カロ歳時記 

              saison de karo 105



                     月光に透けて心の見えざるか    文挟夫佐恵

                                    
                                            硝子の5



       硝子の00


                                                             


                アマンダ  ローラ、ローラ。


                 ローラ  なあに、お母さん。


                アマンダ  お皿なんか放っといて、こっちへ、いらしゃい。

                       ローラ、ここへきて、さ、おさまにい事をするの。


                 ローラ  おさま・・・おさま?

                                                


                                        硝子の7


                

                アマンダ  可愛いおさま、のおみたい。さ、ローラ、

                       からだ、こっち向けて、の肩ごしに、いごとをするの!

                       さ、早く! 早く、おいしなさい。


                 ローラ  何を、おいするの、お母さん。


                アマンダ  しあわせを、さ、を!


                                                   テネシー・ウィリアムズ 『の動物園』


               


                                                硝子の0




                トム  お母さん、ローラは、他のとはずいぶん違ってるんですよ。


             アマンダ  わかってますとも、他のと違ってるところが、あの子の良いところだと思ってます。


                トム  いいとばかりは、映らないでしょう。はじめて会う人の目には、ね。

                     屋も、度がはずれてますよ。

                     ローラのは、自分ひとりだけのに閉じこもったきりでしょう。だから、

                     他人に言わせると、多少、わり者だってことになるんです。

                     
              アマンダ  いけません! そんな言葉。わり者だなんて。



                                                              硝子の02

              

                      トム  事実は事実として認めるんです。

                             お母さん。ローラはわり者ですよ。

                                ちっぽけなの動物たちのに、生きてるんです。

                                   せいぜい、古ぼけたレコードをかけるくらいが関の山、

                                      何にも他にしやしない。

                                                    

                                 遑晏ュ舌・・狙convert_20140922000519


                                       
             
             小説家志望のトムはの三人暮らし。

                   部の名門だった家は事業の失敗、父の出奔で破産、

                                トムは倉庫に勤め、一家はびたアパートに逼塞している。


                                              硝子の2



                 昔のが捨てきれず、娘ローラになんとか結婚相手を見つけたい母アマンダ。

                     ところが、ローラは人前でしゃべることも出来ないな娘。

                   古いレコードをかけては、

                     蒐集したの小さな動物たちを磨いて暮らす・・・。


               「倉庫に勤めている人で、かお姉さんのおになってくれる人、いない?」



                                          硝子の04



               トムが引っ張ってきた仕事仲間のジムは・・・・・・。



                                      硝子の03





                ジム  ははあローラ、あなたの悩みの種、なんだと思います?
 
                     インフェリアコンプレックス、等感ってやつですよ。

                     自分自身を安く見る、そいつを言うんです。

                     でも、でもあるもんですよ。自分が特に興味を持ってるってこと、

                     そういうものが、何かひとつ、ありませんか。


                                             硝子の07



               ローラ  わたし、の蒐集をしてますわ。

                     可愛いの製品、たいていは装飾品なんですけれど。

                     製の、小さな動物が多いんですの。とっても可愛いちっぽけな動物。

                     だなんて、うちの母はそう呼んでますの。

                     ご覧になります?

                     これ、もう十三才になりますの。

                     あッ 気をつけて。 をするとこわれますよ。

                     ほーら、お上手ですわ。

                     その持ち方、って・・・。

                     りの方へ近付けてやってください。

                     りが、とっても好きなんですの、その子。



                                         硝子の3



               ジム   ねえ、いったい、こいつ、なんて動物?



                                ガラスの動物園1



              ローラ   額に、が一本生えてましょう?

               ジム   あー、そう、・・・? でもなんて動物、もう現代には、いないんでしょう?

              ローラ   そりゃあ、いませんわ。

               ジム   かわいそうに、こいつ、ひとりでしいこってしょう。   



                                        ガラスの動物園2





               ジム  ローラ、いいですか、僕にあなたのようながあったら、
                     
                    トムと同じように、自分の友達を呼んできて、紹介すると思いますよ。

                    でも、僕の場合、僕の立場としては、

                    いわば、赤札がついているんです。

                    ベティーってなんですけど、

                    あなたと同じで、やさしくて、おとなしくて、・・・僕たち、うまが合うんです。



                                                    硝子の4


             
                 ジムは帰っていった・・・・。



          アマンダ  トム、あの人がしてるなんて、一言も云わなかったね。あんた。          

             トム  おどろいたなあ、ちっとも知らなかった。

          アマンダ  倉庫でいちばんの親友だって話じゃなかったの。

             トム  倉庫ってのは、仕事をするところですよ。

          アマンダ  倉庫にかぎらないんでしょ。あんたって人は、どこへ行ったって、
                 
                 の世界に住んでるんだから・・・。まぼろしを作るのが仕事なんだから・・・。

                 何処へ行くの? あんた、何処へ行くの?

             トム  映画へ行くんですよ。

          アマンダ  行ってらっしゃい。わたしたちのことは何にも考えることはないんだから。

                 夫に捨てられた親、内気で失業した・・・・そんなものは、どうだっていいんだから。

                 行ったらいいさ。行きなさい、の世界へ!



                                            硝子の01



             硝子の000





                 トムはを捨てる・・・・。



               トム   ぼくはの世界へは行きませんでした。

                               もっとはるかにいところへ行ったのです。

                        何がいって、のへだたりほどいものはないんですから・・・・。


                                               テネシー・ウィリアムズ 『の動物園』


                                     ガラスの動物園3


                          硝子の6



スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS