Chat du mois 今月の猫

       Chat juillet  月のねこ

                            勾玉の形に眠り梅雨の猫      村越縁 


            勾玉8
                                  勾玉5


                   が初めてこのに逢ったのは、山腹の柏のに一人上っていた時であった。


                     まがたま3

        
                                   まがたま6

 
                              目の下に白くうねっているの安河を眺めていると、

                                  意外にも柏の枝の下からい声が起こった。


                                      まがたま4

         
                            『素戔嗚命・・・すさのおのみこと』
                               
                                                     勾玉4


                                         まがたま3                                                                                                                        
                                                                       
                             そこには三人のが、うららかな日を浴びて、しきりに何かい興じていた。

                                                            まがたま4大
                                                      
                                                   縺セ縺後◆縺セ・狙convert_20140603012007

                                
                                                                  

          彼女等は皆かごをひじにかけているところを見ると、か木のを摘みにきた娘らしかった。


             は柏の根元のの上へ、勢いよくどさりと飛び降りた。

               が、その拍子にを滑らせて、あっけにとられたたちの中へ、仰向けにざまに転がってしまった。

                        たちは、顔を見合わせていたが、やがて愉快そうにいだした。 


                                   勾玉6



                                     勾玉2


                                                               勾玉5                                  
              「いことをお教えしましょうか。」者が言った。

                「何だ。そのいことと言うのは。」は答えた。

                  「あなたのにかけておいでになるをひとつ頂かせて下さい。」

                    「をくれ?くれと言えばやらないものでもないが、をもらってどうするのだ。」

                      「あなたは今ここへ来た十五六のがお好きでしょう?お好きじゃありませんか。

                       あの(おもいかねぬし)の姪を?」

                                                             勾玉7  

                                            
                                        勾玉3


                                               まがたま2

                   勾玉5


                                                     勾玉4



                         「そうか、あれはの姪か。」

              「そらご覧なさい。したってすぐにわれます。ですから、わたしにをひとつお寄こしなさい。」



                  勾玉7
 勾玉2










                     「そうしてはどうするのだ?」

                          「なに、そのをあのに渡して、あなたのし召しを伝えるのです。」



                                                       まがたま1

                                                                 勾玉1
                               

                     ふたりはしばらくっていた。

           やがては、首にかけたの中から、もっとも美しい一玉を抜いて、

                          のまま者の手に渡した。
                                              
                                                     『素戔嗚命・・・すさのおのみこと』
                  
                                        
                勾玉3
                       勾玉6


                                           勾玉5

                                                                                                                              
                                                                   野菊


                        には古代に惹かれた一時期がありました。

                         向的、刻なの著作中、

                             のストーリーにはが溢れています。

                        はこのあと、すったもんだのすえ、

                            はアッサリふられてしまうのでした・・・ザンネン。

                                                        カロ
                                                                                                                         まがたま2
                                                                                                  
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS