歳時記 

                   saison de karo 



                                 算術のしのび泣けり夏   西東三鬼


                            螳ソ鬘鯉シ托シ狙convert_20150821002223



                    夏休みの日は、

                    電車通りにある善光寺さまの縁日にあたっていた。

                    父は留守で、僕は母と見物に出かけた。

                    境内には夜店が行列していた。


                                 縁日1


                    鈴のついたオマモリ袋や、新発明のダイコンおろし器はつまらなかったが、

                    ブリキ製のシャープペンシルに気をひかれた。

               
         宿題3


                                      縁日2                                          
                                      

                    のシンが普通の文具店で売っているのとは違った仕掛けで出てくる。

                    いつまでも見ようとする僕を母は引っ張ったが、

                    あきらめにくかった。


                                     螳ソ鬘鯉シ論convert_20150821011749


                    「あんなのがあるとをぬるとき便利なんだがなあ。」

                    効果はあった。

                    しかし、母はまだ手をフトコロの財布までもって行くのをためらっていた。

                    「宿になってるんだよ。」

                    母は僕を見た。もう少しだ。

                    「ウンと出てるんだ。夏休みの宿がこんなにあるんだ。」

                                                            安岡章太郎 『宿題』


                                         宿題12



              宿題6


                                                 宿題2

                    七月二十一日の日付けから真っ白のままの宿題帳を見て、

                    はじめて母はとした。

                    しかも、そのあとから九冊も白紙の帳面が出てくるので、

                    いっぺんに観に取りつかれた。

                    き出した母を見て、僕はどうしていいかわからなかった。


                           宿題4     
                                                             

                             「お前もになさい。あたしもぬから。」

                             しかし、母は、管を持ってこいと云ったくせに、

                             僕が台所へそれを取りに行こうとすると、

                             いきなり僕を引きずって机の前につきすわらせ、

                             自分もを持って帳面にしがみついた。


                                                  宿題5


                     宿題1



                            腕が重い棒みたいになって指からがころがり落ちそうになるころ、

                       僕は宿題のやり方がだんだんわかってきた。

                            算術は答えだけ書くことにした。

                       ツルカメ算は、問題を読まないでも、十匹、三匹と書けば、それですんだ。

                  僕がはやさで片づけはじめると、

                            母は競争心を感じた。

   
                                         宿題13


                    「ノ主ナル海産物ヲ挙ゲヨ・・・。」と云う問いにぶつかって、

                            かんしゃくを起こしながら、 「コンブ、まぐろ、かつお・・。」などと、

                        きな字で書きはじめるのだった。
                                  


                              螳ソ鬘鯉シ托シ農convert_20150821034638



                                        宿題が終わったのは七時で、

                             あんまり早くできすぎてもな答案が気になるところだった。

                                                               『宿題』



               宿題10

                         
                                                   宿題1

                       
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS