歳時記

                saison de karo 


                   に紅葉あつめてらすところなし 中西ひろ美


                        もみじ1 


              土手を斜めに切った小径を降りて二人は池の端に立った。

                     ・・・はなんてところですか。

               ヶ窪さ。百姓はぶっきらぼうに答えた。

                        道子のは力を失った。 


                          驍」豕「螟夂岼蜉滉ク€縲翫&繧樊ウ「縲祇convert_20161017024513
                                             那波多目功一
                                 

                        とは当て字らしかったが、

               ここは昔有名な鎌倉武士と傾城の伝説のあるところであり、

                        傾城は西国に戦いに行った男をってこのに身を投げている。

                                                    大岡昇平 『夫人』


                          鶴川一郎
                                             鶴田一郎


                           こそ、今まで彼女の避けていた言葉であった。

                    しかし勉と一緒に遡った一つの川のが、その名を持っていたことは、

                            道々彼女の感じた感情がそれであることを、

                    明らかに示しているように思われた。


                        柿の葉2 agemiya
                       agemiya    
                       

                 彼女はおびえたようにを見廻した。

                    別れる二つの線路の土手によって視野はわれていた。

                            彼女は自分がここに、つまりに捉えられたと思った。


                                         pixabay_convert_20161017021855.jpg


                 豁ヲ阡オ驥弱€€繧ォ繝翫ず縺ョ繝悶Ο繧ー_convert_20161017021520

                         
                           勉は歩き出した。

                   目の前には深いがあった。

                           紅葉したの間に梢の薄くなった欅が空を掃くように並び、

                   いっぱい実の熟れた柿の木に黄立葉ががっていた。

                           彼はもう道子のことを考えていなかった。のことを考えていた。

                   もっともそれはただ彼の道子への恋に対するとしての世間にすぎなかったが。


                                武蔵野1


                                            道子さんとに死んでしまおうか。

                                     ああまた自分勝手な悪い考えだ。

                              樹はみなしていた。                

                                                   大岡昇平 『夫人』
  
 
                                                                           

                                    もみじ4

       
               
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS