カロ歳時記

        saison de karo 103



                噴水の町少年ばかりで森に入る 和田悟朗


                              鹿05



              。人それぞれとよく言うが、

              まったくその通りだ。

              たとえば私が「」と言えば、

              それを聞いた人はそれぞれ個人的なでとらえるだろうし、

              それは私のするものとは全然違っているだろう。

              私は私のの話をしよう。

              ・・・・陽光のもとで白く光っていたは、目をとじてもなお、

              のなかに光っている。


                                              スティーヴン・キング 『スタンド・バイ・ミー』


                        鹿7



  そのが一滴もふらなかった。

                      新学期の始業の前、最後の曜日もそうだった。

                                         やがてになるというのときだった。

                                                 私たちは私たちだけでそのを目指した。


                        鹿02


        「次のがいつ来るか、誰か知ってるか。」

         はかなり粗雑なものだった。

             6×4インチの長く狭い木の台に、レールが敷いてあるだけだ。

             そこからが見える。

                 もしが来たなら、木の台にぶら下がってを避けることができるかも知れないが、

                     

                         猛スピードで走る列車のあおりに吹き飛ばされて、

                     下の浅瀬の底にある岩にぶつかり、んでしまうことになるだろう。




             鹿03


 
            「号線の橋がある。」私は言った。

                   テディが叫んだ。

            「を渡るってことは、こっち岸をマイル歩いて、
   
                   次に向こう岸をまたマイル歩くってことなんだぞ。

             日暮れまでかかっちまわあ。

                   を渡れば十分で同じ場所に着けるんだからな。」

           「けど、もしが来たら、どこにも逃げるとこがないじゃないか。」

                   バーンはテディを見ずに言った。穏やかな流れの早いを見ている。


                              たんぽぽ1


              

              「そんなことないさ。」
 
                 テディは憤然としている。
  
                  そして、ひょいとのへりからぶらさがると、

                  レールの間の木の支柱につかまった。

              だが、50フィート下を流れるの真上で、

                  上をが通過していくのを待って、

                       それと同じ格好でいなけらばならない・・・。



             「お前、台もつながったが来ても、ぶらさがっているつもりか?」

                  クリスはテディに聞いた。
         
                    「おまえチキン(腰ぬけ)か?」

                              テディはどなった。


                                                   鹿01


                  私たちは一列になってを進んだ。

                    先頭がクリスで、次にテディ、そして、バーン、しんがりはわたしだった。


                      私は立ち止まり、しばらくを眺めた。

                        枕木のが見えてきた。

                          前を見ると、もう少しでバーンに追いつきそうだと分かった。

                              クリスとテディは渡りきろうとしていた。


                  噴水1



                                      噴水2
                               
                        
      
      あのとき、私はその場にしゃがみ、に手を押しあてた。

      は手の中で鈍く単調な音をたてていた。

      私はんだ。 

      「だ。」私は駆けだした。

      バーンは私が冗談を言っているのではないと分かった。

      彼も必死で走りだした。


      の音が格段に大きくなり、エンジンの音が深まって規則正しく聞こえてくる。




         鹿04



      

      は警笛を鳴らした。

      「はやくれ、バーン。は・や・く・・・」

      突然、を長く、ものすごい音で響かせ、空気を何百という破片に引き裂いた。


                             !!!

    
      私たちはんだ。

      

      バーンは川べりの砂地に倒れ、私も彼のすぐ後からなだれ込んだ。

      私はで耳をおおい、熱い地面に顔を押しつけて、金属と金属がかみ合う鋭い音と、

      が通過していくのを待った。
  




                           鹿00


      
                             私は顔をあげた。

                          バーンはまだふるえながらつっぷしている。

                    ・・・・・・・・・クリスが言った。

              「みんな、むってのはどうだい?おれの他に飲みたいやつは?」

                      私たちは全員みたいだった。

                                                      『スタンド・バイ・ミー』

     

                                                          鹿0001

                                              

                            噴水5
    
                                
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS