カロ歳時記

        saison de karo 95


                          滅びへの音がどこかに花の闇    山上樹実雄                           

                                       桜の園01
        



          トロフィーモフ  領地がれようとれまいと、同じことじゃありませんか。

                    あれは、もう、とっくに縁が切れて、いまさら元へは戻りません。

                     昔のですよ。

                      気を落ちつけてください。

                       奥さん、いつまでも自分をごまかしていないで、せめてでも、

                         をまともに見ることです。


                                             チェーホフ 『



                          チェホフ2

                                 アントン・チェーホフ            

           

            桜の園9



                  桜の園0



          ラネーフスカヤ  

                         そりゃあなたなら、どれが真実でどれがか、はっきり見えるでしょうけれど、

                         わたし、なんだか眼がんでしまったみたいで、何ひとつ見えないの。

                   あなたはどんな重大な問題でも、勇敢にズバリと決めてしまいなさるけれど、

                   どうでしょう、それはまだあなたがくって、

                         何ひとつ自分の問題をしみぬいたことがないからじゃないかしら?

                         ・・・・どうぞ、わたしをに見てちょうだい。



                     桜の園4




              だってわたしは、ここでまれたんだし、

                   お父さんもお母さんも、お爺さんも、ここに住んでいたんですもの。
 
                       わたしはこの家がしんから好きだし、のないわたしの生活なんか、

                  だいいち考えられやしない。

                     どうしてもらなければいけないのなら、

                        いっそこのわたしも、庭と一緒にってちょうだい。
    
                                                『


 

                          桜の園2


                                                     桜の園5
                                                     
                       サモワール ロシア風お茶はとっても濃い・・・




              「」は、チェーホフの代表的な戯曲。

                  地主のラ―ネフスカヤは、のまま年老いたような女性。

                      領地の管理に失敗し、破産に瀕しても、彼女が考えているのは、

                          パリに残してきたのこと。          カロ


                                                    


                           桜の園3

                        『忘れえぬひと』  クラムスコイ



                 桜の園02



        夫人のアーニャは大学生トロフィーモフに惹かれつつ、

        「自分がしっかりしなくちゃ。」と母を抱えた自活を模索。


              農奴から身を起こしたロパーヒンは、金の力でを買い取り、時代のとなりますが、

              夫人の養女ワーニャとのはすれ違うばかり。




                          桜の園01


                          ティー ジャムをいれて香り高く・・・




                    桜の園05

            


        小間使いドゥニャーシャはパリ仕込みの従者ヤーシャにかれ、

        彼女を心からしてくれる事務員エピホードフの気持ちに気付きません。


             愛してわれない人、愛しているつもりの人、

             挫折をれる人、挫折に気付かない人・・・。

        
                   ロシア人名がする物語の中、

                      登場人物すべての気持ちはかみ合わず、行き違います。



                  桜の園03




                          桜の園7

                    おなじみボルシチ

        

                    一人幸せになれる者はなく、

                       買い取られた土地の美しい桜の木が伐採されてゆく音の中、

                         が下ります。
                                                 カロ

                                  

                                         桜の園4


                           は見ることができなかった夢なのです。
                                                     チェーホフ                             桜の園1
                                       
                                         
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS