の一冊

                      de karo


                     玉軒越せばもうられる 須田優子        『白炎』      
                                                            


                               thumb5_convert_20170106204101.jpg

                         

                   須田優子(1929~57)は、10年に満たない句歴の殆どを病床に過ごし、

                         珠玉の作品をして短い人生を終えたひと。

                                句集『白炎』は、没後刊行されたの著作です。


                                 IMG_0009_convert_20170106033125.jpg


              値切らず買いて淋しき働けず  26才

                    値切らず、働けず、否定と否定がしい。

                                   
                                    usukiironoksbosu_convert_20170106183859.jpg 
                                                     usukiironokabosu  


                                          月の木蓮となる逢はざれば   26才 

                        と読みます。
                                 
                 月と木蓮が白いであるという喩は目に新しいものではありません。

                     彼女がほんとうにを見ていたことは分ります。


          WE040173_01_1024-392x313_convert_20170106183834.jpg


                                         熱にう寒卵のをつきほぐし  27才

                          母へ焼くふくらむの唄  26才

                              い黄色、るい黄色。


                                    卵


                              朧夜のの丈さにの黄  26才

                       こちらはかな黄色。


                                 yun_2503.jpg     


                     繧キ繝」繝懊Φ邇雲convert_20170106204012
           
                       

                  作品のみと向き合い、ご本人とはれている方が・・・と常々思っているカロですが、

                  まっすぐな心情が語られる優子作品を読む時、

                  彼女の心拍ときを身に近々と感じざるを得ません。

                  どんなにきていたかったか・・・。

                  優子の句は、命ながらえて言葉をすことの幸運を、

                  わたしたちにえてくれるのです。


                                      kurotu3_convert_20170106183805.jpg

                 
                                  黒々と月明に咲き地の椿  26才

                            春愁や無傷のをふと憎む  27才

                    タンポポ発見を輪に少女坐る  26才


                         tanp81640062_convert_20170106202811.jpg

                                 

                                           IMG_0009_convert_20170105235747.jpg

                                   
                               玉軒越せばもうられる   27才

                          軒を越えていってしまった玉。れないで、と言っているよう。

                               ・・・、あなたの言葉を読んでいます!

                    1しゃぼんだま

                   
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS