Chat du mois   の猫

                                 Chat août  
           


                     短夜や猫のに目覚めおり  佐川義成


                                         imagesNW330F0H.jpg


                縺ュ縺薙>縺ウ縺搾シ托シ托シ狙convert_20150730235537
                                     


            庭は漆のような闇にかえっていた。

            は再び寝床へはいったが、やはり具合よく寝付かれない。

            ふと幸子は、だれかが微かないびきをかいているのに気付いて、

            なおよく耳を澄ますと、それはであるらしかった。


                                                          谷崎潤一郎 

                                       
                   sun996 - コピー



            彼女はその細い、仄かないびきを、

                       こんなにも可愛いいびきがあろうかと、
 
                                  感心しながら聞いていたが、

                                      その時寝ていると思ったが、

                               「ちゃん、起きてるのん?」と、静かに寝姿を崩さずに云った。
                         
                         「ふん、・・・・あたし、ちょっとも寝られへんねんわ。」

                                  「うちかて、寝られへん。」

                  「、さっきから起きてたのん?」

                     
                                                ねこいびき7


                             「ふん、・・・うち、場所が変わると寝られへん。」
             
            「ちゃんはよう寝てるわな。いびきかいてるわ。」


                                                      ねこいびき6


               ねこいびき11


                          縺ュ縺薙>縺ウ縺搾シ胆convert_20150731001411
                          
                                     

            「ちゃんのいびき、のいびきみたいやわ。」

                         「ほんに、うちのがあんないびきかくわな。」
      
                                   「のんきやわ。明日見合いや云うのんに・・・。」


                                       ねこいびき9



            「ちゃんみたいに、何遍もしてたら、見合いも平気になるもんかしらん。」

                                                                        『』                                                                                             
                                     20150730235657ef2_convert_20150801042754.jpg                                 
              

                          谷崎潤一郎の長編小説『』は、

                       大阪の旧家の令嬢、雪子が数年にわたって繰り返す「お見合い」をひたすら追った物語。

                  戦前、古い家のこと、雪子姉さんの後でなければ、

               妹の妙子は、と結婚できません。

                        姉の幸子(谷崎の妻がモデル)も、

                                 ふたりの妹の行き先を思っては眠れない夜を過ごしますが・・・。

                         当の雪子はいびきをかいて


                                                  ねこいびき1 - コピー


                                        ねこいびき5               

                        
                                           ・代・縺薙>縺ウ縺浩convert_20150730231442


              、遠縁の素封家まで出向いていった今回のお見合いも、

                   あえなくご縁のないことになってしまうのでした。・・・ザンネン。                    
                                                                カロ


                                                ねこいびき10

                                                                                                                       
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS