歳時記
                saison de karo 


                        風呂敷の雪起し 末永理恵子 


                       mp900407566_convert_20151222025142.jpg
                                      from dog training the blessing of animal companions


            は、冬季、北陸や東北の日本海側で、大気がになるために起る雷雨。


                                             ふろしき11

                縺オ繧阪@縺搾シ托シ農convert_20151222193126             
                                        

              を持つ人が少なくなった。

                                ときたま、デパートで不意の買い物をあれこれした時など、

                             ふろしきが役に立つ。

                        取り出して包みはじめると、若い店員さんが、あわてて紙袋をくれたりする。

                  それを制すると、珍し気にをのぞきこむ。

                                                    「ふろしき」 増田れい子

                        鬚ィ蜻よ聞・狙convert_20151225223144

                                 
                                      もうずっと昔・・・。

                                買い物先でふろしきを取り出すと、

                           入れずに受け取って、
            
                      と結んでくれるひとがいた。

                 上手なひとのは、結び目がで、そのうえ、ほどけにくかった。


                                      hoso-13a-take.jpg


                        縺オ繧阪@縺搾シ托シ廟convert_20151222193149


             包みがほどかれるのを、

                  かたずをのんで見つめた頃があった。

                      とりわけ、母がに出て買い物をして帰った夕方は、

                  いったい何が現れるか。


                         縺オ繧阪@縺搾シ誉convert_20151222015615


                  のセルロイドの筆箱は、あるか。

                                   ゴムまりは。別珍の足袋は。

                           はゆっくりと包みをほどいた。


             ふろしき8

                                             ふろしき6


                          いま思い出すと、母は自分のものを買わなかった。

                  たまに、白い人絹のがひとかけ混ざる程度だった。


                                         ふろしき9

                          風呂敷2

                 
              客が来て、かかえてきた包みがほどかれるのを、

                 でのぞくのも、わくわくしたものだった。

                   菓子折りのことが多かった。


                          ふろしき3

                                      ふろしき5


                     ふろしき1
                                                                 

                   もなか、カステラ、栗まんじゅう。

                       時には、赤飯やのこともあった。

                                                ふろしき2 


                                    ある時は、長い耳をしたまで包まれてきた。
                                                                                                            
                   ふろしき包みはを運んでくれる、すばらしいであった。
                                                                 「ふろしき」
             

                                         16ふろしき                             
                                                                                      
 
                        自分のものは買わない・・・・作者増田れい子さんのお母さんは。  

               長編小説 『のない川』を書き継ぎ、人間のを社会へ問い続けた作家です。


                                           Sue_Sumii_01.jpg
                                                住井すゑ

                           は日常の小さな品ですが、としての彼女のあたたかい広がりは、

                             あらゆるたちの存在をみ込んでくれるようです。

                             社会性とはきなテーマを声高に叫ぶことばかりではなく、

                                 一枚の切実なにも包まれているものでしょう。
                                                                          カロ        


                                    IMG_0004_convert_20151222024311.jpg

                              結婚する時に作ってもらった。150センチ四方。
                                          使わないのでたたみ皴くっきり。大事です。

                                            
           ふろしき13


                          みなさん、よい御年を・・・・。いつも。   カロ                  

 
                                              img_wrap05_comp.jpg
                 
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS