saison de karo77

青空は創の深みぞ夏ひばり  佐藤鬼房

                                              は・・・・・・です

    蝎エ豌エ・廟convert_20130512195658







               ある
               ぼくは思った
               ぼくにせないひとなんてあるだろうか

               だが
               ある
               ぼくは思った
               ぼくにせるひとなんているだろうか

               ぼくの
               書きかけの詩のなかで
               巣のひばりがとび立とうとしている

               日は いつも曇っているのに

                                  寺山修司 「十五歳」



         

                  雲雀5




                                 雲雀4






              雲雀1



 


              ひばり1


                  飛べるっていいニャン 
スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS