歳時記

              saison de karo 


                           初夏のこれがの煙草かな  芳野ヒロユキ


                       2010626134231853_convert_20160424185017.jpg




                   禁煙なんて簡単なことだ。 私はもう回も禁煙している。

                                                         マーク・トウェイン    


                                               煙草1
                                                   マーク・トウェイン    


                 辣呵拷・難シ。・「・。・ェ_convert_20160424200938

                       マーク・トウェイン 『ハックルベリー・フィンの冒険』

                            ハックルベリー・フィンはトウェインのの少年キャラクター。



                            初夏3
                          
                                                                            

                 少年期はに続くべきものであり、また、現に続いてゐるのではないだらうか。

                                                     三島由紀夫  『煙草』


                                     ecf0f005ec41c452998ee432092a098a_convert_20160424220628.jpg
                           

                     私は学校を囲む起伏の多い森の中を散歩するのを好んでゐた。

               ふと、木の間に熊笹のすれあふがした。


                           sasanoha.jpg

                                    

                    小さな草地に寝転がつてゐた学生が身を起こしてこちらを見た。

                              彼等ふたりは私の知らない上級生だつた。


                                  img_1441.jpg


              彼等は明らかに、禁ぜられているを先生から隠れて喫むためにそこにいるのであつた。

                 一人はじろりと私を見ると、

                      手に隠していた煙草をすぐ口にもつていつた。

                ・・・・ 不意に目をあげて、

                     「!」と云つた。

              私は伏目になり、行き過ぎれば良いものを、そこにのやうに立ち竦んでいたのだ。

                    「一寸、ここへ来いよ」  「エ?]   「まあ、座れ」   「はい」


                                 初夏2


                      彼は新しい煙草を咥へてそれへをつけた。

                    「いいから吸つてみろよ」   「だつて」   「吸はないと火がえてしまふ」

              私はそれを吸つた。


                                              DSC_0204-1024x576_convert_20160424185044.jpg


                 img_0.jpg



              の匂ひに似たそれと香しいの匂ひが混ざり合ひ、

                    一瞬、大きな燃えてゐる熱帯樹のを見た。

              私ははげしくせき込んだ。

                   上級生はつた。 私は決まり悪さうに笑つて仰向けに寝ころんだ。

                         初めて喫んだ煙草を高く掲げて、目は半ば閉ぢ、

                  私は午後のくすんだ空のへ煙が流れてゆくのを見飽かなかつた。


                                   Redon9_convert_20160424185115.jpg
                                                          ルドン  『の馬車』

              麻酔にかけられた時間を破つて、

                        やさしい熱い声を私は耳元に聞いた。

                                   「名前は何て云ふの」

                       をくれた人がさう言つてゐる。
 
              それは、いつからともなく私が待ちこがれてゐたではなかつたか・・・。

                                                                     『煙草』 


                     煙草5
    
                                                                   

                                           51NRJ6QCPML__SX325_BO1,204,203,200_

                                       三島由紀夫 『書簡集』 表紙写真


                                b0210154_1822267.jpg
                                    

                       指定を守った喫煙は、個人の自由です・・・。

                        、みなさん、煙草はえめに・・ネ。     
                                                                カロ     
                   



                                           辣呵拷・胆convert_20160422193321   
                                                  晩年のトウェイン  喫煙中


                  IMG_0015_convert_20160424223638.jpg

                          芳野ヒロユキ句集  『


                      ネクタイは五月のをいそいそと

                                  カタバミをし始めているのかも

                                                            ヒロユキ


                                    E3818BE3819FE381B0E381BFE38080E7B791E89189-thumbnail2.jpg
                                                                                

                                                                                                                          
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS