FC2ブログ
 
    今月の  月のねこ
                   Chat du mois  Chat octobre
                                   

                 秋猫の目のほどに恋ひわたる   飯田蛇笏

                         IMG_3034_LI (7)
            023-thumb-160x160-23 (2)                               
                               amaterasu3.jpg

                        IMG_2917.jpg 

   は公園通りあたりではもっとも長命なメス猫で、

               小公園に面したマンションの入り口にいつもいる。

     私がここに越してきてから十八年目だけれど、その時にもう、を連れて歩いていたから、

      なくとも十八歳以上ということになる。

                                   早坂暁 「アマテラスの最後の旅」


                 20140326154405082 (3)kore小20140326154405082 (2)
                                          ブラームス10 (2)

  は人間だけの視線と思っていたら、 

             はどこで学習してきたか、ちゃんと流し目をする。

     さらに口の上に、つけのような黒い斑点もあって、風でもある。  

        imagesYMAFH219 (2)

             Twentieth Century Fox Film
                      Twentieth Century Fox Film

    amateras8.jpg

      utamaro010_main (2)
                      喜多川歌麿
             
           人間が見てもっぽい猫は、 猫が見てもっぽいらしく、

        アはいつもオス猫に囲まれ、さながら女帝のようにして生活してきた。 

               IMG_2916.jpg 7805-300x300.jpg 
                                                                               
                    NAGASIME
                   女帝じゃなくて女王クレオパトラです。

                  たぶん、公園通りに住む猫をたどれば彼女にたどりつく。 

      つまり彼女の娘、息子、さらにたちであるから、わたしはと呼んできた。

          20140326154405082 (3)kore小 20140326154405082 (3)kore小 20140326154405082 (3)kore小  20140326154405082 (4)

         安田靫彦 卑弥呼
   アマテラスさんの画像はいまひとつイメージ通りのものがなく・・。
                これは安田靫彦の「卑弥呼」。 見てきたような存在感はアマテラスっぽさも。


        の流し目強き日必ず雪降る   夏石番矢
           イザナミはアマテラスのお母さん。 やっぱり流し目は
      
と関わりがあった! 

                       himiko.jpg
                     卑弥呼アップ さすがの目力

         022-thumb-160x160-22 (2)
        脚本家は猫好きで知られていました。

         ことに、近所のたちに愛情を注いでいたようですネ。   カロ
                          
     kyoukai1.jpg           kyoukai1.jpg
                           
                                              
    の年齢をに換算すると、

                                      

                            一か月             一歳

                             二か月             三歳

                             三か月             五歳                  
                            一歳               十八歳     
         
                            十五歳              七十六歳

                           022.jpg
               ねこ老4     
                                                                
                           獣医さんに教えてもらった。  

               十七歳以上となると、つまりさん、さんクラスですね。

              クラスというのだ。
                                                              
                              「アマテラスの最後の旅」

             keirou_woman2.jpg  keirou_woman2.jpg
                                 024 (2)mottosyou

      老残の恋猫としてけるかな   安住敦 
                    アマテラス晩年の恋はどんなにやかだったでしょう!

            IMG_2912.jpg

                   IMG_3014_LI (2)
                                    
  amaterasu4.jpg

     アの様子がおかしいので、 

               ここ数日はできるかぎり彼女のそばから離れないようにしていた。

         もない。 人間なら百歳もっと、なんだから。

    ・・・ は、もう食べることも、水を飲むこともしなくなった。

            好物のマグロの中トロを置いてやっても、口を近づけようともしない。

                masuosan1192.jpg

             が身を起こした。 ゆっくりと後を追った。

                公園通りの猫たちとずっと付き合ってきたけれど、

                   猫たちは一度だってどこで死ぬのか教えてくれなかった。

                    グエン・ジョン 青とバラ色の上のネコnekosyou

            みんな、姿を消してしまうのだ。

          巡査も、ブックも、カルメンも、オートバイも、(みんな猫の名)そうだった。

       はよろめいては立ち止まって休む。 彼女は、ここ数日ろくに食べていない。

                彼女は線路にぶつかったところで左折した。線路ぞいの長い坂を上り始める。 

               に明治神宮が見えてきた。 
               
               juon10.jpg

                            kouyou2.jpg

     、そうか。あそこなら、立入禁止区域なので、誰の眼にふれることもないのだ。 

  まだ坂道が続く。のろのろと、は登ってゆく。

    2e39bdd79aaf79fafb12f372fddaffa1.jpg

          うずくまり、立ち止まる。そしてまた歩き始める。 わたしはきそうになっていた。

         人間はするばかりだが、

                   君たちは立派だなあ。

              kurumanews.jpg

                022-thumb-160x160-22.jpg    
         
          photo0000-0461.jpg

        024 (2)mottosyou

    はとうとう坂を登り切った。  

              あとは、車道を横切るだけた。 だが、車の通行がはげしくて、とても渡れない。

     抱きあげようと近づくと、はもう車道に足をみ出していた。 

     私はあわてて車道に飛び出し、 車に向かって手を振った。

           ! 止まってくれ!

                         imagesYMAFH219.jpg
                        c145de6e-l.jpg
             023-thumb-160x160-23 (2)  

  ブレーキの音を立てて、車が次々に止まった。 さあ、渡れ、渡るんだ、

       奇妙なの男が両手を挙げて車を止め、

      その前を、老衰著しい猫が、と歩いている。

      非難の警笛は鳴るが、私には振り返る余裕も勇気もない。 抱き上げればすぐに渡りきれるが、

       彼女がを絞りきって行う最後の儀式に、手をさしのべることは無礼なような気がしたのだ。

                   shiro200603 (2)

                amatera6.jpg 

         とうとう、は渡り切った。  

       彼女の前には、コンクリートの柵があるだけである。

                 彼女は神宮ののなかに入っていった。

       kyoukai1.jpg
                        IMG_3014_LI (3)
                       kyoukai1.jpg      
                                                         
       ! 私は呼んだ。 もう一度ふりむいて欲しかったのだ。

              しかし、彼女は足を止めただけで、森の闇に入っていく。

           さようなら。 ・・・。

         闖奇シ穆hodoco_convert_20160924193730


 生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めにく、死に死に死に死んで死の終りにし。

                弘法大師の最後の言葉だそうである。

                        早坂暁 「アマテラスの最後の旅」


        aki4 (2)

                                                                   
               IMG_3004 (2)
   
   猫下りて 次第にくらく なる  佐藤鬼房
        猫が登ったままなら、いつまでもいつまでもれでしょうか。

                  秋猫の目のほどに恋ひわたる   飯田蛇笏
       ひわたる・・・猫に捧げられたこのみやびな言葉。


        2011102713541585c.jpg
                               
                    amaterasu8.jpg
                         
スポンサーサイト



 
         歳時記
              saison de karo 

                        摘み足してみてもしきかな   黒川悦子
          
           yonyosama.jpg
                                       yonyosama    
                  
           きれいな。 政夫さん、・・・私ほんとうに野菊が好き。

                  僕はもとから野菊が大好き。 民さんも野菊が好き。

            私なんでもの生まれ返りよ。

     野菊の花を見ると身振いの出るほど好もしいの。 どうしてこんなかと、自分でも思うくらい。

         民さんはそんなに野菊が好き・・・道理でどうやら民さんは野菊のような人だ。

        土田麦僊 (2)
                              土田麦僊

              民子は分けてやった半分のを顔に押しあてて嬉しがった。  

           政夫さん、私の様だってどうしてですか。 

              さアどうしてということはないけど、 民さんは何がなし野菊のような風だからさ。

         それで政夫さんはが好きだって・・・・。 僕大好きさ。

                                      伊藤左千夫 『野菊の墓』

            pleza1.jpg

             野菊、野菊、野菊がいっぱいの素朴な文章、いいですね。

      。 題名を聞くだけでうるうるしてくる明治の初恋物語は、

           アララギの歌人であった伊藤左千夫の残したです。
                        
           kiku

      ご存知、いとこ同士のふたりですが、 

        政夫が中学の寮に入っているうちに、二歳ばかり年上の民ちゃんにが・・。

               死産のすえに彼女はを落とします。 涙。

                  tuyu.jpg

               IMG_2889.jpg

             650x_51382937.jpg
                              

            千葉県、例の矢切の渡しなども登場するお話の中には、

              日本の自然描写もいっぱいです。

              これは、で山へ綿摘みに行った際の楽しそうな様子・・。

                   plaor.jpg
                                plalor

   民さん、ここまでくれば、はあそこに見えます。 これから僕がひとりで行ってくるから、

        ここに待っていなさい。僕が見えていたらいられるでしょう。

            ほんとに政夫さんの御厄介ですね。 そんなに駄々を言ってはすまないから、

      ここで待ちましょう。 野葡萄があった。

     unwanted and unloved                                              

                   僕は水を汲んでの帰りに、水筒は腰に結いつけ、
             
               四、五十と野葡萄を採り、

             の花の美しいのを見つけて帰ってきた。


       IMG_2893 (2)
                あけび。 いただきもの。 山形より。 

       
                 の実青きはに置いてくる  池谷秀子
           通草は。 なんときれいなむらさき色。 

                IMG_2899.jpg
    あけびの中はこんな感じ。 形はナマコ風。 ゼリーのようなやさしい味でした。


              kotobank.jpg
               kotobank

                  民子はの花を手に採って、

                こんな美しい花、いつ採ってお出でなして。 竜胆はほんとうによい花ですね。

       わたし、急に竜胆がきになった。 

                  ・・・やがて、何を思い出したか、ひとりでにこにこ笑い出した。

             民さん、何です、そんなにひとりで笑って。  政夫さんは竜胆のような人だ。

          どうして。 さアどうしてということはないけど、 なにがなし竜胆のような風だからさ。

    民子は言い終わって顔をかくしてった

                  komeri.jpg
                            komeri
         
                 それでさっきの仇討というわけですか。 口真似なんかおそれいりますナ。

        しかし民さんがで僕がとは面白い対ですね。

                      僕はよろこんで竜胆になります。

           それで民さんが竜胆をきになってくれればなおうれしい。
                                    『野菊の墓』

            dahunisukuroe.jpg
                    シャガール 『ダフニスとクロエ』

             wikipediaorg2.jpg

         忘れられない会話。 でも、ふたりのその後はましい。

             数年後、政夫が帰郷したとき、彼女はこの世にいませんでした。 また涙。

                             nogiku3.jpg

            のみにふれてゐたりけり   中田剛
               な人のお墓か、それとも誰とも知れぬ人の。
                                 
                      紫苑     

        のやうな仏壇日和  池谷秀子
        色の菊を供えてあげて。

            IMG_2886.jpg  
      
           あけび句でも登場、 池谷秀子さんの新著 『ジュークボックスより』。 
                           ジュークボックスからは野菊もあふれそうです!    
                         
                      wikipediaorg2.jpg  wikipediaorg2.jpg  wikipediaorg2.jpg                  
          
           僕はを上げを上げを注いでから、

                      墓の前にうずくまって心ゆくまで拝んだ。

     見舞ってやりたかった。会いたかった。

   僕も民さんに会いたかったもの、民さんだって僕に会いたかったにいない。

     民さんは嫁に住っても僕の心に変わりはないと、僕の口から一言いって・・・。

                                        『野菊の墓』

        rudon.jpg
                     ルドン オフィーリア

                             yuga01.jpg  
                                                                 
         有る程の投げ入れよの中  夏目漱石  
                 漱石が悼んだのも、彼のの人でした。 
                     
                             mone  

            nabesho.jpg
                nabesyo 

  昔読んだ時は、人目があるから仲良くしちゃダメ、というお母さんや親戚縁者、
                 
      なんとな、と思ったものですが、

      久しぶりに読むと、やさしく涙もろい村人たちでした。 

                     最近カロもまるくなりました。

         kakehisa1
                  竹久夢二
                  
             摘むことをれてみまかれり   柿本多映 
             野菊を摘む・・・さかった頃に何回か。 また摘んでみたい。
                               
            
               摘み足してみてもしきかな   黒川悦子
              一輪でも淋しい。 百輪は淋しい。

               nogiku111.jpg

              wikipediaorg2.jpg