Chat du mois  今月の
 
                     Chat avril 四月の

            
                              猫すてるべき月待ちにけり 保坂敏子


                              おぼろ5


                    081011_01cat.jpg




                     images2PT9KFB2.jpg
                                                                                     

                        向こうに大きながある。

                            ・・・の前に坐ってどうしたらよかろうと考えてみた。


                                                 不忍池


                                     わがはい5


                                誰も来ない。そのうちの上をさらさらとが渡って暮れかかる。

 
                                    07120505.jpg

                                                  わがはい4


                             腹が非常に減ってきた。

                                   きたくても声がでない。

 
                                       1わがはい

                          何でもよいから食い物のある所まで歩こうとをして、

                                           そろりそろりとを左に廻り始めた。
                                                      
                                      わがはい1  

                                                    img4c25ef35zik7zj.jpg                                   
 

                       竹垣の崩れたから、ある邸内にもぐりこんだ。                                          

                                   とにかくるくてあたたかそうな方へ方へと歩いてゆく。


                                                       20081128191814.jpg 

                         imagesKJBMTN5G.jpg
                                                       
                           
               第一に逢ったのがである。

                          ・・・いきなり首筋をつかんで表へ抛りだされた。


                                      ねこおさん
                                                                         

                      しかし、ひもじいのといのにはどうしても我慢ができん。

                         再び台所へい上がった。

                            すると間もなくまたげ出された。


                            わがはい8


                      
                          げ出されてはい上がり、い上がってはげ出され、

                                  何でも同じことを四、五遍繰り返したのを記憶している。


            
                                     11022896_1593652577572453_2032340182_n.jpg

                             

                                            おぼろ1


                      につまみ出されようとしたときに、

                             この家のが騒々しい何だと言いながら出て来た。



                                     おぼろ0

                   おさんは吾輩をぶら下げて主人の方へ向けて、

                      この宿なしのがいくら出してもお台所へ上がってきて困りますと言う。


                                            20100918101103.jpg
                                        
                                   
                          は鼻の下の黒い毛をねじりながら吾輩の顔をしばらく眺めておったが、

                      やがて、そんなら家へ置いてやれといったままへ入ってしまった。

                         はあまり口をきかぬ人と見た。


                                            夏目漱石  『吾輩はである』

                                                                     
                                おぼろ3

                              
                      てる神あればう神ありニャン   ねこ

                                                    yjimageCA2AZBY0.jpg

                                       
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS