歳時記

              saison de karo 1

                
                        と話してくるといふ子ども   村田篠


                 2009214962277283.jpg



                   叔母さんはから抜けてきたようだ・・・。

                       やせに痩せて骨までけそうな叔母は、

                             人間というよりはに近い感じがする。

                                                                  木崎さと子 『』   
                                               

       青桐5

                                           

                            道具蔵に入るのは、こどもの頃以来だった。

                      ずっと昔、ここに閉じ籠められたことを思い出した。

              どういうをしたのであったか・・・。

                                                          

                                          髱呈。撰シ誉convert_20160810132423
                                                      tyuraumi19810315.cocolog 


             青桐 王培
                                            王培
                    

                       大小の箱が打ちひもで結んで、いに支えあうように堆積していた。

                    に、何日も、何年も、何十年も、こうしていたら、どうだろう。

                じいっと、いつまでも、いつまでも・・・何かがるのを待ち続ける。   


                 
                                          縺ウ縺垣convert_20160811145720
                                                                       
                                 
     
              幼い頃、身体に負ったと従兄へのいを抱え、俯きがちに生きるヒロイン。

                         古い家をり、病んだ叔母を看取る女性の時間を、の枝葉が見下します。


                   髱呈。撰シ兩convert_20160810132529


                                                髱呈。撰シ托シ点convert_20160811145819                                    

                              ・・・・ありがと。

                         叔母は軽くうなずくと、縁越しにに目をやった。

                  その表情がいかにもしずかだった。

                         日がな一日、眼をあいてさえいればそちらにむける病人のを受け続けて、

                 い色がだんだん澄みとおり、

                          しまいには幹がきとおってしまうのではないか・・・。


                    青桐 awaji school landscape jimdo com
                                         awaji school landscape jimdo com


                                       545-e1451707706150_convert_20160810154658.jpg
 
                                      
                            青桐11


                の周りを、数人のこども達が手をつないで囲んで、

                       かごめかごめをっていた。   籠の中の鳥は、いついつねやる・・・。



                      yumeji art museum
                                      yumeji art museum   
                                                                               

                      後ろの正面だあれ、、こども達の輪がとまったと思ったら、

                                  と一斉に散ってゆく。


                                                      髱呈。蝉ク芽シェ邯セ髻ウ縲取尠譏ァ縲擾シ抵シ撰シ托シ棒convert_20160811145748    
                         
               の真後ろに、眼を隠してしゃがんでいる子・・・。



          空0l    
                               
                                            
                                  髱呈。撰シ狙convert_20160828002240
                                                                                               

                 交代でつきそっていたのに、最後の瞬間、叔母はだった。

                                                             『

                
                                        縺ウ縺垣convert_20160811145720
                                     
             
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS