FC2ブログ
 
       の一冊 
                livre de karo

                                        れ日の中から少女  中村克子

     IMG_3920.jpg
                                                          レオナルド・ダ・ヴィンチ 『受胎告知』

                     IMG_0454 (2)

                        木漏れ日の中からあらわれたのは、一本のを手にした天使。                 
                             
               少女と聖五月、甘やかな組み合わせで思い出すのは、 レオナルド・ダ・ヴィンチの「」です。 

                        
            あじさいゆり

                                   1426145956.jpg

                     天使のむこうには、こちらものように初々しいマリア。

        五月のある日、マリアの前に天使が降り立って告げます。 あなたに子供が生まれます。 彼はの子です。

                    ! 荒唐無稽なお話ではありますが、カトリックの信仰はここから始まります。

    IMG_3924小                         IMG_3921 (2)syou
           天使  あなたにお子さんが・・。                               マリア え? ぼう然。

                                   tubame2 (2)oo                    

     IMG_1114-e1482528117698 (2)kore
                                                                     『受胎告知』         

                            sirotumekusa1.jpg
            
               さんの新句集『』。

                  ふかく静かな言葉。 とした言葉。 おもいやりに満ちた言葉。

                          そして、すこし言葉が満ちています。

            IMG_3927.jpg


                                    s-20150430133223285985.jpg

                                     影を出てなりぬ夏の蝶  克子
                                                   蝶はやさしくなるためにんでいる。

                          出てへ戻る  
             行ったり来たりはしい。そして、ちょっとい。

             4d7174547bddd825673a1cb84d8b3aabsyou.jpg  1757ce86bb406besyou.jpg  4d7174547bddd825673a1cb84d8b3aabsyou.jpg


                                            梅漬ける石を二つのせ
                                                    石がというところが決め手!

                              のかたまりとして金魚玉 
                       その中で、今日もかに金魚が泳ぎます。 

                                              kimonobebe (2)
                 kimonobebe (3)

                          IMG_0657 (2)     
         
               男らが昭和のれてくる 
                           いなせなの男性か、と思ったら・・。

       kyoukai1.jpg
             黙って見守ってくれた夫に感謝しております。  中村克子
                                                         『沈黙は距離』 あとがき
                                                         kyoukai1.jpg
                    集のに記されただんなさまへのお気持ち。

                               昭和のを連れて来るのは多分やさしいだんな様ですネ。

         0110b4be4ddd8ce7f84841309e3d7236_s.jpg

                     がいっぱい夏帽子の中 
                            だからあんなにかしい匂いがするのか。    
                  
                                        夏の花 帽子

                                        行ける大きな夏帽子
                                  思い出のあのまで!

                      imagesKGSI1Q57.jpg

                                              
          数多の作品から選ばれて現代俳句協会年度賞を獲得した連作「」30句は集中のハイライト。

                                                     imagesNW330F0H (2)                            
 
                                  は人恋うる十三夜 
                                         距離は

                        見えぬものいかけてゆくしゃぼん玉
                                 しゃぼん玉も

                               にんげんをれてゆきぬしゃぼん玉
                                      しゃぼん玉はれ。

                     もう逢えぬなり鶴瓶落しかな
                                        距離もれ。 
                                                                「沈黙は距離」30句より


       、そしては、あとになりさきになり、人生のいろんなページを映しているみたい。

                            シャボン玉

                                              a0017634_23433_convert_20160307060812.jpg
                                                  
            どんな言葉も、中村さんが句にすると、生まれ変わります。

                     彼女に選ばれた言葉たち、ですね。

                               れ日の中から少女五月  克子
                                        なる五月。そしてなる少女。

                                       wikipediaorg2.jpg                    
   
       IMG_1114-e1482528117698 (2)kore

                   レオナルド・ダ・ヴィンチの『受胎告知』は、フィレンツェ、ウフィツィ美術館の

天使は静かに首を垂れ、 はしっかりと顔を上げ、なんと気高いことでしょう。

      この作品は数十年前まで 「レオナルド・ダ・ヴィンチに影響を受けた画家のれた一作」とされていました。

  近年、ダ・ヴィンチのデッサン帖に似たが見つかったことなどから、ダ・ヴィンチ作品と断定されるようになりました。

            日本にやって来た時も、なかなかの盛り上がりでしたが、疑問点のもあります。

                                P6046830-11.jpg
                                                             もきれい。
                  
                    い日のダ・ヴィンチの作品であるかどうかはともかく、

       イタリアルネッサンスがもっともいた時期の天使とマドンナ、ふたりの美少女であることはたしかです!

                              20170517024326fe3.jpg
                                             
                        れ日の中から少女  中村克子
                    中村さんおめでとうございます! 『』わたしのたからもの!

                    IMG_3928.jpg

                                               tubame2 (2)oo
                    
スポンサーサイト



 
        歳時記
             saison de karo 

                     
                                   二尺かつてされずに  鈴木俊策

      wheat-field-with-a-larksyou.jpg
                                                             ゴッホ ひばりの飛ぶ麦畑  
                   
                  e0ff69f7713b1df940e9d0b99c38ab93_tsyou (2)
                              
                      若い連中が郊外でをやろうというのでぼくも異存なく参加した。

                 ぼくはでうつくしい娘さんを踊りの相手に選ばせてもらった。

          何組かので出かけていった。 馬車の中でぼくのパートナーはこう言った。

             これからお誘いする方、方よ。  すると、彼女のいとこがあいずちを打って、

               お好きになっちゃだめよ。 、もう婚約済みでいらっしゃるのよ。
             
                       お相手の方は今は旅行中ですの。 

                                        e0ff69f7713b1df940e9d0b99c38ab93_tsyou.jpg

                  玄関に足を踏み入れると、今まで見たこともないなんとも光景にぶつかったのだ。

     二歳から十歳くらいまでの子供たちがわいわいいっていて、その真ん中に、姿のいいさんが一人いる。

                                 ribbon13.jpg

                   背は中くらい、あっさりした白服、のところには薔薇色のリボンがついている。

              手に持ったを、まわりにいる子供たちの年と食欲に応じて切ってやっている。

               その容子がいかにもやさしい。 パンをもらうと、どの子もと言う。

                       IMG_3845.jpg
                    
                 、失礼いたしました。  こんなところまでお越しを願ったり、 お待たせしたりいたしまして。

           子どもたちにのパンをやるのを忘れてしまったものですから。

                                           の聖母pc0378841マニフィカート (2)

       ぼくは平凡なお愛想を口にしたが、なにしろその人の姿、声音、ふるまいにすっかり心をわれてしまっていた。

             その人が手袋と扇子を取りに部屋の中へかけて行ってしまったとき、我にかえった。

                                         ゲーテ  『きウェルテルの悩み』

                                  コロ―


              ご存知失恋小説の定番、ゲーテの『』   

       1774年、本書が出版されるや、ドイツ文壇にが巻き起こりました。 時にゲーテは25才。

                                            kuroba1.jpg
              
           前途有望な青年ウェルテルは、ある用事で、のどかな地方を訪れます。

                そこで彼がしちゃったのは、土地の名家のお嬢さん。

                  亡くなったお母さんの代わりに、たくさんのたちの面倒をみているというシャルロッテ。

                      rectangle_large_type_2_73550453c2c037dc8da019c5d93c553f.png

                             ですね。

                     彼女はあかるくやさしく、なによりな人でした。

                           しかし、残念ながら

                  ウェルテルの悩みが始まります。  あきらめちゃえばいいのに、

                        どうしてもロッテへの愛をち切れないウェルテル。 
                                                                 ribbon13小 (2)
              812.jpg
                      ヨハン・ウォルフガング・ゲーテ  1749~1832     

               ウェルテルのモデルはゲーテ自身。 人妻との恋にんで自殺した友人の投影もありました。            

                                  シャルロッテ・ブッフ (2)
                          ロッテのモデル シャルロッテ・ブッフ 彼女が住んだ町はフランクフルト近郊のヴェッツラー。    

                                               mig.jpg
                                  ベストセラーになった冊子の挿絵 左ウェルテル右恋敵アルベルト ロッテは困惑気味。

                       結婚なロッテと婚約者アルベルトの間に割って入っては、

                   散歩や遠出に同行して、気持ちは解りますが、ちょっとこまった君に。   
    ribbon13小
                        霧の夜を出て行くすほかなくて  落合水尾
                                              していられないのが愛!?

                                    4eee0b.jpg

                 ロッテはかに彼を諭します。

                          この広い世間に、あなたの心のみをかなえてくれる方がいないなんて、

         そんなことがあるでしょうか。 きっと見つかると思いますわ。 のためにも、わたしたちのためにもよ。

                       あなたのおにあった方をお探しになって、そしてっていらっしゃいまし。

                                   。 なかなか断り上手。

                              tuyu.jpg

            ウェルテルは長い手紙をロッテにし、銃に手を・・・。 

                     しい夏の夕方、山にのぼったら、ぼくもたびたび谷をのぼってやってきたのだと、

                                ぼくのことを思い出してください。

                     書き始めた時は落ち着いていましたが、今は子供のようにいています。

                                                              『若きウェルテルの悩み』
               tubame3.png            はやまっちゃ、と言いたいところ・・・。

                                銃声と共に彼の短い人生はわります。    

                      おばさんはくらいで、と思うのですが。

                          その純粋さに、時をこえて、もがグッとくるのかも知れませんね。

                             、やっぱり、失恋くらいで・・・。(おばさん)

                                1e1888424b8b108a40066d94e24903f7.jpg

                                
                     夏山の別れ続く  倉田紘文
                              その時のことば、その時の仕草、そして
                           
                   kotori (2)

                 話は変わって、〈お口の恋人〉。 
       
         ブランドにふさわしい、ということで、このお話のロッテから名づけられたとのこと。 

                                        20160913lotte2.jpg
                                                  わたしの好物。 これはCMではありません。                                     
              e0ff69f7713b1df940e9d0b99c38ab93_tsyou (2)  
              
         umi1 (2)

                 されずして遠く泳ぐなり  藤田湘子
                        ほどほど泳いだらってきてほしいです。

                                                          ☆彡2 (2)小                             
                    ゆめにみる女は星祭  石川桂郎   
                             ひとり。 いいなー。  

         e0ff69f7713b1df940e9d0b99c38ab93_tsyou (2)  ribbon13小 (2)  e0ff69f7713b1df940e9d0b99c38ab93_tsyou.jpg

             もうへますまい木ののぬくもり  種田山頭火    
                        そして、逢えなかったのでしょうか。 

              wakaba1.png
                                      IMG_0396 (5)  

                     柿若葉どの葉もさなを持つ   奥山和子
                                  傷は愛の。なんて。  

           rotte2.jpg         
                      
                ウェルテルと同様の経験を持った者こそ、なのです。   ゲーテ 

                           248144832_624_v1540054902mubi.jpg                        

                   二尺かつてされずに  鈴木俊策
                               麦はかに実り、風にゆれ。

                                               e0ff69f7713b1df940e9d0b99c38ab93_tsyou.jpg