今月の    Chat du mois

                月のねこ  Chat fevrier

                  
                        梅が香やが来ても欠け茶碗  小林一茶


                                 kintsugilibrary_convert_20170226011007.jpg
                                                                kintsugilibrary                                                                                             
            梅2 (4)
                                    地方を歩いて骨董品の掘り出し物をする男の事をという。

                                その他師が中仙道筋を歩いて茶店に憩んだ時、

                            ふと目についたのは、の飯を入れる器で、

                      それはたしかに絵高麗のの茶碗だ。
                                                          海賀変哲  『猫の茶碗』  


                                             譴・シ点convert_20170107214204
                            

                   日にご飯いただく梅の花   関根誠子  

                                  

                       迪ォ縺ョ闌カ遒玲ケッ譛ィ鄒手。馴、ィ縲€邨オ鬮倬コ玲「・エ玖怩_convert_20161225225656

                                                  絵高麗梅鉢写   

       縺ゅ∪縺槭s_convert_20170107215956
 

                          
                     く踏んでも三百円の価値はあるが、

                                         茶店の親父はそんなことは知らぬだろう。


                                             前田昌良
                                              前田昌良
                                                                    梅2 (3)

                      私は猫がきだ、この猫は貰っていきたいが、どうだ、くれないか・・・と、

                      三円の金を与え、

                      猫というものは食器が変わっては飯を食わぬというから、

                      にその茶碗もくれ、というと、親父は、

                      このはあげられません。


                                猫の茶碗 松平不昧公愛蔵 
                                                     絵高麗梅鉢茶碗 松平不昧公愛蔵   



                        げて梅ゆすりけり朧月  池西言水                       
                                                    
                  
                               縺薙◆縺、縲€縺・a_convert_20170102011606


                                    紅梅にほしておくなりひ猫   小林一茶
                                      
                                            
                  chinese_fine_art_ota_convert_20161225231137.jpg


                                               ume022001-thumbnail2.jpg


                                   こう見えても、これは絵高麗の梅鉢の茶碗で、

                             三百円ならいつでもれます。

                      そんな立派なものを、何故また猫のなどにするか、と聞くと、

                  このおかげで、時々猫が三百円にれまする。
                                                               『猫の茶碗』


                    繝溘Ν繧ュ繧ッ繝阪ャ繝・convert_20170220195840
                                        ミルキクネット

                                                   梅2 (3)
                                                                    
                                                                                             
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS