FC2ブログ
  歳時記
       saison de karo

                          を鳥の名前と思いけり 北川美美   
       IMG_6575.jpg
                                           ヘルマン・ヘッセ  鳥

                  137623m (3)syou
                
                       俳人さんが、この一月、亡くなられました。

                  参加している集まりの編集で、とてもお世話になっていたのですが、
 
           わたしは美美さんにったことがありませんでした。

         どんなお仕事の方なのか、年齢はどのくらいか、お住まいはどこか、何も知りませんでした。

        訃報と共に、この数年来闘病されていたこと、まだまだ働き盛りの年代であったこと、

           多分で生きてこられたであったこと、なども知ることとなりました。

             ブラームス8
                               美美さんのイメージはひとりの後ろ姿。

                      の夜の我は豆腐をけてゆく   美美      

                 出不精のわたしは、今日のようなパンデミックの起る以前から、

    集まりのお誘いがあっても、殆どしてきました。 あの時、あの会に参加していたら、

              北川さんにえたのだったなあ、と、今になって思われることもありました。

                    秋に挿す管を支える長き
                            長い時間の点滴だったのでしょうか。

              masukatto.jpg

        病む人にえてシャインマスカット 
           美美さん、マスカットはしたたるような甘さですね。                                        
                                      tegaki09imgtK3-768x545kore.jpg                                                      
             にいちご冷たき静かな夜
                       静かなひととき、誰かと一緒、それともひとり。
      wakaba1.png 
          てのひらに丘ありにくぼみ
                     この時は、草餅とふたりだった・・。

                           な1
           の花との花隣り合う
                     花と花。人と人は黙って寄り添う。

            の皮に皺寄る夕かな
                  茹で上がって、ほどよく皺のよった空豆に満ち足りて。

                        soramame (4)syou  soramame (3)syou  soramame (4)syou

              matisu.jpg
                      アンリ・マチス

   さんとわたしは、言葉だけでつながっていました。直接会う形ではありませんが、句の集まりで、

      彼女がわたしの句を選んでくれたこともありました。 鑑賞文がしかったです。

       わたしが、彼女の句を選んだこともありました。 どんな気持ちで読んでくれたでしょうか。

                ラリック 浴み
                                      ラリック
         きさらぎの身をに押す柩   

            朧の夜きているものいないのか            

                わたくしにわたくしる花は葉に  

                   遺言のような三句。 最後の句は好きで、ノートに書き留めてありました。

                    、わたしは気付くことができませんでした。

                            
                                    あめねこ3 
    202012roita.jpg
                              2020年 ニューヨークに現れた鯨 reuters     

             夏ひと日を埋葬す
                  自由の女神とザトウクジラ。 美美さんも見ましたか、この写真。
                          IMG_6568.jpg

                 の日のハンカチ・指輪・腕時計
                      ハンカチ、指輪、腕時計。しずかに身につけている大人の女性。

        original.jpg

                     鳥たちに食べていただくの実
                種子には猛毒が潜むという一位。 わたしはなかなか詠めません。
                            美美さんはさらりと。

                     20180825yew-seed2_aug18.jpg
                                               yew-seed
                   11742830_870257759716443_6383737954309389113_n.jpg

           早すぎる死は残念でたまりません。 

     美美さんのっています。 いっそう明確で、いっそう感覚的なものとなって。

   北川美美さんは、澄み切った言葉の世界に棲んで、いている人でした。 これからも、ずっと。

           zap-52635.jpg

             を鳥の名前と思いけり 北川美美   

                さん ありがとうございました。 やすらかに。 カロ   

                                  137623m (2)syou
                       
スポンサーサイト



     の一冊
         Livre de karo 

                        を置くところに春のたりけり  杉浦圭祐 
        IMG_6539 - コピー

        もとよりさんは器用に立ち回る性分でもないし、ハイクの巧さを追う性分でもない。

              ・・・今後もに自分の思うところを是として精進していって欲しい。

                               「異地」 跋文より   
                   151-thumb-140x140-214小さい  って言葉、いいですね。   

           杉浦圭祐さんの句集「」をいただきました。 異地とはなんでしょうか?
  IMG_6515.jpg

       帰る目的はいろいろだったが、に帰っても「帰省」という言葉を聞いて想起するような

            どこか心安らぐというような気持ちは私にはなかった。

                   熊野は「異郷」や「異境」などど言われることもあるが、

             私にとっては「」と呼ぶのが相応しい。      杉浦圭祐 「異地」あとがき
              f889002a39223b57fa2aa4d48f593641ad046621 (2)mo
      日月山水図

                    新宮はの鳴きやすき町 圭祐
                                      
      「異地」とは、杉浦さんの新宮市、そして、新宮がその一角を占める熊野地方のこと。 

                 熊野と云えば、二月に行われる神倉神社の火祭で知られます。

         太古を思わせる火のの参加者たちは-のぼりこ-と呼ばれます。
            
          杉浦さんも毎年、勇壮な白装束で上り子となってきました。 なんてカッコいい! 
                         
                             火祭り みくまのねっと              
                                           みくまのねっと  

               「御燈祭」は二月六日の夜、和歌山県新宮市の神倉神社で行われる。
          
           装束、足袋、頭巾を着用し、腰に荒縄を巻き、草鞋を履いて

              一メートルを超える長さのを担いで市内に出没する。

                日が暮れる頃、神倉山の段の急峻な石段を上がる。
                             
           mikumano net 

             宮司が火打石で斎火を起し、大松明に点火する。

        その火をと呼ぶ。 上り子たちの元に大松明の神火が来たら各々の松明につける。

          拝殿に約二千人の松明のがゆらめく。

    鳥居の門が開いたら、上り子は松明を揚げ一斉に石段を駆け下りる。  

                               「」 杉浦圭祐 「異地」より

       kyodosi com
                                               kyodosi kom     
                    上り子や三人のは三様に 
                           ひとりの存在はひとつの火。
          
        神の火をれる者ら振り回す  背に炎浴びる天上の地
            高ぶりは恐れから。            異地とは、すばらしい故郷。

                     煩悩の数のや上り子の
                            煩悩って美しい!

                  地獄草紙 東京博物館
                                      地獄草紙
                             151-thumb-140x140-214小さい (2)もっと
          松明の触るるまだ花なき
                    枝には炎の花が咲いたよう。   

                         神の火に一人の動かざる
                                これはもちろん杉浦さん!

                         IMG_3638 (3)

               御燈下りきり女に我が名ばれけり
                          映画のワンシーンみたいです。

                                 火まつりの煙はにまで届く
                                     月は何も言わずに火を見ている。
  おぼろ5            
                      
         上り子にしか詠めない句!! の粉が舞う世界に圧倒されます。 

  同じ新宮出身の作家の激しい文章を思わせます。 中上もまたとして火祭りに加わりました。

           杉浦さんは、中上が講師を務めた市民講座に参加しています。

                 img1c6d9076to1fio.jpeg
                                          伴大納言絵巻

         は放っておけば、消えるか拡大するか、どちらかしかない。 火の魔力はそこにある。

    火がそばにない限り、我々のは実につまらなくくすみ、沈んでしまい、

   火が近くにあると、むくむくと活力が湧き、さらに接近すると、我々文明人の何かがれる。

                                   中上健次 「の美」

                   ですが、2021年の御燈祭は、御神事だけが社内で行われ、

     上り子たちの参加は見合わせられました。 杉浦さんはどんな気持ちだったでしょう。

                         IMG_3151 (2)

                   杉浦さんの句で、重要なもう一つのアイテムはです。

                       「」は火と水の句集でした。

             DMA-10001_2.jpg          
                               那智瀧図

                大滝を拝むところにの匂い    
            和歌山の至宝、那智の滝。火と水がひとつになった句。

                                            kiyokokorekore.jpg                  
                 日の差さぬに流れて落椿
                         じっと見て、そのままを言う強さ。
           
                ありて一本の木に春の雨 
                     一本の木も一人の人間も濡れています。

     を買い薄暑の辻の大きさは
               夏の雑踏に、水だけが光りを放って。
                                   ☆彡2 (2)小
               天の川をこぼさぬように立つ 
                        天の川から落ちて来たしたたりのような。

           秋の手持無沙汰の手を入れる
                       入れた手は、すっと透明になる。
             akatonnbo.jpg                                 
                     赤蜻蛉どこへゆくにもを連れ 
                       蜻蛉の赤が美しいのは、水を連れているから。

              冬川は橋をくぐりてり出す
                         ほんとうに熱く光っているのは冬の水。
                 IMG_6506 (2)

           冬川に近づいているたまり
                    川の水も、水たまりの水も寡黙です。 

           の句で燃え上がり、の句で静まり、「」の世界はとても広いのですね。 

                        IMG_6532 (2)            
                                 545-e1451707706150 (2)   
    
            のある者はへと鰯雲
                   家のある人にはある人のさみしさ。
 
       なにかうつもりがえず虎落笛 
                 熊野の男性、実はやさしい!
               IMG_6524 (2)

        を置くところに春のたりけり   杉浦圭祐 
                      水を置く。それは、春を引き寄せる行為。  

                       IMG_6517.jpg
                 「異地」装丁は杉浦さんの上り子仲間ブックデザイナーのさん。
   
                      さん ご上梓おめでとうございます!

                         ご恵投ありがとうございました。  カロ
                                              151-thumb-140x140-214小さい (2)もっと