松下カロ

                              Ⅲ   


                    柄を見てゐる湯冷めかな  岡田由季


     
                    ペイズリ―1



              「の跳梁する時もあれば、の擡頭する時もある。

              ジャン・コクトーは、神戸の埠頭で、

              日本のが、きわめて無造作に、地上に完全なを描くのをみて感動した。・・・」

                                                                花田清輝


                                   眉0


                      の第一句集『』を読む時、


                    手の届く範囲に蟻地獄       由季   
                   
                    満月にとある注意書


                                                      ペイズリ―7



                 神戸のコクトーのように、我々は、詠者が「な円を描く」であることに魅了される。

             飛躍とバランス。さりげないが明晰な語り口。の句は秀逸なである。

       しかし、それはキュートなカーヴを描くでもある。つまり彼女の句はでありでもあるのだが、

                        このことに何のもない。


                              ペイズリ―3


         
         「はむしろの中のきわめて特殊な場合、その短径と長径が等しい場合に過ぎない・・・。」

                                                    花田清輝



                           ペイズリ―11



                  とは幾多のから選抜された一個なのだから。

                 
                                   楕円3



             それでは単なるであるのかと言えば、句は飽くまでも「である」だ。

                 何故なら彼女の言葉にも(と同様に)二つの焦点、

                    さらに言えば多様な群が存在するからである。
 


                                      ペイズリ―12

                                   


              「は、焦点の位置次第で、無限にに近付くこともできれば、に近付くこともできようが、 

             その形がいかに変化しようとも、依然としてである限り、

             それは、めながらり、きながらい、いながらずることを意味する。」

                                                           花田清輝



                              ペイズリ―0



                という形の柔軟で背反的な在り方、αであってαでなく、βであってβでなく、

                  αでもβでもあるという性格は、由季句の特質でもある。


                                   ペイズリ―2


                   百号の絵にせの影映る      由季

                   家持たぬリカちゃんひなたぼこ 


                      リカ
  

             いようでい。いがるい。いていながられている。

              中でも重要なのは「えるもの」と「えぬもの」二点の共現である。

                                それは、作品においてが一致していることを意味する。


                    の小壜のありし朝寝かな     由季 



                                      ペイズリ―9



                 に不可視を忍ばせない。

                         むしろ思い切りよくてている。

                  は決して完璧な(選ばれたとしての)を描こうとしない。

                   そのものを引くしみを知っているからである。

         由季句がにもにもなれるのは、彼女が可視のも不可視のも企むことをせず、

                        言語に対してであり続けるからだ。


                                ペイズリ―6



                  柄を見てゐる湯冷めかな    由季

                  生まれてきたるクリスマス


                                眉1



              は目に見える事物で満ちている。

            だが、実景が生むは、読者の層に、ふとしたのような非在めく幻象を描き出す。

          が重なる一瞬、日常が日常でありながら、そのまま日常であることをさせる。


                    猫の毛の一本し夜の雪         由季



                                               ペイズリ―000


                                                 ペイズリ―8



                ある、対照し合う定点の間では揺れ、
                
                      我々には「見えないか」が見える。

                            その時、はもうしいを描き始めている。

                      
                                           ペイズリ―5

                            

                                                  2014年 「」11月1日 号
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS