カロ歳時記 

            saison de karo 101


                          夏休み少年の傍少女ゐず    岩月通子



     
                   ダイニングキッチンから白いペンキを塗ったテラスが見え、

                   その向こうには、々やを含んだ草の斜面にが広がっていた。

                   九時半だった。


                                                                                                                 夏休み1




                        夏休み3


  
               龍一は買ったばかりのBVDの白い下着とパジャマのズボン姿で冷蔵庫をあけた。

                                   はひんやりとして十九の皮膚がひきしまる。



                          夏休み5



                夏休み7



                   コーンフレークと牛乳と果物の缶詰を二種類だす。

                     野菜入れをあけるともあった。

                      も欲しいところだが、あいにく切らしていた。

                                                佐藤泰志 『しずかな


                                            夏休み6




          首都をするとき、後部座席にの全集を五冊積んできた。

                        あとはパジャマとわずかな着替えと水着だけだ。

                     三日ほど前、親とふたりの三人連れが、タクシーでやって来た別荘が、

                              五十メートルほど下の斜面に建っている。


                                                 螟丈シ代∩・撰シ撰シ神convert_20140714172434



              ゆうべ、母親の眼を盗んでやってきたあのは、彼よりひとつ上だった。

                                    龍一は風呂上がりで、パジャマに着替えたところだった。

                                   玄関のドアをする音がしたので、

                            あけてみるとシャツにジーンズの彼女がんで立っていた。


                  おそくなったわ。さっき母と妹がやっとにはいったの。


                    でもする?

                      それよりを消してくれないかしら。



                        螟丈シ代∩・論convert_20140713192405
                                    


                           全くな女の子だ。


                    あの下の別荘で、彼女はまだりをむさぼっているかもしれない。


             タウン誌に目をやり、今日はどうを過ごそうかと考えた。

                  産業道路沿いに出来た店の紹介、彼にとっては珍しくもない。

                たいがいの場所は行った。行ってないのは、この狭い別荘地の上にあるだけだ。


            僕の頭上にあるのはそれだ、と考えるとなんだかひどくだ。


                                  螟丈シ代∩・神convert_20140713220629


               そう言えば、はあそこに墓をひとつ買ってあるはずだ。

                 この町はだ。

                   い頃、炭鉱の事務の仕事に見切りをつけて、

                      首都に出て不動産業で成功した。そうして、に墓と別荘を買った。


                        まるで、自分の会社に勤めていた女子社員を、のかわりに手にいれたようにだ。


                    去年両親はあっさり離婚した。


                は父が残したこのちっぽけな別荘を売りにだしている。 


                      夏休み02
 



                                   夏休み1



                に腰かけ、テラスの手すりに足をのせる。

                   光は次第に柔かみをまし、にはうってつけだ。

                はもう三冊読んだ。

                  あと二冊読み終える頃にはが人でいっぱいになる。



                               夏休み2


                  六十三ページをひらく。

               ひとりのをぼくはへ連れていった。

                   しかし、驚くほどの、特にしいことは何も起こらなかった、という文章から読み始める。

              撲はだ。あわてることはない。驚くほどのことは何も起こらない。

             の彼女のことだって、のことだって。


                        img_9_convert_20140713160924.jpg


                ひとりでいてしくない?

                ちかく、うとうとしかけた龍一に彼女はそうたずねた。

                 そういうことは感じないたちなんだ。

                    こういうのはどお? 首都に帰ってもお互いにわないの。

                    それで、またここで、こうして会うのよ。

               だよ。いい考えだ。


                                                 夏休み00


                     八十二ページの九章目まで読んで本をじた。

 
                      君もに来いよ。人目がないんだ。

                      には何も隠してはならないんだ。

                                           そこまでだ。続きは


                                youngman6.jpg



              彼女はも、斜面をこっそりのぼって来る。

                     ぼくはを読み終わる。・・・・

                だしぬけに、読んだばかりの小説の一節が浮かんだ。


                  君もに来いよには何も隠してはならないんだ。


             ほんの、彼は自分が他人を省みないでも平気でいられるのひとりのような気がした。

                                                           佐藤泰志 『しずかな
                 



           
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS