歳時記
                       saison de karo 

                                                                   
 
                               変らざるもの何ならん薫る   小串輝子


                          逋ス闖奇シ点convert_20150909164806

                                                     
                           
             明治十九年十一月三日のであった。

                       当時十七歳だった ・・・家の令嬢明子は、父親と一緒に、鹿の階段を上っていった。 
                                      

            明るい瓦斯の光に照らされた、幅の広い階段の両側には、

                     大輪のの花が、三重の垣を作っていた。

                           菊は、うす、濃い色、一番前のが真っな花びらを流しているのであった。                      
                                
                階段の上の舞踏室からは、もう陽気な管弦楽の音が聞こえてきた。

                                明子が正式な舞踏会に臨むのは、がはじめてであった。

                                                               芥川龍之介  『舞踏会』


                                  白菊1
            

 
                 舞踏室の中にも、いたるところにの花が美しく咲き乱れていた。  

                       見知らぬ仏蘭西の海軍が、何処からか静かに歩み寄ってきた。

                                    そして丁寧に会釈をした。                         

                       「いっしょにってはくださいませんか。」・・・

                       明子は、その将校と、「美しく青きダニュウブ」のワルツを踊った。

                       の日に焼けた、眼鼻立ちのあざやかな、濃い口髭のある男であった。

                             明子は既に仏蘭西語とダンスの教育を受けていた。

                                                         


                                           b0036764_21195697.jpg

         
                      「もっと続けて踊りましょうか?」

                            「ノン、メルシ。」 明子は息をはずませて答えた。

             仏蘭西の海軍将校は、明子と食卓のひとつへ行って、一緒にアイスクリームのをとった。

                        いビロウドの衣装を着けたドイツ人らしい若い女が傍を通った時、

                                   明子はこう云った。


                  d0057463_2258377_convert_20150802015816.jpg


                                  
                                  「西の女の方はほんとうに御美しうございますこと。」

             海軍将校は、この言葉を聞くと、思いの外真面目に首を振った。


                                                     geisha_m.jpg


                   「の女の方も美しいです。殊にあなたなぞは・・・。

                       その儘すぐにの舞踏会へも出られます。

                   そうしたら皆が驚くでしょう。 ワツトオのの中の御姫様のようですから。」


                             1961176.jpg



                    c31b6fcd_convert_20150630050150.jpg
                                                          

                            明子は、ワツトオを知らなかった。・・・・・

                         「わたくしも巴里の舞踏会へ行ってみとうございますわ。」

                     「舞踏会はみんな同じです。巴里ももここも・・・。」

      
                                      photo24_convert_20150909160857.jpg

                              
                                                      白菊8
                                                                                 

                           その時、明子と海軍将校とは云い合わせたように話を止めて、
 
                              の針葉樹を圧している夜空の方へ眼をやった。

                           其処には、丁度の花火が、蜘蛛手に闇を引きながら、

                               将にえようとする所であった。
                     
                                                              20150713130503a72_convert_20150909183158.jpg

                                                                                    
                    仏蘭西の将校は、明子にを貸した儘、庭園の上の星月夜へ黙然と眼を注いでいた。

                         「御国の事を思つていらっしやるのでしょう。」

                            すると海軍将校はあいかはらずを含んだ眼で、

                                 かに明子の方へ降り返った。

                                  そうして、のように首を振ってみせた。

                             「でも、何か考えていらっしゃるようでございますわ。」

                        「何だか当てて御覧なさい。」



                            morisot_ball00_convert_20150802005014.jpg

                          
             「私はの事を考えていたのです。

                            我々のvieヴィのような花火の事を・・・。」


                         花火2



                           大正七年の秋であった。

                  明子は一面識のある小説家と、

                             偶然汽車の中で一緒になった。


                                     白菊9


                 青年はその時網棚の上に、知人へ贈るべき菊の花束を載せておいた。

                          すると、当年の明子、今のH夫人は、

                     の花を見る度に思い出す話があると云って、

                   詳しく彼に、鹿の舞踏会の思い出を話して聞かせた。              


                         話が終った時、青年は何気なく、夫人にこう質問した。

                              「はその仏蘭西の海軍将校のをご存知ではございませんか。」

                        夫人は思いがけないをした。

                           「存じておりますとも。Julian Viaud と仰る方でございました。」

                        「では、Loti だったのですね。

                    あの『お夫人』を書いたピエル・ロティだったのでございますね。」

                      青年は愉快なを感じていた。

                  H夫人は、そうに青年の顔を見ながら、

                      何度もこうつぶやくばかりであった。

                           「、ロティと仰るかたではございませんよ。

                                 ジュリアン・ヴィオと仰る方でございますよ・・・。」
               

                                                           『舞踏会』


                                         闃ア轣ォ・狙convert_20150703045525
                                                                  
          
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS