FC2ブログ
 
          歳時記
              saison de karo  


                         っ おじちゃんそこのは踏まないで    藤嶋務  


               ryukyusirosumire 琉球列島のスミレ
                                                                 ryukyusirosumire

                                                 050202172x172.png
                                 ! 気をつけてネ。

                        岡鹿之助三色すみれ
                                  岡鹿之助 『三色すみれ』  

             の花の砂糖づけをたべると
                     
                       私たちはにもどる
                          
                               だれのものでもなかった

                                                      江國香織 『すみれのの砂糖づけ』


                            capitplo1.jpg
                                                         capitplo

              に、すみれと少女は通い合ってピッタリ。 そこへいくと、       
         
                         っ おじちゃんそこのは踏まないで    藤嶋務  
      
                おじさんとすみれ、なかなかのむずかしい人種?と可憐な花を結んで楽しい一句です。  

                     ようやく春のしが感じられる今日この頃、 

                           の関係性について考察いたしましょう。  


                        岡鹿之助遊蝶花
                                                               岡鹿之助 『遊蝶花』
  

             鹿(1898~1978)は、独自のしずけさが漂う風景や静物を描き続けた洋画家。 

                  画家はを愛しました。様々な色と形、群生のうつくしさ、春に先駆けて咲く潔さ。

                       花の命を画架につなぎとめようとするようなかな情熱に支えられて

                            すみれはこの世ならぬで画面からあふれています。

                
                                                  17.jpg
                                                      岡鹿之助 『青い背景の菫』 

                            岡鹿之助1924
                                 岡鹿之助 20代の自画像 すでにちょっとおじさんっぽい。 ここにもすみれ?

            岡鹿之助捧げもの
                      岡鹿之助 『捧げもの』 すみれは宗教的。
                                                                                                    
                                      冬すみれ4
                                                                                                                           
                          にありし菫の花のいつか  松本たかし
                            な人、時間、信念。 それとも菫はやっぱりすみれか。
                 おじさんは、自分がすみれにふさわしくないことを自覚しているようです。 なんかない。


                               sodatekata2.jpg
                                                           sodatekata  
 
           おじさん全開。 おじさんといえば
           
      とは、呑んでいるときは呑み足りず、呑み終えたときは必ず呑みすぎているである。
                                                             内田樹  『おじさん的思考』  


                                      よっぱらい                                             
                                   おじさん酔っ払い 『星の王子さま』の登場人物さん。
                              彼は小さなに一人で住み、日夜お酒を呑んで暮らしています。

                       
                   ☆彡2小
                            ビール2

                                   王子さま  してるの?
 
                                   呑み助   酒んでるよ。

                        王子さま  、呑んでるの?

                        呑み助    れたいからさ。

                                  王子さま  忘れるって、を?

                                  呑み助   はずかしいのをれるんだよ。

                        王子さま  はずかしいって、が?

                        呑み助   酒をむのが、はずかしいんだよ。
                                                       サンテグジュペリ 『星の王子さま』


                sumire-b002.jpg

                 お酒を呑んでしくいつぶれるためには、人は健康でなければならない。
                                                         内田樹 『おじさん的思考』 

                            みごとなおじさん的ですね。   


                       美 no61褐色と青 1953 マーク・ロスコ1903-70

                                         10885585_10152977806001810_1012616886728301513_n.jpg                   


                     瀕死の古きアジアのなど   赤尾兜子
                                   1960年代をした前衛俳句の代表的な作品。
                  計算しつくされた言葉のマッチングと思ってきましたが、
                       もしかすると、死に瀕するまでしたときの句かも・・・。

                              菫 公爵夫妻とこどもたち
                              ゴヤ 侯爵夫妻とこどもたち スミレ風寒色イメージの絵を選んでみました。

           わたしは家族を描いたが好きだ。 それはわたしが家族を持たない年配のだからだ。
                                                   ルキノ・ヴィスコンティ  『家族の肖像』

                   この辺りになると、おじさんはシビアで悲しい。  


                                  すみれ3
               
                                   
                  がかたづけている春の土   五藤高資
                     おじさんによってかたづけられるもの。 ごみ、古本、古手紙、の土。
                                         

                                050201172x172.png 
                        イタタ、 かたづけ頑張りすぎた・・。 

                                               
                                          7-methods-to-present-a-gift-using-the-violet-flower.jpg


       菫ほどなさき人にれたし  夏目漱石
                     小さき人とは、坊ちゃんか三四郎。ということは、本当はきい人か。


                     岡鹿之助献花
                                            岡鹿之助 『花籠』 ここではすみれはわき役。


                     わたくしにも気付かぬ  長井寛
                            誰が誰のことをっているのでしょう。 すみれが人を? 人がすみれを?


                                             8EO90F82B782DD82EA.jpg
                                                     岡鹿之助 『ばら色の背景の菫』
                        050206172x172.png
                       おじさんも昔は少年だった・・・。


               少年にの咲けるの場所   鷹羽狩行
                               すみれとひみつ。 ふかーいつながりが。


                                                   岡鹿之助三色すみれ小
                         
                 69204d43d7b8bc9a0471a05ccde2f163.jpg
                                     yahoo


                          ドイツのお菓子をいただいた時、上にの花の砂糖づけがのっていました。

                        ブランデーの香りがしました。 の匂いもすこし。

                          お味は、ちょっとかった。

                     おじさんのさかも・・・。

                                                              カロ   

                               capitplo3.jpg
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS