歳時記
                 saison de karo


                   わが夏帽どこまで転べども  寺山修司


                     IMG_0418_convert_20170527170930.jpg


   
                             外では帽子をかぶることにしている。 

                       は暖かいし、は直射日光をふせぐ。

                             雨の時の代わりになる。

                       メガネは濡れず、小雨なら雨をじなくてすむ。

                            どういうわけか、高価なものほどく紛失する。

                                                        水木しげる  「帽子の


                                          Amedeo-Modigliani-Portrait-of-a-Man-with-Hat-500x375_convert_20170628011308.jpg
                                                            モジリアニ      

                        コエリョ
                                   コエリョ                           
                                          

                       電車のに忘れるとか、なにかの会場にかぶってゆくと、

                            ず忘れてかえる。
                                帽子1

                           は一番安い帽子をバーゲンで300円で買ってきた。

                       みるからに安いとした帽子だった。

                  これなら忘れても少しもしくない。

                        初めから、忘れることを?された帽子だった。                                                 


                            蟶ス蟄撰シ・(2)_convert_20170621182156
                                               ピサロ      
                          

                                 二年たったが、帽子は的になくならなかった。

                            きたなくなっても、は、今までの帽子なら洗濯したが、

                      その帽子は洗濯もしない。したがってきたないので、

                  ぼくは何度もてようとしたが、いずれ忘れるのは時間の問題だろうと、

               ほったらかしにしておいた。

                      しかし、その帽子にり、忘れない。  


                       マグリット1
                              マグリット               

                                             gogh303_convert_20170622210935.jpg
                                                                  ゴッホ 

                       fc2blog_20170710203458ffa.jpg
                                      キルヒナー


                                          IMG_0529_convert_20170714132630.jpg



                      のあついときに、わざと本屋に忘れたふりをして置いてきた。

                      するとあくる日、本屋を訪れると、

                      もしやの御帽子では・・・といったあんばいで、

                      万事うまくゆかない。

                                             蟶ス蟄撰シ廟convert_20170621182216
                                                                    ルノアール 


                    20140629032204ae6_convert_20170527171254.jpg

                                                            
                                         97057-Unbenannt-1.jpg
                                                           マグリット


              のことだった。

                   ぼくが橋をわたっていると、強い風が吹いてきた。


                         origin.jpg


                                       77-320x180.png
                             

                      と思う間に、帽子は川の中にちてしまった。

                         ぼくは川面を見なかった。に、運命の日がきたのだと思った。


                    IMG_0422_(3)_convert_20170628012956.jpg


                                                   菴占陸蠢濶ッ_convert_20170710195322
                                                                       佐藤忠良                                                                                                            

                                         しかし、あくる日、が来て、

                                    お名前が書いてあったものですから・・・。と、

                              の帽子を渡された時は、

                         だめだ、と思った。


                                     auto-y34VYC.jpg
                                                               フェルメール


                   今日も、喫茶店で帽子をれたら、

                、御帽子が・・・と編集者に注意された。

           これは編集者が注意したのではなく、

        が注意させたのだ。

                                                         「帽子の」                     
                                                                             
                                      cli_0702_convert_20170628011840.jpg

                                                                          
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS