歳時記  
                     saison de karo 

             
                                  うろたえて少女の夏のかな 高澤晶子

                             DSCF8388-1.jpg


                                    0810-3sakume-6.jpg
                          
                                                                                                                   

                       は、テーブルの上に置いてあったを手にとりました。

                                           は妹のものでした。


                                            itaku_ohtsu_kizi.jpg
                           

                    近頃、母親から買ってもらったものです。

                 それをテーブルの上に置いたまま、妹は外出したようです。

                ここは、になると観光客が多く訪れる保養地です。

                                                        『げる少女』
                                                               ―コルタサルをまねて


                                             oe-04_s.jpg
                                     
                                                                     
             迥ャ・兩convert_20150622025649

                                                                                                                       
                             
                           二階の少年の部屋は、そんなに広くないけれど、

                            が見渡せる大きな窓があり、

                              とても気分が爽やかになる、めのよい場所です。

                               ですが、いまはを見るために、ベッドにうつぶせになりました。


                                         blog_import_504c918be6d46_convert_20150622190600.jpg                          

                          sgf01a201404010100.jpg
                   
             のなかでは、少女が野犬に追いかけられています。

               逃れようと、必死に砂浜をけています。
                                                                             
                    い服を着た少女に、五匹の野犬がみつこうとして、迫っています。
                                                              
                                        
                                                        迥ャ・農convert_20150622024312                       


              2_19.jpg

                        

                                           迥ャ・廟convert_20150622023443
                                        
                  
                  のぺージをめくると、

                                 恐怖にひきつった少女の顔が描かれていました。


                      Egon_Schiele-Sitzendes_Madchen-1911 (2)


                                           6b4e9c8d-e1421848088250_convert_20150622032305.jpg

                           
               そのぺージは、恐ろしい形相の野犬の姿でした。                              

                        のページでも、少女がげています。

                                         sgf01a201403241800.jpg

                                           野犬は追いついていません。


                  迥ャ・胆convert_20150628000323


                                   おかしいな、と少年は思いました。

                                      砂浜をげるのだったら、そんなに速く走れないはずだし、

                                          スピードをだす野犬がすぐ距離をめるだろうに?

 
                                      キリコ


                    これは映画やテレビドラマでよくある手口だな。

                         主人公は危機に襲われるけれど、して命を落とすことはない。

                               観客をさせておいて、ドラマのわりまでひきつけておく・・・。

                                      結局は助かるという筋書きなのさ。


                                     7693_convert_20150630004025.jpg
                                                                                

                              い服なんか着るから、犬が興奮するんだ。


             20150120024043.jpg  
                   
                                                  
                             ・・・人気のない砂浜をげつづけた少女は、

                               やっと家が数軒かたまって建っている辺りへやってきました。

                                             風林が目にはいりました。


                                      500_13165696.jpg
                                                      

                          
                      あの防風林を抜けたら、どこかの家に飛びこもう。

                大人を呼んで、恐ろしい野犬をい払ってもらおう。

                        20150401002222f35_convert_20150622191221.jpg

            
                     少女は、まっさきに眼についた家へ向かいました。

                               幸いなことにドアにがかかっていませんでした。


                                     繝峨い_convert_20150630000917


                                き出しそうになりながら、飛びこみます。

                         二階へつづくがあります。

                  少女はバタバタと音をたてて駆けのぼりました。

           のぼりきったところにドアがありました。ドアは半分いています。


                           imgrc0067608534_convert_20150622192358.jpg
                                      

            少年は物音に驚いて、もうべッドから起きあがり、傍らに立っていました。        

                  突然現われたい服の少女に、をまんまるに見張りました。

              その瞬間、ドヤドヤと階段を踏み荒らす音が家いっぱい鳴り響いたかと思うと、

           野犬の群れが部屋のなかへびこんできました。

                                                       『げる少女』  「左庭」30号


                 breaking-wave-10811278206941T7F7_convert_20150628212807.jpg


                                ootueibiomoide(l)_convert_20150628051006.jpg       
                                                                                                                                                    
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS