FC2ブログ

    の一冊
        livre de karo
         
                    妻は湧くように桜を指しぬ  谷 佳紀
           IMG_2141 (2)syou
                  
          タンポポ4小 (2)
             さん(1943~2018)の句集『』は、

                      谷さん亡き後、奥さまとお友達によって編まれました。

       IMG_6308.jpg    

                      長いキャリアに培われたなことばに打たれる一冊です。

              ことに全編をるのは、奥さまへの愛情あふれる句の数々。 

        妻はときどきは秋の雨
           ある日、奥さまはハーブティ。またある日は秋の雨。
                                      2015030219584008a (2)                      
         juon5.jpg
              
             そう! 『』は、句集なのです!

                           fc4887f1d88d6a7dfd29afd967a4749755eb4bc2_m (2)
                                          レイモン・ぺイネ

                   ハーブティの奥さまが、にこう書いておられます。                           
                             
               句集名は「」といたしました。

  「人生はひらひら蜻蛉は 佳紀」 の句から取ったものです。 ・・・

         この句はうように生きている人の生の容相を表していると思うのです。

          この句集で谷佳紀を偲んで頂けたら幸いです。     

                 タンポポ4小
                       あかとんぼ (2)              
       
            結婚はですよ梅満開 佳紀
               息子さんのご結婚。 
                   結婚しなくてもいいと思います。そして、結婚してもいいと思います。                   
                 IMG_6464 (2)  

             four-leaf-cloversyou (2)
                   midori.jpg 
   夫婦なりすべてのが若葉なり                        four-leaf-cloversyou.png
    ひとりもいいけど、ふたりもいい。                                                                                
                          かな夏野の妻である
                                うすみどりはやさしい色。
    普通の日夫婦げんかも鳴きだした
                  みーん、みーん・・・けんかしないと仲良くなれません。

                                 12157-300x300.jpg 12157-300x300.jpg
        すばらしいトウモロコシだ妻
              茹で上がったトウモロコシのまぶしい金色。
                          奥さまに一本、だんなさまにも一本。                  
           edamame.jpg

            枝豆よを見つける虹ですよ
                    枝豆も虹もやっぱり奥さまのことですね。 だんなさまはビールかな?

                                          bi-ru (2)
    IMG_5391.jpg
                              横山智子                          
   
         あなたと秋ととてもとてもの薫る
                             とてもとてもです。  💗

                      有元利夫
                                      有元利夫

       注連縄や日頃のである女房    こそばゆいの正月女房め
              どんなに奥さまをたよりになさっていたか、そして、
                    どんなに奥さまを大事に思っておられたか、よくわかりますね。

                 八ツ手咲き男はなのだろう
                      それはもう!
                                   yatude.jpg                          
      聡明な伴侶との幸せな生活。 もちろん波風や心配事もあるでしょうけれど、

           で乗り越えてこられた月日がそのまま句になって・・・。

                      タンポポ kudiramo jugemsyou
                                   
   谷さんのは、さまざまな対象に向かって横溢しています。 わたしの好きな句です。  

                  梅雨だって素敵さ俺は
                    ことばがつくる小世界に惹かれます。 

    ガラスの動物園1

                ねえ、いったい、こいつ、なんて動物?

            額に、が一本生えてましょう?

     ・・・? でもなんて動物、もう現代には、いないんでしょう?

                 そりゃあ、いませんわ。
                               テネシー・ウィリアムズ 『の動物園』
         14-14-097 (2)syou

  自画像のどうしてしい夏みかん   時雨消え俺はとんでもなく
                     谷さんが見ているのは、もうひとりの自分でしょうか。

                        leaf3s.jpg                                    
      落葉をくように本を開いたね
          ランボーかな?                                       
                              IMG_4280.jpg                                    
                夫婦してがあれば曼珠沙華     gahag-006140 (2) 
                        夫婦でほんのり。
        higann1.jpg 
                           IMG_2142 (3)
                         
      妹もわれもなれかも三河なる二見の道ゆ分かれかねつる 高市黒人
         二見の道とは、現在の豊川市付近にあった旧街道が、ふたつの道に分かれるあたりの地名でした。
                 かれ道にさしかかっても、別れられない気持ち。妻恋の秀歌。

                IMG_2143 (4)syou

           妻は湧くように桜を指しぬ
                        その時のさくらは、いつまでも心に咲いて。
                       IMG_6581 (2)

                       f93ed5e1613462d3911272cc6a4b4abd (2)
                               レイモン・ペイネ
                                                      
          さまへ      
              だんなさまとのせな日々、わたくしにも分けていただき、ありがとうございました。

                     お淋しいでしょう。 でも、元気をだして。  

                          もう一度、ありがとうございました。 カロ

                                          タンポポ4小
スポンサーサイト



    歳時記
         saison de karo  


                           寿司食うて皿のれる春の暮 桂信子
  IMG_6634.jpg
                            こちらはまだお寿司の盛ってあるお皿。           
     ひな03 (2) になるとが食べたくなります。 まずお買い物。  saihu.jpg

                   IMG_6671 (2)  
                            とりあえず桃の花を買いました。

            春の苑にほふ桃の花した照る道に出で立つ乙女 大伴家持
                        くれなゐにほふ・・・桃の花も、乙女も。
                                       b0162728_7171183 (2)syou
                 上村松篁
                                                  
            IMG_6586 (2)
                  ごはんに混ぜる具材は新ゴボウと人参が基本。

      ゴボウはうすく刻む。 刻みすぎると歯ごたえが消えるので、うすすぎず、あつすぎず。

            momoA0015.png
                     IMG_6592.jpg
                              お水にすこしつけておきます。
     
      IMG_6595.jpg
                         お水を切ると、ごぼうは色白に。

     人参、しいたけ、うすあげも小さく切って、かつおだし、お砂糖とおしょうゆでしっかり煮ます。

                               IMG_6605.jpg
                                           調理中。もわもわ~。
         IMG_6598 (2)
           お汁を切ってさまします。                            

 IMG_6607.jpg
                    お米はいつもよりお水少な目。だし昆布をいれて炊きます。                             
         08a1238a751ee2fd46631b8a48477f39.png                                                                                            
               と雪雛には見えぬ白世界 小室善弘
                     三月に入るとなぜか寒くなります。そして、
                                おひな様には雪が似合う。
                 ohinasama.jpg 
                            
            IMG_6602.jpg
                                秘伝のすし酢(うそ) 
                                     
      雛祭りの寿司をつくりけり 山荘慶子
                  わたしはわたしとマークン(おなじみわたしのだんなさま)に。                            
                             マークンは食べた後のお皿を洗う役。      
          
                 IMG_6622 (2)

                     IMG_6623.jpg
                                         うすやき卵制作中。                

    鮓つくるにかしづく春祭 古賀まり子   春そこにと使ひし寿司の桶 まり子
        お母さんと。                          お母さんの思い出と。
                       IMG_6662 (2)
                                 今年の桃の花
                      momoA001itibann.png

                硝子戸の奥に母ゐるの花 鎌倉佐弓
                     ガラスの向こうで、
                          お母さんは、やっぱりちらしずしを作っているのでは?

         IMG_6619.jpg
                 わたしの寿司桶  ごはんとお酢と具に仲良くしてもらいます。
        
                 IMG_6626.jpg

              7932-300x300 (2)  の鮨鯛のそぼろをちらしけり 津森延世
                             鯛のそぼろ。いつか作ってみたいな。
                           そぼろにする前にお刺身で食べてしまいそうですが。

                       厨房にがあるくよ雛祭 秋元不死男
                                楽しくて大好きな句です。

              hamaguri.jpg
                            はまぐりの潮汁も作りました。 春の味ですね。
                  momoA0015.png

            育てしつもり雛祭る 島村茂雄
                         つつましく。素敵なことば。

                      ふかにくかに雛の美しく 上野泰 
                            お雛様の微笑みは静か。憂い顔も静かです。
     縺イ縺ェ・廟convert_20160221221757
                  IMG_6628 (2)
                             ! 

                    IMG_6614 (2)
                                   お祖母ちゃんのお雛さま
          ひな6siki

        寿司食うて皿のれる春の暮 桂信子
                     食べた後、ちょっとさみしい雛の寿司。
              IMG_6612 (2)
         雛祭の季節のお皿。 お寿司を盛ってあったお皿は、マークンが洗ってます。

               みなさんよいを! カロ
                               momoA001itibann.png