歳時記

              saison de karo 


                            に耳なし芳一が来たよ 寺井谷子


                            縺ウ繧擾シ狙convert_20160729142427
                           
      
                      あるのことであった。

                         芳一は寝間の前の縁先へ出てにあたっていた。

                            か庭を通り抜けてやってくる者がある。

                               足音は芳一のいるすぐそばまで来て、ぴたりと止まった。

                                                    ラフカディオ・ハーン 『なし芳一の話』


                                         20150626230607e10_convert_20150703045912.jpg


                      螟暮。費シ托シ農convert_20150627000958


                      

                      芳一はぎょっとしたあまり、しばらく返事をしかねていた。すると、

                      はもう一度、命じるような調子で呼ぶのである。

                      芳一。

                      はい。わたくしは目の見えぬものでございます。

                       どなたがお呼びくださいますやら、一向に解りませんが・・・。


                                       夕顔12
                                                    Imperial Household Agency


                      わしの主人はさるやんごとなきお方でいらっしゃるが、

                          かねがねおぬしは合戦もののが上手と聞き及んで、

                             一つそれを聴いてみたいとのご所望なのじゃ。

                                おぬし、これからわしと一緒に、

                             そこなるを携えて

                          高貴がたのお待ちあそばしている館まですぐと来るがいい。


                                螟暮。費シ托シ点convert_20150626234532
                            

                                               夕顔7


                       侍らしい男にを引かれていると、身につけたがこうこうと鳴るのが聞こえた。

                          しばらく行くと、ふたりはどこかきな門の前にでた。

                               やがて大きな広間のまんなかへ案内された。

                                      衣ずれのがまるでの木の葉のさやめきのようである。  


                                              縺イ縺ェ・点convert_20160222183320
                       

                 kizokuzyoseihuku3.jpg                 

                               女のがした。

                                       ただいまこれよりその琵琶に合わせて、
                                       
                                                物語を語ってきかせよとの

                                                             ご所望でございます。
                            夕顔15
                                                                                             
                                  平家はなかなかもちまして全曲を語り切れるものではございませぬ。

                              お上にはいずれの段を語れよとのご所望でござりましょう。

                       壇ノ浦のの段をお語りあそばせ・・・。

                            
          夕顔10

                     
                           芳一は琵琶を取り上げて、激しいの歌を語った。

                                ひょうと鳴る風、軍勢のおたけび、兜にあたるの音・・・。

                           感嘆のあまり、あたりはを打ったようにしんと静まり返っている。


                                   夕顔5


                        やがて平家一門の女子供の憐れな

                            御幼帝を抱き奉った二位の局ののありさまを語りだした時、

                        聴く者は長いながい苦悶の声を発して、

                            果ては激しい慟哭の声をあげて、

                        深くき悲しみだした。


 夕顔3

 
                                            夕顔6


                  やがてその声はしだいに消えるともなく消え去って、

                               ふたたびもとの深いけさにかえった。
                     
                                                               『耳なし芳一の話』

                              夕顔4
      

                                           夕顔2

                       縺ウ繧柔convert_20160729142108
                       
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS