カロ歳時記

       saison de karo 92


             
                        花束に埋れ罪障なきに似る 三谷昭
  


                       花束1

               



         日曜日に玄関のチャイムが鳴って、近所の将棋仲間だろうと思ってドアを開けたら、

           花束を持った外国人の若いが立っていた。

              その男が、

                 「こんにちは、ぼく、ミチコの友達、アントニオです。よろしく。」

                    と、たどたどしい日本語で言って手を出した。




                          花束12





           私はを呼びました。

             家内が出てきて、

              「あら、アントニ君ね、はじめまして。ミチコがいつもお世話になってます。」

                 私の知らないの名を親しげに呼ぶのです。


                    彼は家内に、
 
                       「これ、お母さんに。」

                          と花束を差し出しました。
   


                     おめでとう



         すると家内は、
 
            「あらまあ、私に?」

               今まで聞いたこともないようなやかな声で言ったんですよ。

                  ミチコがゆっくりとでてきました。

       
             は、子供の頃の病気で、片脚を切断しまして義足を着けていましてね、

                      くのが不自由なのです。



                           花束9





       「ミチコ、今日はいい天気だ。散歩に行こう。」と彼が言いますと、

          「ちょっと上がったら。」

             「そうよ、せっかくいらしたんだから、どうぞどうぞ。」

                家内は、私の意向を確かめもせずに言うのです。

                   これは俺のだ、とは申しませんが、少なくとも、私のでもあるわけです。



  花束7




                         花束6




        ミチコは自分の作ったケーキを出しました。

        彼はまだ甘いものを食べたい盛りの子供のように、コーヒーをミルクと砂糖をたっぷり入れて、

        ケーキもふたつ食べて、おいしいおいしいと、ほめそやすのです。


                        花束8


            はイタリア人で、電子技術の勉強をするために日本に来て、近くのビルの夜警をしながら、

             専門学校へ通っていました。

               ステッキをついて歩くミチコと道で会って、

                 のほうから声を掛けて、一緒に歩くようになったのだそうです。




                                 花束3





         それから、とミチコは散歩に出かけました。

              「あのふたりはどんな関係なんだ。」

                私はふたりが出ていった後、家内に言いました。
 
                  「ご覧になった通りでしょ。」

                     「お前、心配じゃないのか。」

                        「あなた。」

                    家内は私の顔をじっと見ました。

         「日本の男の子なら安心?日本の良い家の男の子なら、ミチコせにしてくれると思うの?」




              ガーベラ2




           ある日、私が会社から帰ってくると、が家にいて、ミチコと二人で台所をやっているんです。

           家内はテーブルに肘をついて、

           「若い男の子が料理しているのを見たことがないから面白いわ。」



                          花束5





       何という料理だったか、西洋風炊き込みご飯のようなもので、なかなか旨かったです。


       皿洗いも、はまるで当家の息子のように、

       ミチコと妹のチカと三人兄妹のようにやって、コーヒーを飲んだら帰るかと思っていたら、

       「今日、ぼく泊まります。」

       私に言うのです。



                         花束10
                     




           「今日アントニオ休日なの。泊めてあげていいでしょう。」とミチコ

           「歯ブラシ、タオル、持ってきました。」これはアントニオ

           「泊まりますと言っても、、家の娘はなんだよ。」

           私が言いますと、

           「の娘なんていないよ。」

           チカがにやにやして言いました。


              「イタリアでは、よく友達の家に泊まります。」
  
              「ここは日本だよ。」


                 「あなた、ちょっと。」

                 家内が私を隣りの部屋へ連れて行きました。

         「ミチコはね、彼とくようになってから、ステッキなしで外をけるようになったんですって。

          ミチコと同じよいうにゆっくりいてくれて、苛立ちもしないし、ミチコも安心してやっていけるんですって。」



         その夜、は我が家に泊まりましたが、

         私は夜中に二度、トイレに起きて、居間のソファにアントニオが寝ているのを確かめました。



                           花束11




       アントニオは専門学校を卒業して、イタリアへ帰りました。

       ミチコはイタリア語の勉強をしています。

       文通も続いているようです。



                           花束




       「アントニオに会いたいのか?」

       ミチコに聞いてみました。

       「うん、会いたいけどさ。」

       は湿り気のない声で言いました。

       「アントニオみたいな人が育ったって、どんなところか、行ってみたいんだ。

        私ね、ゆっくりしかけないでしょ。

        なんだか、早くけない理由を説明するためにステッキにすがっていたような気がする。

        でも今はね、ゆっくりけばいいんだって、それでいいんだって、思えるようになったの。

        アントニオが自然にそういうことを私に教えてくれたのよ。

        そういう人が育つへ行ってみたいんだ。」

                                      干刈あがた 『花束』



        
           闃ア譚滂シ農convert_20140116002836




                                      ねこ草


                                はまだかニャ
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS