カロ歳時記

      saison de karo 91



          雛の軸おぼろ少女と老女寝て 原裕



                           ひな4



                            ただぎにぐるもの。

                            かけたる舟。

                            のよはひ。

                               

                                              『枕草子』



                  っと言う間にぎるもの。
                                  
                                 船。齢。季。



                              ひな3

                                                  
                     時間経つのってホントに早いワ   





        うつくしきもの。二つ三つばかりなるちごの、急ぎて這ひ来る道に、いと小さきのありけるを

        目ざとに見つけて、いとをかしげなるにとらへて、大人などに見せたる、いとうつくし

        頭は足そぎなるちごの、目にのおほへるを、掻きはやらで、うち傾きて、物など見たるも、うつくし



                              


                 ひな7




        の調度、の浮葉のいと小さきを、池より取り上げたる。


        何も何も、さきものは皆うつくし


                                  


               ひな2




        かわいらしいもの。二、三才の子供の、急いで這ってくる途中、小さな塵を見つけ、に取って、

           大人に見せたりするのは、とってもかわいい。

              い子が、のあたりで切りそろえたが、目にかぶさるのを掻き上げもしないで、

                 首をかしげて、ものを見ているのも、かわいい



                          人形2



            雛のお道具、蓮の小さな葉を水面からすくいあげたもの、小さいものはみんなかわいい・・・。





                   ひな8




                   ひな5




               くるしげなるもの。

               泣きといふわざするちごの乳母。

               思ひ人二人もちて、こなたかなたふすべらるる

               わりなく物疑ひするに、いみじう思われたる

                                                     『枕草子』


                   享保雛6



                         つらそうなもの。

                         夜泣きするあかんぼうの乳母。

                         愛人がふたりいて、双方からやきもちをやかれる男。

                         い深い男に、心底思われた女。


                         ひな1




              ひな6

                          伝 納言  『枕草子絵巻』                   





                              ひな9


スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS