入れます。

                           kikan7.jpg


                  金柑の(たね)をとる。                    

                    フォークかつまようじで、な金柑のジュースがこぼれないように注意しつつ、

                    なるべくに種を取りのぞきます。 (と言っても、たいてい半ばで

                
                  くたびれるので、ここで入れる。


                 yaa_coffee.jpg


                                                     IMG_1502_convert_20171226191050.jpg

                                                                         
                              kinnkann3.jpg                      

                   一つどこまでさかのぼる   加藤秋邨

                 かしい思い出、はずかしい出来事、しいめぐり合わせ・・・みんな


                        IMG_1503.jpg
                     
                

            おに金柑を入れ、

             タヒの水で、火にかける。 

                     沸騰してきたら、いったん笊にあけ、ボールに入れてさます(この辺は省略も)。
                
                   目にしみるようなさわやかない匂い!


                              kinnkan11.jpg                      


             お鍋に金柑をもどし火にかける。お水もカップ杯ほど。すぐにを全部いれます。

                   噴きこぼれやすいので、で監視。


                        kinkan8.jpg

 
                 煮立ったところでに。 げないように様子を見ながら10分ほど煮ます。

             をサッと入れ、蓋をしてさまします。

                          タッパーに入れ替えて冷蔵庫で一晩ねかすとも深くなります。 

                       kinnkann17.jpg


          inseason.jpg
                                                inseason


        の下をの猫通る   加藤青女

            IMG_1498_LI_(3)_convert_20171225235737.jpg
                                  こんな感じかニャ?


                                             201108171528236eb_convert_20171110161535.jpg


                       kinkan6.jpg


               や年寄り順にゆる島   川崎展宏

                               きんかんの色と香りには、っと怖いイメージを誘う力も・・・。


                            IMG_0442_(2)_convert_20171030200947.jpg


                     IMG_1501_convert_20171226191115.jpg


                     金柑の甘さと年迎ふ   鈴木真砂女

                          薄幸を逆手に取って生きた女流の煮た金柑、とろりとく、かすかにく。


                                        kinnkann19.jpg


               kinkan15.jpg
                            
 
                         の細きを煮ればの止む  二宮夢駝 

                   と煮詰まってゆく金柑。 ふっと風が止み、時が止まって、

                            作者はかかかけがえのない人を思っているのでしょうか・・・?


                                    kinnkann16.jpg

  
                来年・・・2018年、みなさんに良いことがいっぱいありますように。

                           いつも。           カロ                           
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS