FC2ブログ
   
         歳時記 
              saison de karo  

            食いたしされどを泳ぐ  橋本夢道 

                                 さんま2

               髮イ髮€・狙convert_20150917192152                             
                                  
               

    秋の味覚。ばしくてオイリーで、ちょっとくて・・・。みんなが好きなさんま。 

   さんまの文学と云えば、あの『の歌』佐藤春夫の独壇場ですね。

    この詩が書かれたのは大正末期、1921年。詩人は29歳でした。
                                    
           の歌           
                            佐藤春夫 

               あはれ 秋風よ 情あらば伝へてよ
              男ありて 今日の夕餉に ひとり
           を食ひて思ひにふける と。

                   
                   そが上にき蜜柑の酸をしたたらせて
                   を食ふはその男がふる里のならひなり。
                   そのならひをあやしみなつかしみて女は
                    いくたびかき蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。
                                                 青みかん1

                          あはれ、人に捨てられんとする
                       妻にそむかれたると食卓にむかへば、
                      愛うすき父を持ちし女の
                    小さき箸をあやつりなやみつつ
                父ならぬ男にの腸をくれむと言ふにあらずや。

             a0007_000525.jpg
                                                       

    あはれ 秋風よ あらば伝へてよ、
        夫を失はざりしと父を失はざりしとに伝へてよ
            男ありて 今日の夕餉に ひとり
     を食ひて をながす と。

         さんまいかつぱいか。
          そが上に熱きをしたたらせて
      さんまを食ふはの里のならひぞや。
                あはれ げにそは問はまほしくをかし
                                             佐藤春夫

                  さんま4
                    お刺身も最高。

        若き佐藤春夫は舞台女優との同棲にれていました。
   
         なにかと相談にのってくれたのが先輩谷崎潤一郎ですが、

              谷崎自身も奥さんと

                その谷崎夫人千代と佐藤は愛し合ってしまうのです。

          困難ないきさつのすえ、ふたりはばれます。 

       秋刀魚の歌は、子連れ(幼かった谷崎の娘)のを思い出すメランコリア。 

                     3209.jpg

          秋刀魚2
    イタリアンはオリーブオイルを使ってオーブンで。 osakaガスさんのレシピから
                                                     
    P5173343-300x224.jpg                                                                            
                                  20150918225654971.jpg
                 
スポンサーサイト



  
         今月の  Chat du mois
                   月の猫  Chat september
    
                                                                
                    の咲く猫町に出にけり  平井照敏
                                          繧オ繝ォ繝薙い・点convert_20150918152552                             

                 細い山道は、径路に沿うて林の奥へえていった。

 私はに不安になった。 後へ引き返して、最初の道へ戻ろうとした。

       しかし、一層地理を失い、のなかへ入ってしまった。

            荻原朔太郎  『町』

   E383A2E38380E383B3E983BDE5B882E98A80E5BAA720(800x528)_convert_20150911163936.jpg
                           ジオラマ 山本高樹

             201505011623086f5_convert_20150911164246.png                       

 繁華ながあった。 を見るような思いをしながら、

          町の狭い横丁から、大通りの中央へ出た。 商店や建造物は、古雅で奥ゆかしく、

  歴史とを物語っていた。 大通りには、ガラス窓のある西洋風の家が多かった。

               猫町7
           谷中 ギャラリー猫町

                  20150501162112107_convert_20150907201229.jpg                                                                              
           旅館も洗濯屋もあった。 街は賑やかに雑踏していた。

        そのくせ、少しもがなく、ひっそりとしずまりかえっていた。

         も、皆上品でつつしみ深く、典雅でおっとりとした様子をしていた。

                   1376828649_convert_20150905205539.jpg                                           

       皆、低いかな声で話していた。

          ・・・・猫 猫 猫 猫 猫 猫   

                見れば、町の街路に充満して、の大群が歩いているのだ・・・。   

                  『猫町』

              o0289017711757028649.jpg
                             ルイス・ウェイン              
                                                                                          猫町6
   金井田英津子 画

                     348-700x464.jpg
                                                         
   荻原朔太郎は猫に憑かれた

              同じく猫に憑かれた芸術家が、イギリスのルイス・ウェインです。

           彼はキャリアを通じて猫のを描き続けますが・・・。

             やがて、精神に変調をきたすようになるのです。

                  繝ォ繧、繧ケ・狙convert_20150907195645
                                  初期はオーソドックス描法。

         ウェイン1                                                   
                         だんだんイラスト化。

         繝ォ繧、繧ケ・胆convert_20150907200002
                     猫たちに不思議な警戒感が現れ始め・・・。

                       ウェイン4
                無表情に。 この後はちょっと痛ましくて・・・。
            
       cat-with-green-eyes-871298226869aN0_convert_20150907204836.jpg                                 
                          
        ウェインの絵は、人が心を病むほどにその表現もれてゆくサンプルのように考えられてきました。

      でも、 時間を追って形をえてゆくウェインの猫は、

          彼がに自己をつなぎとめようとしたのようにも思われるのですが・・・。 カロ

                                                        猫町1

                              wain_main.gif
                                                        
                            ウェイン3
                                    ウェイン 
               
            ここは、人間の住む世界ではなく、

       ばかり住んでいる町ではないのか。

                     こんな現象が信じられるものか・・・。

                                         『猫町』

         1f99f94f07c9cb0de239e9816514585d_convert_20150501191022.jpg

            20110807182404_convert_20150905205601.jpg


                 私は自分がくなった。

      もう一度目を開いた。その時、もうあの不可解なの姿は、

              私の視覚から消えてしまった。

             サルビア1

               人は、私の物語をして、詩人の病的な錯覚であり、

              愚にもつかない妄想の幻想だという。

                 ・・・・・・だが、私は確かに猫ばかりの住んでいる町、

     が人間の姿をして、街路に群集している町を見たのである。

              『町』

 町に行くことができるのは、ホントに猫が好きな人。
 
  そして、ちょっとしい人。   カロ

                            1_70846c20dde56fac528224f2dff6815715f6529e_250x200.jpg

                           いらっしゃい・・・。ねこ

        歳時記
             saison de karo

                    やポテトチップス   杉山久子

                       ポ13

                  ポ15

                          bicycle-todaiji.jpg
                                    
         パートからの帰り道で小さなパン屋に寄り

     を買ってから、ふたたび自転車に乗ってを曲がったとき、

       したいい匂いを感じた。

                               干刈あがた  『物は物にして物にあらず』

                        ポ16
                                                            
      ああ、なつかしい匂い。でも、の匂いにしては早すぎる。

        の匂いは、枯葉と子供のオシッコのような匂いなんだけど・・・

       それとも違う。信子は自転車のペダルをこぎながら、まわりを見た。
 
              あら、いつの間に・・・。

                 小さな家が並んでいる通りに、と、せまい空地ができている。

                家が取り壊された後の敷地が、整地されて、黒々としているのだった。

                         ポ7521-2-2

        黒土の匂いって、にいい匂い。

          ミミズを掘ったり、校庭の草むしりをした時の匂いだわ。

       信子は敷地を見まわした。といっても、で見えてしまう広さで、

             二階建ての家を建てても、家族で住むには狭いといったくらい・・・。

                と同じくらいだわ。どんな家が建つのかしら。
              
                         ポ21                       
                 
       玄関の鍵はあいていた。鍵ばかりではなく、ドアもだった。

     裕太の運動靴がぬぎらかしてある。

                ポ19

             、帰ってるの?

        大きな声で言いながら、信子は靴をぬいだ。

                                  ポ14                                        

      玄関のすぐ先の、の床にランドセルを投げ出して、

             テーブルの一角で、裕太はにピーナツバターを塗っていた。

                       繝晢シ胆convert_20150906082147

               なんか、食べるもの買ってきた?
 
        ピーナツバターも残り少ないこの頃だよ。
                                                              
              残り少ないって、あんたね、三日で一瓶たいらげてるじゃないの。

        ドアは閉めておきなさい。

           うちに盗まれるようなもの、なんかあったっけ。

       食べ盛りがいるから、預金通帳の残高も残り少ないこの頃です。

                      信子はポテトチップスをだした。 

             

                                 ポ10
                                                                
               保育園のこっち側に、マッサージの看板が出ている家があるでしょう?

  あそこのりはどんな家があったんだっけ?

       犬がいた家じゃない? 茶色い大きな犬。ぼくよくえられた。

          裕太はをほお張りながら言った。

    繝晢シ抵シ胆convert_20150905163058
           
      は借地で、

           犬を飼っていたおじいさんは地代をためてしまったために立ち退かされたのだ、

               という話を聞きつけてきたのも裕太だった。

          に。
 
             そんなことないよ。すごく立退料っていうの、もらったんだって。

                あそこ、榎本君ちのおじいさんの土地なんだって。

     榎本君って、駐車場や酒屋さんの一族の榎本さん?

                           ポ20

           うん、・・・・土地を持ってるっていいね。働かなくていいんだもん。

         ねえ、。 信子はすこしおどけて言った。

        あんまりさせてあげられなくて悪いけれど、みみっちい子にならないでおくれ。

                 ポ12

           あのおじいさんは犬のために立ち退かなかったんだって。

                   それで、犬はどうしたの。

             犬が死んだから、おじいさんは老人ホームに行くことにしたんだって。
 
        裕太はの封を切った。
   
                             『物は物にして物にあらず』
                                                           
                             ポ8