歳時記

              saison de karo 115



                                   午後の雨雄雌不明の  大畑蛍魚


                               カナリヤ11


              私は私のうちの廊下に一ぴきのがまぎれ込んでいるのを発見した。

                  はその可憐な嘴で廊下の板の割れ目をほじくって微細な餌をあさったり、

                      首をあげ喉をふくらましてさえずったりした。



                                           カナリヤ4




                      どこかのが逃げてきたものに違いあるまい。

                      上等の細で、価格三円五十銭内外と私は鑑定した。

                      ! 捕らえて私のうちで飼ってやろう・・・・。

                                                     井伏鱒二 『細


                                            カナリヤ5


                    カナリヤ


             
                         私は自分の体を通過さすことができるだけの広さに硝子戸を開け、廊下に入った。

                         の狼狽は想像するだにあまりある。

                         彼はもはや、を広げることをあきらめて、硝子戸の桟に細い脚でしがみついた。

                         私が両手を近づけても、彼は動こうとしなかったのである。



                                         
                                               カナリヤ12

                                       絵になります。


                                                                 カナリヤ1                                   
           
             これで私は完全に彼を捕虜にしたのである。

             私は価格三円五十銭の細を只もうけしたというべきであろう。


                                   カナリヤ7           


                  私のうちにはがないのである。

                    隣家の本望達太郎氏のところには上等の鳥籠がある。

                      私に鳥籠を買うことのできるまで、

                        或は私の所有になったの買い手がみつかるまで、

                     本望達太郎氏の鳥籠に私のをあずかっていていただきたい。



                                       カナリヤ2

                             

             私は下駄をはき帽子をかぶって、

             本望孝太郎氏のうちへを持っていった。



                                    カナリヤ8


                 けれども、達太郎氏夫人は物事をする性質のひとであった。


                     彼女は私の訪問の趣旨を聞きとるより前に、

                 私の両の掌の中にいるに気がついて、

                    彼女はうれしまぎれに次のごとく言ったのである。

                「、すみませんでしたこと。

                    ほんとにありがとうございました。

                 でもよく見つかりましたわね。」


                                               カナリヤ2



                             私は自分にをおしかくして言った。

                               「お宅のと似ていましたから、

                                 僕は裸足で飛び出してつかまえました。」・・・・・・


                                                                   『細


                                     カナリヤ3
                                                                                              

                 
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS