歳時記

               saison de karo 119


                                   は死者にみじかし柿の花    藺草慶子 

                     100 2
                                 
                                                  

                                                                                                          
               「の花が好きなひとは、に死ぬっていうけれども、本当かしら。」

                      今日もおさまは、私の畑仕事をじっと見ていらして、ふいとそんな事をおっしゃった。

                                                      太宰治 『


              私はっておナスに水をやっていた。 


                                         sironasu1.jpg

                                             

                                                                                                100 2  

                                                       

            100 9
                                                                           

                       間もない頃、没落貴族の母娘、「お母様」と「私」は、伊豆の山荘で

                                             ままごとのような生活を営んでいる。
                                  
                                       滅びゆく階級を負ったの会話・・・。  


                                                 2694_1.jpg
                                                             

                201406281716436cb_convert_20150406165429.jpg                                       
 
                       

                                                 
                    「私はの花が好きなんだけれども、ここのお庭には、一本もないのね。」
           
                           おさまは、また、しずかにおっしゃる。

                                                    
                                 縺ュ縺薙€€縺九¥繧契convert_20150406171646   

                                                      

                          「が、たくさんあるじゃないの。」

                            私は、わざと、つっけんどんな口調で言った。

                         「あれは、きらいなの。の花は、たいてい好きだけど、あれは、おきゃんすぎて。」


                             100 6

                                           
                                         

                                    img_13 (2)

                                       

                         「私ならがいいな。だけど、あれは四季咲きだから、

                 薔薇の好きなひとは、
                         
                      に死んで、に死んで、に死んで、に死んで、

                                       四度も死に直さなければいけないの?」

                             二人、った。
                                                      
                          ・托シ撰シ舌€€・托シ狙convert_20140628214641 
                                                              

                        「ちょっと休まない? したいことがあるの・・・・。

                           叔父さまからおたよりがあってね。・・・・・

                      ・・・もう、私たちのお金がなんにもなくなってしまったんだって。」

     「貧乏になって、お金がなくなったら、私たちのを売ったらいいじゃないの。

                        このおも売ってしまったらいいじゃないの。」   
                                                        
                                                              『


                                                
                                         imagesTJJOHSAK.jpg

                              

                                   帽子1   
                                                        
                                             
                                                      imagesQF6QCFR4.jpg

                                                            の花
                                                                                                                        
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS