カロ歳時記

        saison de karo 100



                    竹林を揚羽はこともなく抜ける    宗田安正


                竹林1


                   竹林0
                 


                                            竹林11



                「喜助はん、あんたはん、あれ知っといやすか。」

                玉枝は床の間の横に置いてある箱を指さした。

                「どすねやわ。おさんがおつくりやしたもんどっせ。

                おさんが、うちにおくれやしたどっせ。」

                喜助のガラス箱をみている目が釘付けになった。

                「・・・もう十年になりますかいなあ、喜助はん、あんたはんはまださいころやった。

                おさんはうちを可愛がってくれはったんどっせ。

                あのおさんをわざわざつくっとくれやしたんどすがな。」

                                                          水上勉  『越前竹人形』


                           竹林6



                喜助はガラス箱のふたを開けた。

                一尺くらいもありそうなそのを手にとってみた。

                見事な細工と言えた。
 
                江戸時代のであろうか。

                うしろへ髷をつきだしたような髪型に、蒔絵の木櫛、衣服は帷子を模したものである。

                鹿子や柄地がの皮の模様によってつくられている。

                前で結んだ大きなも、すべての皮でつくられてあった。




                   竹林5

                                         

                「おさんがな、うちにくれるちゅうて、わざわざここまでもってきてくれはりましたんえ。」

                       喜助は、のどの部分にもの精根がこめられているような気がしてがつまった。



                            竹林8



                   山裾のの梢にさみどりのが吹き出している一日のことである。
                                    
                    小屋にこもっての糸鋸をいっしんに使っている喜助の耳へ、人の訪れる気配がした。
                         
                          「ごめんやす。」

                             喜助は膝がしらの塵を払って、急いで戸を開けに立った。

                         戸口に玉枝が立っていた。


                                            竹林13




                         ・・・・・・母屋の座敷に通すと、縁先の戸を開けた。

                         仏壇にをともした。


                             竹林4


                         「喜助さん、こっちのお位牌はおさんのどすか。」

                         「へえ、そうどす、おはんどすねや。」

                         「このおさんのお顔おぼえておいやすか。」

                         「知りまへん。三つの時に死なはったんやさかい・・・。」

                         玉枝はん、あんたはおはんどないしやはりましたんや。」

                         「・・・もう死なはりましたんえ。」

                         「おさんは。」

                         「知りまへん。・・・あてはおさんの顔を知らしまへんのえ・・・。」



                           竹林15



                          玉枝は喜助の出した茶を飲んでから、母屋を出た。

                          の藪をくぐって、丘の上の喜左衛門の墓に詣でた。



                                 竹林10

                                                 

                          
                          墓前にはの筒に深紅の椿の花が活けてある。

                      「きれいなどすなあ。」

                      「お父つぁんが好きどしたんや。藪のはしに四、五本ぱらぱらに植わってますのんやけんど、

                      こんどここに植えかえよう思うてます。」

                      なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・・

                      玉枝はいつまでもそうしてつぶやいていた。


                                               竹林9

                           


                          「こんどは、お父さんのお好きやった椿の木ィを

                          植えかえはるのんのお手伝いにきますわな。かましまへんか。」

                          喜助は嬉しくなった。

                          椿の木を植えかえるのは明けの頃である。

                          「明けの頃に植えかえますのや。そんなら、

                          玉枝さんは、またその頃に来とくれやすか。」

                          「きっとよせてもらいます。」                                                                                           
                                                          水上勉 『越前竹人形』


                   竹林12


                                                   竹林7
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS