FC2ブログ
 
        歳時記
                   saison de karo
       
      
                           しぐるるや駅に西  安住敦

                         IMG_1331_convert_20171202003720.jpg


               tokyo_yokosuka1.jpg


                で結構でございます。     

                  お荷物がおありだし、おりしてはいけませんか。

                    そんなことは・・・でも、でございますから。
                                                             

                                                    107011648_624_(2)_convert_20171202002926.jpg
                       大磯ですか・・・おりしましょう。

                         、電車の方が、らくでございますので

                                     折角のおを無にするようでございますが。

             譎る岑c0059485_19321343_(2)_convert_20171202031242                         

                                       ありがとうございました。

                             大磯のおところには、、お伺いしてもよろしいでしょうか。

                   どうして、お出でになりますの。  

                     ・・・・・・・・・・・   

                              IMG_1339_(2)_convert_20171202012238.jpg 


                       車を下りて、の車が走り出すまで、

                             舗道に立っては見送っていた。

                                                             中里恒子  『時雨の記』 

                        20120902120609a80_(2)_convert_20171128204849.jpg                                               

                                            20110205222443ff9_convert_20171128194146_convert_20171202234319.jpg   

                                             
                         、ほんとうにいらしたのですか、たいへんだわ、とりらかしておりまして。

                玄関の差し込みを開け、鎖を外し、が顔を出した。

                                                     IMG_0730_(2)_convert_20171202224912.jpg
                           
                            流石に、わたしは顔が赤くなった。

                 どうぞ、おはいりくださいまし。 今日はが強くて、とうございましょう。

                                    yumeji-utatane.jpg
                                                               竹久夢二
                    IMG_1347_convert_20171202204829.jpg

                  
                         午後のの当たる縁先近くに、があって、そのまわりに、     
               
                 小切れが散らばり、小抽斗の裁縫箱から、い針山が見える。


                                              Red-Pin-Cushion-With-Pins_convert_20171202011912.jpg
                      に来ました。

                  そうでしょうね。不意に、昨日の今日、おいでになるのですから。


             IMG_1352_(2)_convert_20171202204751.jpg


                       にお目にかかりたかったから。

                  そのように仰っても、わたくし、お返事のしようがないわ。 、なんとなくわたくしも。

                             るとお思いだったでしょう。

                                                               『時雨の記』

                        33559728_convert_20160112001725.jpg

                                   IMG_0344_(4)_convert_20171202211428.jpg
                              

                           男性が女性を訪ねてきた様子。 
 
               中里恒子著『』は、壮年の男女の恋物語。
 
                                         くなると、こんなお話しも。


            IMG_1325_(3)_convert_20171202230955.jpg

                                         しぐるるやしぐるるへ歩み入る  山頭火

                                   って、のことだったのか?


                                     201203301557484bb_convert_20171202020158.jpg


                       すこし暮れなずんだ空から、降ってきました。

                   わたしは、降られるのと夜になるのをおそれて、りたいような気になりました。

                           どうしたの、行きたくないの。

                              行きたいけれど、くなると、帰るときしくなってしまうし。

                          なんだ、っていきますよ。

                              でも、になるでしょう。  

                       車をへ寄せて、買物をすると、

                             そのまま車を走らせました。   


                                           譎る岑縲€president_(2)_convert_20171202031217   
                                                            president

                         鶴川一郎
                                       鶴田一郎           

             から雨は本降りになりました。

                      保土ヶ谷あたりでは、かなりの吹き降りです。

                         、保土ヶ谷、戸塚の間では、よく降るのです。

                      わたしは、吹きつける雨のが、太い線になって窓をつのを、見つめていました。


                          譎る岑縲€bloginng_convert_20171123165556
                                                  blogging

                                            譎る岑縲€amamik_convert_20171123165530
                                                              amamik

               は殆どやんでいましたが、はびっしょり濡れて、葉のが、首に落ちるのを振り払って、

                        奥の戸口を開けました。

                                            20120330154450e85_convert_20171128204734.jpg

                          IMG_0005_(12)_convert_20171203001845.jpg  
                                  
                                            IMG_1342_convert_20171202002016.jpg

                     IMG_1350_convert_20171202204733.jpg


                                   早速に、ビフテキの用意をして、を作り、

                         壬生に鉢ごと渡して、かきまぜてね、まぜるほどおいしくなるわと、頼みました。

                               IMG_1343_(2)_convert_20171202014426.jpg


               ご飯を炊いて、辛子をといて、玉子のを作って、

                        出来るそばから、に運びました。

                                           20111129111113_convert_20171202212846.jpg

                襍、縺・メ繧ァ縺」繧ッ縺ョ繝・・繝悶Ν謗帙¢・呻シ托シ・(2)_convert_20171202030454
               

                            しぐるるやなないでいる  山頭火  

                                        死なないでいることは、することでしょうか。


                        IMG_1321_(2)_convert_20171202012316.jpg
                

                       じゃ、

                    るとき、いやだわ。

              居座ろうか、どうする。

         多江は、笑っているような、い顔で、車のところまで送ってきた。

                                                     中里恒子  『時雨の記』

                                  yoimatigusa_gazou_(2)_convert_20171202031151.jpg
                                                         竹久夢二                        

                        のしぐれてゆくか  山頭火

                 山頭火は〈うしろすがた〉をした自己自身として詠みましたが、

                   いを寄せる誰かとして読むならば、

                     しぐれの中にもが宿りますネ。 💛               


                                           譏・縺ョ髮ィ_(2)_convert_20171203005509
                                                 
                       IMG_1348_convert_20171202204811.jpg  


                    しぐるるや駅に西  安住敦
                                    
                                みなさん、。  カロ
                              
                                  IMG_1326_convert_20171202231129.jpg
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS