松下カロ  

                        Ⅰ  


                     みな死んでい風船だけ残る    佐々木貴子



           赤い風船5

              

              の第一句集『』中、どの句にもの文字は遣われていない。


                                ユリウス1

                           赤い風船6
                                      
          
                 と言えばローマの執政カエサルが浮かぶが、
          
                          が何か、よりも、そこにがいないことを重視したい。 

                                          赤い風船2



                   の第一句集『』が浮かぶ。

                   この集も句内に「」の語を持たない。
                     
            題名に冠する以上、名称は集を統べる何物かである筈だが、もそれを明らかにしない。

                        

                                  赤い風船4

           楕円5


                   とは「二つの焦点(定点)からの距離の和が一定となる点の集合による曲線」を謂う。
                   
                       は一つの中心点に侍する従順な図型だが、
     
                           は相対する二つの点の関係性の上に成り立つ可動的ななのだ。



                         100パーセント4



      批評家は、を表現者の在るべき姿に擬えて以下のように述べる。

                  「何故にを描かないのであろうか。
            二点の内、一点だけは見ないふりをし、ばかり描いている連中ばかりだ。
      自分のの周辺が、いかなるを描いているかを示すということは、それほど困難なことであろうか。・・・」
                  

                                      赤い風船3 
 
                                          赤い風船8
          

 
              の周辺に自在なを描くためにある「もう一つの」。
      
              これは句の外に置かれた名称(題名)とよく似ている。
      
              はその定点で出合う。二人の作品は同じ方向を向いている。


               灰色ののかたちを見にゆかん   『
      
               みな死んで赤いだけ残る    『


                     

              彩と、「ゆかん」が持つ、「残る」が負う

                         言葉はび合っているように見える。
                                          赤い風船00
                                      赤い風船000                                                                                                  
                                       
                       
                 加えて両句に在るのは読者の主観を誘いだす広いだ。

         「」も「」も受け手の意識を固定しない。
       
                 の前に立つ鑑賞者のように、読者は「此処に在るのは何か」を考える。さらに、


                  の海は内股にこそ流れける     マサ子                   
             
                  内股と内股ふれてすこし         貴子                     
             
                  かぎりなくの黒い五月かな     マサ子                   
             
                  永遠の夏野を燃やしけり       貴子


       
                    語彙と世界観が通じている。これはであってでない。
 
                    は必ずしもを意識していなかっただろうが、
 
                    彼女が句集後半に辿り着いた場所は、マサ子が嘗て到達した場所に近いからである。


                                                     赤い風船0000
                                                                                                                                          

                     巻頭の、

                    が砂場に生えて人恋し        貴子              
     
            しい質感に始まり、終には、

                    ふってふって人間うすまりぬ          貴子
   
      
               の形而上化に至る『』は、が普遍を宿し、

               に連なるまでの、行と行の過程を示している。

             
                                              赤い風船0

                                                       
      
                『』に楕円がなく『』にユリウスがいないのは、

                     彼女たちののかたちが俳句の定点を捉えつつ、
       
                          俳句を離れたもう一点をも含むを成すことへの自覚のである。


                                                    2014年  「」11月1日 号

                       赤い風船1
スポンサーサイト
 

        今月の Chat du mois

                  Chat octobre  10月のねこ


 
      
                                見つめれば見つめ返して秋の猫  橋本遊水



                          ねこ みつめ1


                        と会った時からが始まる・・・・。

                                                          A・A・ のプーさん』


                                      ねこ 秋9


                         The things make me different are

                               The things make me.


                                                        Winnee The Pooh

  
                                   自分をえるものが、自分をつくる。         
                                                 
                                                             のプー                                             

                             コスモス5

 
                          ちいさなことでもの中でおおきくなる。  
                                     
                                                                    のプー

                                  ねこ 秋2


                              b4dd823fe292c6511e3d55afe2a9df52.jpg


                                 ねこ 秋3


                     かが言うことを聞いてくれてないとする・・・。

                                        の中にさな綿切れが入っているだけなんだ。

                                                          のプー

                                    ねこ みつめ3


                               って、こっちからしにいくものじゃない。

                                                    こうからやってくるもの。         

                                                                  のプー

                                                  ねこ 秋10


                                               neko.png


                                             ねこ 秋12




                                 っぽのってすばらしい!

                                           でも入る!     

                                                            のプー


                                                 ねこ 秋6


                               んだ気持ちになっても大丈夫。

                          おがすいているだけだよ。

                                                         のプー

                                                 ねこ 秋7
                                                     

                                      とりあえず、べない?

                                                         のプー  


                                                       はちみつ2



                                 なぜ世の中にがいるかって?

                                          それはをこさえるために決まっているさ。

                             それでなぜをこさえるかっていえば、

                                                     それはぼくが食べるために決まってる。

                                                                    のプー
                                               

                                                      ねこ 秋0


                      のいない日って、はちみつがも残っていないみたい。

                                                                   のプー
                                               
 
                                                      ねこ みつめ4          

                

                                           はちみつ1



                             ねこ 秋00
                 

                                           ねこ 秋1


                      ねこ 秋11

                               もおなじ気持ちなんだ・・・・。  


                                                         ねこ 秋8
   
 

      カロ歳時記

             saison de karo 106 


                      どんな闇を閉じ込めているのだ無花果    増田幽黙

                               
                   いちじく2



                                   いちじく01


                                                     
 
                      だ。

                         私はまず郵便物を局へ持って行き、

                            それから妻の好きなをいくつか八百屋で買い、

                               ついでに薬屋で、入りの風邪薬を買い、

                                  その帰りに、じつはこれはまだの許可を得てはいないが、

                                     本屋で『鉄腕』の最新号を買ってくるつもりでいる。

                                                              山川方夫 『最初の



                                   いちじく13



               いちじく11


                                             いちじく6



                              これがの仕事だ。

                                もちろん、これがだとはいえないにしても、

                                  だいたいこんなことが私のこの町での「」になる。



                            いちじく10



                              いちじく4



                  はまだ眠っている。

                  彼女が起きだし、彼女の一日の仕事に取りかかるのは、

                  たぶん、帰宅した私がを全部開けはなってからあとのことだ。

                  なんというくだらない一日の始まり、とは言うだろうか。



                          いちじく8




                        出しっぱなしのに横になって、

                        しばらくぼんやりとをしてから、

                        私はの寝ている部屋に行く。



                           いちじく03
 


                              おい、起きなよ。もう12時だよ。

                               ・・・・うーん。

                              あれはまだもうすこしるつもりでいるときの声だ。



                               いちじく1



                            はやっと起きたようだ。

                   しばらく眩しい日光のなかにいたせいか、目に色の暈がかかっている。

                   その中で、台所で働いているの姿が見える。



                                      いちじく9


                            彼女はガウンの上にを結んでいる。



                             いちじく3
                                    

 
                                 「どう?な日?」

                                 「うん、な日だ。」
                         

                                  いちじく7


                           いちじく1



                        「ねえ・・・・10月7日の午前9時46分よ。おぼえといて。」

                              を食べながらが言う。



                           いちじく02



                        「なんだいそれ。」

                        「がこの町を通るんだって。ねえ、見にいかない?国道まで。」

                        「・・・行くとするか・・・。」


       
                              いちじく0
 

                                私はを口に運んでいた。

                                                              『最初の


                                 itijiku.jpg
 
                                                  

                    は1965年、34才で交通事故死しました。

                    この小説は死の前年、1964年の秋を描いたもの。

                    でした。

                    10月、東京オリンピックが開催され、

                    作家の住んだ町、神奈川県二宮を

                    が通って行きました。

                                                    カロ


                                             p001.gif