saison de karo 54

噴水より生まれし如く歩み来る 高野ムツオ

ラリック 浴み

                 ラリック 湯あみ


噴水2

                                   夕方の噴水 やさしい


 

雨  西脇順三郎

南風は柔い女神をもたらした。
青銅をぬらした、噴水をぬらした、
ツバメの羽と黄金の毛をぬらした、
潮をぬらし、砂をぬらし、魚をぬらした。
この静かな柔い女神の行列が

私の舌をぬらした。


噴水1
                                   

                                              夜の噴水 ちょっと怖い

    

噴水4

        ギリシア 壺絵 訃報を聞く婦人



噴水3




スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS