歳時記
                    saison de karo  
  

                      鯨のび浮かぶかな  高橋将夫


                               闕呈ウ「縲€蜈臥正縲€_convert_20161006001553
                                                     荒波  尾形光琳  


              MIGALOO_convert_20161019030036.jpg




               うたた寝のの端を捕鯨船   西原天気


                                              鯨2


                              愛ヴァぞふすきー
                                                   アイヴァゾフスキー


                            ことごとくいて鯨の煮ゆる   攝津幸彦

                            

            魃ィ縲€蟾晏次諷カ雉€_convert_20161006001659
                             川原慶賀

                              

                      ひとりの年老いたが、

                        あ、とうとう最後のが死んだ! と言った。

                         われわれは先を争って谷間へ下って行ったが、

                          暗い谷間の敷石道に立っているに、

                           とうとう最後のが、・・・・と話しかけようとすると、


                          というのは、いったいどんなものだったの? と、

                         いかにも無邪気な声で問い返すのだ。

                        ぼくはについて説明しようとしたが、

                       すでにぼく自身、についてなにひとつ記憶していないので、

                      くちごもってしまう。  

                                                   大江健三郎 「が死滅する日」



                    Kuni_convert_20161211182900.jpg
                                                 kuni


            さらしくじらすでにたそがれて 小澤實 

                      img_02.jpg 
                                      鯨 缶詰
                                               

                       に似たりこもりて鯨煮ることよ  草間時彦 


                  魃ィ縲€譫懈セЮconvert_20161119011947
                                果澄


                ぼくはいまや自分に、哀れなのような死を予感しつつ、

                     この異様に大規模な転換期をきていこうとするのであるが、

                         仔鯨は仔鯨なりに、この黙示録の世界、終末観的な世界に対する

                              自分自身の態度をしなければならないであろう。


         魃ィ縲€闍・蜀イ_convert_20161006001626
                                   伊藤若冲 
                      

                                  そのためには、

                              ぼくはにのんびり浮かんでいるより、

                          暗く激動する海のむけて潜り込まねばならぬであろう。

                     そこでは海面のの動きはないが、

               より大規模な、しがたい力が、つねに動いている。

                                                       「鯨の死滅する日」


                                          11131_xl.jpg



                        鯨逃げてかゝやく海暗し  正岡子規

                                  

                                201611190121450da_convert_20161204021831.jpg
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS