の一冊

                de karo


                     少しづつらして青葉風  林菊枝


                           IMG_0383_convert_20170518212615.jpg


                縺ュ縺薙Μ繝シ繝・ぅ繝ウ繧ー繧ュ繝」繝・ヨ_(2)_convert_20170520221811

                         らす? それがまだ読んでないのもあって・・・。
                                        

                            IMG_0364_convert_20170517024539.jpg

                   林菊枝 『』  い切り少女っぽい題名にしびれます。


                                                       imagesKWPCIYVT_convert_20170520224100.jpg                                

                            あねもねといつてなんだかくなる  菊枝

                        魚たちはぎつづけて天の川  菊枝


                 f0e1baa3446bb03dd58e388d1e9bff1c.jpg
                                 クレー


                             いきれ銃後の匂ひしてゐたり  菊枝


                                             2010626134231853_convert_20160424185017_convert_20170520223814.jpg


                   は物故の詠み手。

                       戦争も高度成長もそのも全部知っている世代です。

                            『のティアラ』上梓の頃は八十代。

                  菊枝さんの言葉はとてもい空を飛んでいるのですが、

                        彼女は自分の空のさを語りません。

                  だから、 もそれにがつきません。  なんて


                                   縺ウ縺垣convert_20160811145720   


                      シロツメクサ urarakaippoippo           
                                   

                          詰草のティアラせてもらひけり  菊枝

                               のティアラを冠せてもらえるのは、に何にも望まないひと。



                                     シロツメクサ1 (2)
                                                                           

                      襍、縺・「ィ闊ケ・廟convert_20170520040540                               
                                     クレー     

                           
                  風船のせるほどのこと  菊枝                

                     もかも所詮は風船の。 あっさり手放しましょう。・・・と言えたらネー。


                        kamabokokan.jpg
                                                         kamabokokan                                                                       

                 ゆくゆくはしきの市民権  菊枝

                                  もしかしたら市民のこと!? 

 
               20130129185707072_convert_20170518214617.png  

                                  img_movie_classical-1210.jpg
                                                               movie classical



                              eventcherker_convert_20170518232638.jpg
                                             eventcherker


                      風鈴を吊るになつてもらふ  菊枝

                         菊枝さんには、と言ってくれるボーイフレンドがたくさんいたのでしょう。💛


                                      P7284207_ame2.jpg


                               難問のと解けたる夕立かな  菊枝 

                                               


                              髴イ・胆convert_20170518225654
        
                     
                           おれぬ毛虫が食べつくす  菊枝

                                    何かおいしましょうか。


                                    yaplogmizushima.jpg
                                            yaplogmizushima
                       
                         邵コ・ウ邵コ蝙」convert_20160811145720_convert_20170519012015
          
                           
                少しづつらして青葉風  林菊枝

                                  これがなかなかしい・・・。
                

                                   縺ュ縺薙Μ繝シ繝・ぅ繝ウ繧ー繧ュ繝」繝・ヨ・胆convert_20170518223522


                      IMG_0390_convert_20170519005430.jpg


                            天国のさま これからも仲良くしてね!  カロ


                                     しろつめくさ nell

                          
スポンサーサイト


   歳時記 
           saison de karo 


                         ひさびさつてさくらんぼ   種田山頭火


                              18342180_1372410992843640_5060264404944257694_n_convert_20170514211039.jpg
                                                             photo N Nakajima


                      君はからを作るべきだ。それ以外に方法はないのだから
                                                                              
                                                           ロバート・P・ウォレン                                                                               
                 
                osaihounikki.jpg
                                           osaihounikki                                                                  
                                                                                              

                      ・・・組の女子全員が集まっていた。

                             皆むっつりと押しって立ち、も笑っていなかった。

                       私を囲んだのなかには、毎朝家まで誘いにきてくれる近所の大垣さんも、

                            の浜野さんの顔もあった。   


                                                         木戸博子  『特別な体験』


                               e3ac9e29c2b2a3da145b5918b53cc7b2 (2)
                                                             浜口陽三


                       、クラスの女子のである金子さんが口を切った。  

                            金子さんはゴム飛びがうまい、お転婆な女子だった。・・・                  

                  「三原さん。なんでここに呼び出したのかわかる?」

                      「・・・・・・・」

                         「あんたね、ちょっとなのよ」

                             「・・・・・・」

                                「になってるでしょ」・・・

                      「それに? その服。 気取ってるんじゃないよ」


                                             58216228_(2)_convert_20170505035039.jpg
                                                         imgs

                        st-patricks-day-shamrocks-11_convert_20170512191449.jpg
               


                   母が東京から取り寄せていた洋裁雑誌の型紙で作ってくれる

                             私のな自慢だったが、

                      同時に同級生のなかであまり目立つのはよくないとも感じていた。


                    さくらんぼ1marutees
                                              marutees        

                                                  
                           「そうよ。なにさ、なんかつけて」

                       ・・・私は母がレース糸で作ってくれたのブローチをにつけていた。


                                     fd401043_convert_20170428220030.jpg
                         kyoumohimatubusi.jpg
                                              kyoumohimatubusi
                                     
                   89236257 (2)
                      
                                              
                         「りなさいよ!」
   
                              金子さんがズックで地面をった。・・・

                                  それにしても私がついたのは、

                           親友だと考えていた浜野さんが無表情で押し黙ったまま、

                      私を囲むのなかにいたことだった。・・・

                              その日の二週間くらい前、

                      私は浜野さんの家に招待されてとケーキを御馳走になり、

                            を弾いたりゲームをして遊んだばかりだった。


                                20110105174500.jpg  


           縺輔¥繧峨s縺シ・紋ケ・ュ舌■繧・s_convert_20170512190832
                                    photo H Sugiyama


                    の「特別な体験」は『』18号に掲載。  表紙ストイック。


                                        IMG_0033_(2)_convert_20170416004517.jpg
                                     

                 「どうしてっているの? なんとか言ったらどうよ」

                   金子さんが声をげた。

                     「ることなんてないもの!」

                        思わず声をあげると急に輪が縮まり、

                           いっせいにが投げつけられた。・・・   
                                        
                                 きじゃくりながら家に帰った。


                           moomii (2)
                                             moomii

                                                  resipa ocijp                 
                                                                  imgs     

               2012082323440490f (2)
                                                    風間完                    
                                                             

                         浜野さんから電話があったのは、中学三年の夏休みのことだった。  
             
                             「あのう。小学校でだった浜野ですけど・・・。 元気ですか?」

                                     「?  あ、はい」                              

                       「会えないかなあと思って」

                  「・・・うーん、悪いけど、会いたくないの」

                                          s12.png                                                                         
                               「ですか」
                       「じゃ」

                 ・・・彼女の唐突な電話と申し出に面食らった私は、

          いとも簡単に、おまけに不愛想にったのだった。

                                           32のさくらんぼ 浜口陽三                                    
                                                              浜口陽三 

                  sim (2)
                                    風間完     
                        
                                  
                      それから十二年後だから私が二十七歳のだった。

                  東京での生活にれ、を連れて実家に帰省した私に母が、

                     広島大学の教育学部に進学した浜野さんが

                  高校の熱心な英語教師になっているというを伝えた。・・・


                                                   さくらんぼkokusaigaigocennter


                                  縺輔¥繧峨s縺シ縲€benesse_convert_20170510205048



                      辛い状況にあったそのとき私がまずいたのは、

                彼女はた生徒を指導するときにどんなことを考えるのだろうという、

                      な疑問だった。

                                                               「特別な体験」

                        a0471b40dbe0a378f81da0b0a9b50bc4_convert_20170427011426.jpg
                                       さくらんぼ5                                        
                        サクランボのはほろ苦く、

                           三十年あまりのの後、主人公は六十才という年齢になって、

                                 浜野さんが三十才で自殺していたという事実を、

                           のクラスメートからかされるのです。


                                         縺輔¥繧峨s縺シ・恥urinneko_convert_20170511002408
                                                       purinneko

                                     
           行違ったふたりのは、ひさしぶりに逢うことも、

                           一緒にを食べることもありませんでした。

  
                             IMG_0272_convert_20170428214841.jpg
                                         

                   『』18号ラインナップ

                          「き日よ」 気まぐれ句日記  

                           「のふるさと再び」

                           「の一日」 ロバート・P・ウォレン著『いちご寒』 石榴図書館


                                              fd401043_convert_20170511001338.jpg
                        
                                           
 

    歳時記
         saison de karo 


                         に来て母の日母をれたき   星野麥丘人


                               196495245_624.jpg

                                               2017年のの日は日。


             77-320x180.png
                                                                                

                  次第に空がれてきた。

                    山の斜面をのぼりはじめてふりかえると、

                       一望と小波がたっていた。

                           珍しくいでいる。


                          lgp01a201303190700_convert_20170426234241.jpg


                       大きいね? と太郎が声を上げている。

                           大きいぞ。

                       海のなかに、と入っとるね?

                         のことを云っている。

                       満二年にならないのに、漢字をあまり憶えこんだのだ。


                                201006172149599a3_(2)_convert_20170425015909.jpg
                                                 ラファエロ 庭師の聖母
                3518-450x337_convert_20170507161948.jpg   
                                                               
                   という字の中に、が入っているというのだろう。

                       そのという字の中に点があり、

                           その点をよくくリツ子と思い合わせて、

                               涙のだと思い込んでしまったのだ。

                           だから、エンエンの母だと云っている。


                                                        檀一雄  『リツ子・その愛』

            テンピの聖母
                        ラファエロ テンピの聖母   

                                        sodatekatabox_convert_20170507162112.jpg

         

            1945年、作家檀一雄は、二才の息子太郎と共に、

                       故郷に近い福岡ので、結核にれた妻に付きそいます。

                         母を、父をと呼ぶ太郎。


                                                   庄福ビッグサイト (2)
                                                                 リツ子と太郎  


                      小さな息子を見てはいてばかりいたリツ子は、

                         翌年、二十八才で生涯を閉じます。

                      看取りの日々を描いた長編小説『リツ子・その愛』『リツ子・その死』には、

                         と涙がいっぱい・・・。
              

                         繧ウ繝阪せ繧ソ繝薙Ξ縺ョ閨匁ッ浩convert_20170420161306
                                    ラファエロ  コネスタビレの聖母子 
 
                                                  67144878.jpg                     


                 行き交う人の表情のかさは或はこのやわらいだ夕陽のせいだろうか。

                    辺りには山の夕べのが立ち込めてしまっているのに、

                       人々の顔には、映えが映っている。

                                                                   『リツ子・その愛』  

                               
                                        pc037900_convert_20170426002233.jpg
                                                             ラファエロ  ヒワの聖母      
                     kannwakyuudai_1・抵ス会ス費ス包ス具ス柔convert_20170507162204
                                 リツ子                                                                                               
                                          goto.jpg
                                                            goto
  

                                     母我をわれ子をの花
   中村汀女


                   母の日の竿へ黄金虫   石田勝彦


                               petippai.jpg
                                              petippai 


                      
                                          螟ァ蜈ャ縺ョ閨匁ッ浩convert_20170424230833
                                                              ラファエロ 大公の聖母


                  蒼白い、美しい、の顔だった。 太郎が生まれたの、

                      あのらかな曙光のなかのリツ子の顔のようだった。 

                          まつ毛が淡い光にれて、こまやかにそよいでいる。

                                 典雅な、のようだった。

                                                      子の臨終  『リツ子・その死』
                 

                                                 E6B0B4E5B9B3E7B79A-e784a (2)
                     kntin1-e1427075370813_convert_20170507162017.jpg


            岡を越えてと小さいの部分が見えていた。

                           ね、太郎、。 が、太郎は良く見えないようだった。

                                かがんで教えようとすると、なるほど背丈が足りないのだ。

                       私は太郎を抱え上げて、  ほーら、太郎。 見えたかー?

                            チチー、ね、

                            確認したようだった。

                                                      『リツ子・その愛』   
                               
                                                                                                                                             
                geocitiesbicdenki.jpg
                               檀一雄と太郎
                                                  madonna_della_sedia.jpg
                                                               ラファエロ 小椅子の聖母  
                                                                                                       
                                                                              
                           f0139963_20473923 (2)


                   に来て母の日母をれたき   星野麥丘人 
                        
                                                        海はやっぱりお母さん。 

                                   028-00338_convert_20170507173201.jpg