歳時記
                saison de karo  


                       食べさしでれたお   SPS700


                                  人形9


                                
            莠コ蠖「・廟convert_20160102190207
           

                る時、大阪行の急行ので、晩飯を食べていた。

                四人掛けのテーブルに、私はで座っていたが、やがて、前の座席に、

                六十格好の、上品なが腰を下ろした。


                                     人形1 (2)


                の方は、小脇に何かえてはいって来て、私の向いの席に着いたのだが、

                の蔭から現れたのは、横抱きにされた、おやと思う程大きなであった。

                                                                小林秀雄  『人形』

                                         
               人形10
                            

         人形は、背広を着、ネクタイをしめ、外套を羽織って、を被っていた。

              何かの拍子に人形は帽子をとした。夫は床から帽子をい上げ、

                  私と眼が合うと、ちょっと会釈して、それは、子供連れで、とでも言いたげであった。


                         3689073320012_13_convert_20160117004719.jpg
                                     
                              
                                           もはや、明らかなことである。

                                      人形はに違いない。

                             一人息子はで死んだのであろうか。

                   夫は妻の乱心をめるために、彼女に人形をあてがった。


                             人形11


                 dbcf400e948c67e09da3a84f652aa67c_convert_20160102215420.jpg                                        

                            夫は旅慣れた様子でに何かと注文していたが、

                      今は、おだやかな貌でを飲んでいる。

                妻は、はこばれたを一匙すくっては、まず人形の口元へ持って行き、

                       自分の口に入れる。それを繰り返している。


                       莠コ蠖「・胆convert_20160102185333


                                                莠コ蠖「・農convert_20160102185821
                                      

                私は、手元に引き寄せていたバタ皿から、バタを取って、彼女のパン皿の上にせた。

                           彼女はにかまけていて、気が附かない。

                「これは。」と夫が代りにを言った。


                           57746225.jpg


                大学生かと思われるさんが、私の隣りに来て坐った。

                        彼女は、一目で事をり、

                この不思議なに、に順応したようであった。

                             私は、彼女が、私のまで見てしまったとさえ思った。


                                                 20140331_9fe0fa_convert_20160103002130.jpg


                   人形6


                          細君の食事は、やっとスープが終ったところである。

                        もしかしたら、彼女はまったくなのかも知れない。

                    とすれば、ここまで来るのに、周囲の好奇心とずい分戦わねばならなかったろう。

                それほど、彼女のしみはいのか。

            会食は、極くあたりまえに、かに、やかにった。

                                                                     『人形』


                     f12bd6a047753a7a_S_convert_20160104030847.jpg


                                           d9163d36cd9e0482ee348922d3c73865.jpg

  

                        食べさしでの汚れたお   SPS700 


                あるサイトに、このな名前の質問者から、「これは俳句だと云えますか?」という質問があり、

                                 このが書かれていました。

              様々ながあり、みなさん真面目な答え方で、概ね「俳句ではないのでは?」という意見。

                           私はだと思うのですが・・・。
                                                               カロ


                                           
                                        莠コ蠖「・誉convert_20160102185741

                                   
                                             
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS