カロ歳時記 
                    saison de karo 112


                                    美しき夢見てゐしが落椿 今瀬剛一


                         つばき2

                                               椿0
                                                         

                                           

                       女子八百米リレー。

                     彼
は第三コーナーでぽとりと倒れた。


                                    

 
                                                 北川冬彦   『椿


                                            つばき002

                                          
                                           つばき6



                                 椿5

                                               
                  つばき00
                                                                                                          

                  マルグリットの陽気さ、その話しぶりも飲みっぷりも

                     発熱や精神の苛立ちを忘れたいという欲求からきているように思われるのです。

                        彼女がを一杯飲み干すたびに、

                          は熱っぽくみを帯び、

                     夜食のはじめのころは軽かった咳も、やがてしくなり、

                 咳をするたびに、椅子の背に頭をのけぞらせ、

             両手で胸を押えねばならなくなってきました。

                彼女は真っ赤になり、で口もとを押さえましたが、

                    そのナプキンはの血で赤く染まっていました。



                                                デュマ 『椿


                                        つばき000



                                            椿4



                                      サラ_~1
                                                 

                        つばき0000
               

                      が灯され、ソファの上で、彼女は片方の手でを押さえ、

                            もう片方はだらりと垂らしていました。


                              椿3


                     ぼくは傍に坐って投げ出された方の手をとりました。

                     「ねえ、これじゃんでしまいますよ。

                      どうか、からだを大事にしてください。」


                         椿0


                 「からだなんか大事にしていたら、それこそんでしまうわよ。

                  あたしのえは、こんなかれた生活なの。

                  それに、からだを大事にするなんて、

                  ちゃんとした家族のいるさんたちに言うことよ。

                  あたしのような女は、

                  男たちのの役にたたなくなったら最後、

                  それきりでてられてしまうの・・・。」

                                                               『椿』              

                                            つばき4


       
            庭を掃除してたってね。 

               ほんとにと、うまく葉がちる時があるのね。

                   だってそうですよ。

                       椿のって、ぽとっぽとっと落ちるんですよ。

                         下掃いててね。汚く落ちてていやだなあと思って、

                お客さんは何時に来るし、なんて思って、掃いているのね。     
 
              お客の来た時に、ほんとにうまくぽとっとっこちていたりなんかするの。

                             しめたっと思っちゃうのね。

                                                   幸田文 『


                                           つばき3



                        そりゃ、い椿なんか、ひとつぽとんと落っこちていると、

                               なんだか、わざとしたみたいで。

                                                          『


                                                      つばき03


                                                                       
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS