FC2ブログ

    の一冊
         livre de karo

                      最後までへぬことあり麦茶飲む  河内山裕見
       IMG_5609.jpg

    『号をご惠与いただきました! 創刊20周年記念の合同句集です。
        
         それぞれの個性が、おいの言葉を照らし合って、気持ちの良い読後感でした。

                     心にった作品をみなさんにも!

 IMG_5544.jpg
                                     イラスト 森須蘭   
    
             カビだから悪いやつとは限らない  中尾美琳
                              それではカビキラーの立場がないのでは・・・。
                   kabigonn.jpg
                   食べて寝るだけ。そこが💖
                                  22522108f562a9caa5b3140ecc7bf20c (2)

              少年はまだ夕焼けをいでいる  成宮颯
                             夕焼を〈削ぐ〉ことは少年にしかできません。
               
       薄闇にされている檸檬かな  西出知実
                         ゆうぐれ、檸檬を灯すと、やさしい夜が来る。
                 remonn.jpg

               になれないシャボン玉が好き  岡嶋澄子
                       三角になりたい時もあるのですね。
                       ▽ 
                             syabo (3)  
  諏訪さん3syou   千ののみなふさがって山ざくら  小林実
                            満開のさくらは両手いっぱいのプレゼント。

              の不思議奇麗な花吹雪  服部近江
                           新薬も花も不思議です。
                        151-thumb-140x140-214小さい (2)  118191msyou.jpg  151-thumb-140x140-214小さい (2)
    筍にまれ茹でられそれっきり  福原暁
                そのあと、おいしく食べてもらうわけですから、それに免じて、ね。

              飛花落花ロックンローラーを置く  藤方さくら
                      あの方のことか。

                      D14_LNqVYAA2NVE.jpg
                        とがってますね。かなりお若いころ。 freefhoto
         3714-300x300 (2)

  をうしなうためのサングラス  杉本青三郎
                     サングラスには、日除け以外の役目があるようです。
                 
                 tubame3.png    朝刊のインクのにおい来る  髙橋保博
                              燕の背はインク色。
        日時計の三時となりし来る  鈴木あやめ           tubame2 (3)oosyou 
                   三時に来る約束でしたか。    

           5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618bnaka.jpg  2010072916414250a (5)  5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618bnaka.jpg                                            
              炎天やよいはそこで遊ばない  服部修一
                    元気な子はそれでも飛び出します。
                                                    5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小  5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小  5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小
               2830-300x300.jpg  炎天下ジヤワ原人がり出す  鈴木三山
                             きっと現代人の何倍も速いのでしょうね。
                          2010072916414250a (2)
        炎帝とつながつて火曜日の  わたなべ柊
                  しゃべっている間中、燃え盛る火曜日。
                        三作、暑い!そして熱い。   5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小 5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618bnaka.jpg                                           
       pet-bottle_bunbetsu_4661-500x375.png  ボトルキャップひたすら集め花火  高遠朱音
                      じつは、わたしもひたすら集めております。 
                                         061-b41bd-thumbnail2_convert_20150920234726.jpg
       
     三歳児ねずみのように来る  水口圭子
                     くるくるチョロチョロ、それがしあわせ。  

              IMG_2769 (3)

               やだんだんつまさきだちになる  伊東裕起
                          この月、カカトが地に着きません。

                         2010072916414250a (4)
                                6f3f2a94e98ca70361b980f66598a3bc (2)
                             名月に色の服が合う  湯本直也
                        条理を越えるキー・カラーは紫色。
                    
     小春日のと談笑す  音羽和俊
                   打ち明け話とかもできそう。

               1622338_586503384758550_997412525_o (2)

               お隣にのような嫁  金子泉美
                       こんな人かな。
                  asupara.jpg

               へそくりは万円黄金虫  金子嵩
                     金額が現実的?それとも非現実的?
                                    saihu.jpg                                     
               冷蔵庫れたものしかてこない  川崎果連
                       たまには、入れてないものも出てきてほしいです。

          _318-10736.jpg  20150918225654971.jpg

               別々の老後の秋刀魚焼く  北迫正男
                    秋刀魚を焼く時は一緒!?

                               images4Q7VZYKY (2)
          西瓜の種と一緒にきみがてたもの  久留素子
            わたしもあります。ごっそり捨てたもの。
                                 IMG_4735 (2)

              石投げのが晩夏に触れていた  髙坂明良
                     指はヒヤッとしましたか?

          IMG_5565.jpg

              83393445_480x487 (2)  83393445_480x487 (4)  83393445_480x487 (3) 
      雲三つの貌して夏終る  辻元東発
                           夏の終りはおだやかな貌。
                 IMG_0698 (2)                       
                
                  プリンキー・パレルモ  (2)
                    これは青空でしょうか。 それともブルーシートでしょうか。

             れがブルーシートに見えてくる 東國人
                         正解 プリンキー・パレルモの描いた絵でした。

                     プリンキー・パレルモ syou
                                下半分隠してました!

  仰向けの蝉あざやかなだった 森須蘭
            森須さんはこのプロジェクトのディレクター。 イラストも森須さんです! 

           IMG_5545 (2)
                                 
                  最後までへぬことあり麦茶飲む  河内山裕見
                    言えなかったことって、何だったのでしょう。
                                   麦茶にしい余韻。 

                     『』のみなさん、20周年おめでとうございます。

                               ありがとうございました!  カロ

                IMG_5605 (2)tiisai  おひとつ。        
スポンサーサイト



 
    歳時記
        saison de karo 

                        夏空がくへ逃げて行った   乾 佐伎
      IMG_5531.jpg
  
               さんは平成生まれ。 

    はじめての句集「」から、夏の句を中心にご紹介します。  
                                       あめねこ3 (2)    
                      IMG_5495.jpg
                                                            
                  夏空の真ん中にはの涙
            空はではじまった! 々しい言葉は、未来のしたたり。 

         plantasfloressyou.jpg
                                         plantasflores
       
             海の沖のほうへ、はるかくまでいくと、そこの水は、

                いちばん美しいヤグルマギクの花びらのようにくて、

                   いちばんすきとおったガラスのように、澄み切っています。

                           アンデルセン  『人魚姫』

      砂の波に呑まれて空青し
              お城は海の底に帰っていった。
                                砂日傘だけになっている
                                     きらめきだけでいい!
    
                                      IMG_5505.jpg
                        イブ・スパング・オルセン 画

                おなじみ『』。 人魚のお姫様が、人間の王子さまに恋して、

                  どこまでもどこまでも愛情を捧げる物語。 アンデルセンのお話には、

       アンハッピーなエンディングも多いのですが、『人魚姫』もそうですね。

          王子さまはよそのお姫様とご結婚、人魚姫はへ身を投げます。 

      いじらしいのは、人魚姫は王子さまも、奥さんとなるお姫様も、すこしも恨んでいないところ。

               カロにはとても到達できない境地です。 とほほ。

       142977m_LI.jpg  林檎愛は完結しないはず  
                        そして、どこまでも続きます。    

             IMG_2557.jpg

               katatumuri (2) 紫陽花咲いて私は雨にもにもなる 

             紫陽花に私の色をいました
                        佐伎さんの色はすきとおる

                    kinngyo1.jpg

                           人をちながら心に花火咲く
                    大輪の花火、それともさな線香花火でしょうか。

                             kumi2.jpg
                入道雲言葉は少し
             ほんとうにそうですね。

 巨峰もぐな私です  imagesGVNPTZX1.jpg  不完全はすばらしい
                 
                lokarochknolar.jpg
                                        lokarochknolar   

       ダリア集団行動苦手です
           実はわたしも・・。
                         バイオリン一弦げるダリアの死
                                ダリアはいろいろなものに見えてきます。  

                     ベルト・モリゾー ジュリー
                                モリゾー 「ジュリー」
                    343044b7e2e553a32fb080facecbaf0fkorekore.jpg
                            さよならのコーヒー未来はから
                      別れの一滴はの一滴。  

             アイスティーうなずくだけで 
                         うなずくだけでいいんじゃないでしょうか。

         IMG_5444 (2)kore

                            あめねこ4 (3)                                
           嘘を咲く白薔薇はときおりれる
         嘘も揺れ薔薇も揺れ。

          善い人になりたい林檎はただ
                    いーなー。 おばさんは善い人のふりをするだけで。

                         rinngo1.jpg

       20120906_1499699.jpg
      
                その時、海から太陽がのぼりました。 

                     その光は、つめたい海のを、おだやかに、あかるくてらしました。

                         人魚姫は、明るい太陽を見上げました。

                船の上には、王子と美しい花嫁が、自分をさがしているのが見えました。

                   ふたりは、海にただよう泡をしそうに見つめていました。

              人魚姫はふたりに微笑みました。 そして、大気の上に流れている、

                ばら色ののほうへと、のぼってゆきました。

                        『人魚姫』                     

                   remon8.jpg

           笑い声私の空には一つ 
                    たった一つの雲が
                  
             09年10月27日白い雲katosatoru

        
                     夏空がくへ逃げて行った   乾 佐伎
                      6日は広島、そして、9日は長崎原爆忌。  
              若々しい詩情は、で、犠牲者を悼む気持ちとつながっているようです。

                       さん、ありがとうございました!  カロ

                 あめねこ3 (2)